IOW バナー
Home > 取扱製品 > IOW遠心オイルセパレ-タ-

IOW遠心オイルセパレ-タ-

IOW遠心オイルセパレ-タ-
遠心オイルセパレーターとは?

IOWグループの遠心オイルセパレーターシリーズは、次世代の商業用分離技術を描きます。

    主な特徴
  • 業界で最高速回転数達成
  • 潤滑オイルから不純物や粒子を除去
  • エンジンの高性能かつ経済的な動作を促進
  • 重要な機械部品の摩耗防止
  • 遠心力を利用して液相から固体を分離
  • 必要な装置メンテナンスが軽減
  • 早い初期投資回収が可能
  • さまざまな業界で全世界で活躍中
きれいなオイルを!
IWO遠心式オイルセパレーター
新しく設計された遠心分離機は、世界中の他のどの圧力駆動遠心分離機よりも多くの有害な汚染物質を潤滑油から効率的に除去することで、エンジンの寿命、オイル交換間隔、さらには組織内の他の多くの長期的なメリットに多大な影響を与えることができます。
IOW グループの特許取得済みの遠心オイルフィルターには、スラッジ監視システム (分離器制御ユニット) が標準装備されており、IOW グループの遠心オイルセパレーターでのみ利用できる独自のボウルディスク技術が備えられています。

IOWグループは、海洋天然ガス鉱業発電,鉄道、トラック、バス、建設、農業・・・などの幅広い業界に適しており、お客様をサポートする完璧な濾過ソリューションを提供しています。
オイルフィルターの課題

高性能ディーゼルエンジンに遠心オイルセパレーターが重要な理由
課題点
ほぼ全ての全開流量オイルフィルターは、エンジン可動部を潤滑する潤滑油を浄化できるように一定の流量と圧力降下が得られる設計がされています。しかし、必要な流量と圧力損失を得るためには、性能との兼ね合いがあります。というのも小さなサブミクロン粒子はフィルターメディアを絶えず通過します。 そのためこれらの粒子は潤滑油中に蓄積され、エンジンに不必要な摩耗と損傷を与え、ひいてはエンジン性能の低下とエンジン排出ガスの増加につながります。 また、汚染物質のレベル上昇に伴って潤滑油の寿命も短くなってゆきます。 今日の排ガス規制はますます厳しくなっており、エンジンと潤滑オイルの両方にダメージを与える前に、これらの汚染物質を除去することが一段と重要になっています。
ディーゼルエンジンの課題
ソリューション
IOW遠心オイルセパレーターを導入すれば潤滑油中の汚染粒子の量は大幅に減少します。IOW遠心セパレ-タ-は汚染されたオイルを油槽(オイルパン)に戻す前に約10%程度バイパスして清浄化していますが、これにより潤滑剤の品質が大幅に向上し、全開流量フィルターの寿命と効率が向上します。従ってサービス間の稼働時間と潤滑剤の寿命が大幅に改善されます。
エンジン周りを移動する汚染粒子が少なくなる、ということは部品の磨耗が大幅に減少し、不必要な整備による工数も削減できるという利点もあります。 環境的には、オイル中の汚染物質が少ないということは排出量も少ないことを意味します。これは環境に敏感な今日の時代には必須のことです。
IOW遠心オイルセパレーターは驚くほど効果的
全開流量フィルターのみを備えた標準システムでは、総不溶物 (質量%)は200時間以内に3%にまで上昇します。IOWグループの遠心オイルセパレーターをシステムに導入して700時間稼働後でも、不溶性物質の質量は1.5%未満を維持しています。詳細は実績レポ-トをご覧下さい。
遠心オイルセパレーターの効果性
IOW遠心オイルセパレーター導入メリット

  • エンジン寿命が3倍に延長
  • 一次フィルターの寿命延長
  • オイル交換間隔が延長
  • エンジン部品の過度の磨耗防止
  • オイルの品質が向上
  • メンテナンス工数の削減
  • 大幅な節約と信頼性向上
  • サステナブルな未来に貢献
サステナブルな未来に貢献

メカニズム

分離のメカニズム
遠心油分離器は、遠心力を利用して液相から固体を分離します。 処理された流体から固体粒子を引き出し、エンジン部品の摩耗を軽減することでエンジン/アプリケーションのよりスムーズな動作を実現します。
清澄プロセス (液体/固体の分離) 中に、洗浄されたオイルはボウルの中心に向かって移動し、出口から排出されます。 固体汚染物質はボウルの周囲に向かって移動し、遠心分離機のボウルの壁に集まります。 動画をご覧下さい。
分離のメカニズム
形状
遠心油分離器は通常、大きな固定容器内で高速で回転および回転する円筒形のユニットです。 ほとんどの大型遠心分離機には、濾過を補助するディスクスタックが付いています。 これにより、より大きな表面積が形成され、より迅速な分離が可能になり、より重い粒子をボウルの外壁に送達するのに役立ちます。
ボウル構造図
ボウルディスク構造図
駆動力
一部の遠心分離機は圧力で駆動され、その他はモーターによって直接駆動されます。
最も効率的なオイル濾過オプション
初期投資は使い捨てフィルターよりも高くなりますが、投資回収は早いです。 微粒子の減少により必要なメンテナンスが軽減され、予期せぬダウンタイムや故障を回避できます。 遠心油分離器は移動可能なトロリーに取り付けることができ、複数の機械の油を洗浄するのに役立ちます。 タンクに取り付けて 1 か所で継続的に洗浄することも、バイパス キドニー ループ システムでエンジンに取り付けて、循環から少量のオイルを取り出して洗浄してから、使用可能なサンプに戻すこともできます。

汚染オイルの流れ

一般の遠心分離機の漏れ箇所
一般の遠心分離機には少なくとも三か所の汚染オイルとコンタミする可能性が高くなる箇所があります。
フィラースタンドチューブ上部
この箇所にオイルシールがありません。圧力がかかると、これが3つの弱点のうちの1つとなり、汚れたオイルが洗浄されたオイル・ハウジングに漏れる可能性があります。
フィラースタンドチューブの根元
この根元にもオイルシールがありません。これは、相互汚染の問題を引き起こす可能性のあるもう 1 つの弱点です。
流入袖
第三に、汚染されたオイルが遠心分離機に入るには、遠心分離機のほぼ上部まで移動する必要があります。 これにより、オイル流入側の袖部分に背圧が発生し、シールされていない別の接合部に圧力がかかる可能性があります。
IOW遠心オイルセパレーターは上記の二次汚染が発生する可能性のある弱点を排除しています。
三か所の一般遠心分離機コンタミ箇所 三か所の一般遠心分離機コンタミ箇所
背圧を除去するIOW技術
背圧を排除するため、IOW グループはディストリビューター・インペラを導入しました。
汚染オイルが最大の遠心力を持つユニットの基部に導入されると、ディストリビューターのインペラがボウルを駆動し始め、ローターの速度が増加します。その後、汚れたオイルはボウルディスクを上って(上方向にしか移動できません)、上部のタービンインペラに到達し、そこできれいになったオイルが最適な分離効率で 4 つのノズルの 1 つから排出されます。この技術は背圧のリスクを軽減し、清浄化されたオイルと汚染オイルの相互汚染の可能性を排除します。
背圧を除去する技術
汚染されたオイルは、ユニットの基部にあるディストリビューター・インペラによって引き込まれ…背圧による相互汚染の可能性を排除します。
既存の技術
汚染されたオイルはセパレーターを通って上昇しシャフトを通って途中の約 3/4 で導入され、途中の 3/4 で分離チャンバーに入ります。その後、オイルは分離チャンバー内を通って分離チャンバーに戻ってから出て行ってサンプ(油槽)に戻されます。遠心力により、汚染物質は油からボウル壁面に押し出され、そこで捕捉されてスラッジケーキが形成されます。
既存の技術既存の技術
既存の技術
IOWグル-プの排圧を除去する技術
セパレーターの構造排圧を除去する技術
排圧を除去する技術
既存の技術とは異なり、汚れた油はボウルの底から導入されます。 次に、ディスクを通って上昇し、上部のノズルから出て油槽(サンプ)に戻ります。
遠心力の機能
どのメーカ-の遠心分離機も遠心力は同じように機能し潤滑油から汚染物質が除去され、装置内にスラッジケーキが蓄積し始めると、遠心力が低下し始めます。IOWグループの遠心オイルセパレーターは同じように動作しますが、ボウル内の特許取得済みの技術と、ボウルへのオイルの導入および排出方法により、より多くの汚染物質が除去され、世界最高の性能を発揮する設計となっています。一連の動きは動画をご覧下さい。
遠心力の機能遠心力の機能
遠心力の機能遠心力の機能
清浄化されたオイルは、上部のノズルからセパレーターを出ます。スラッジケーキの堆積物が濃縮され、遠心力が減少し、遠心オイルセパレーターを通過する油の流速が増加します。

遠心力とは?

遠心分離機の仕組み
遠心油分離は、通常、石油精製や廃水処理などの用途で、液体から固体を分離するために使用されるプロセスです。 これは、遠心力、密度差、回転系内の粒子の挙動の原理に基づいています。 遠心分離機の仕組みを理解するには、まず遠心力の仕組みを理解する必要があります。以下、遠心力とは何か、遠心オイルセパレーターが遠心力をどのように利用するか、そしてこれらのシステムが最高の性能を発揮するためにどのような要素が役割を果たすのかについて説明します。
遠心力とは?
遠心力( centrifugal force)とは、物体を回転中心から遠ざけるように見える疑似的な力です。 それは重力や電磁力のような基本的な意味での実際の力ではないため、「疑似力:pseudo-force」と呼ばれます。 円軌道を移動する物体に作用しているように見える力で慣性によって生じるもので、円運動を受けると物体は曲がった軌道を描きます。実際に外側に押し出す力があるわけではなく、物体の慣性によって直線的に動き続けようとするため、外側に力が働いているように見えるのです。
カーブを曲がる車の例を考えてみましょう。カーブを曲がるとき、車のドアに外側に押されるような体感があると思います。実はこの時の体感こそが、車自体がカーブしているにもかかわらず、慣性力(現在の状態を維持しようとする性質)によって車の直進を維持しようとするために働く力です。スピ-ドを出しすぎていればハンドル操作だけでカーブを曲がるのは困難になり車体は車道を外れ大事故につながります。
遠心力とは?
遠心式オイルセパレーターは遠心力をどのように利用しているのでしょうか?
遠心分離機は遠心力に依存して機能するため、そのように名付けられました。プロセスの概要は次のとおりです。
汚染された流体 (多くの場合、オイルと他の粒子または不純物の混合物) は、入口配管またはポートを通って回転する遠心分離ボウルに導入されます。 混合物が高速で回転すると、遠心力により重い成分(水と固体)が外側に押し出され、容器の壁に沿って緻密な層が形成されます。 これは「沈殿物」または「ケーキ」として知られています。 同時に、軽いオイルは回転中心に向かって押し出され、「オーバーフロー」または「流出物」として知られる別の層を形成します。
ボウル 流体のボウルへの侵入 流体のボウルへの侵入 流体のボウル内での通過 流体のボウルでの通過
汚染物質がほとんど含まれていないきれいなオイルは、ボウルから排出されます。すべての汚染物質や不純物はボウルの中心に集められ、運転中に除去されます。 遠心分離によるオイル分離の有効性は、回転速度やその他の操作パラメータによって決まります。 一般に、高速度ほど分離が良好になります。詳細は「メカニズム」「動画」をご覧下さい。
遠心力とは?遠心力の効果
遠心分離機の設計はその効率にどのような影響を与えますか?
遠心油分離器の設計は、分離効率を決定する上で非常に重要です。 適切に設計された分離器は液体からすべての不純物を効果的に除去できますが、設計が不十分な分離器は効率的に機能しない可能性があります。 分離効率に影響を与える重要な設計要素を以下に示します。
遠心分離機のサイズと速度:
遠心分離機のサイズと回転速度は重要な要素です。 回転速度が高い大型の遠心分離機は、より大きな遠心力を生成することができ、分離効率が向上します。 ただし、大型の遠心分離機は高価であり、より多くのエネルギーを消費するため、二律背反となります。
入口と出口の設計:
適切な入口設計により、混合物の均一な分配が可能になり、分離効率を低下させる可能性がある渦や不均一な流れの形成を防ぎます。 一方、排出機構の設計が適切でないと、分離された混合物に油が再混入して、全体の効率が低下する可能性があります。
ボウルの設計:
遠心分離機のボウルの設計で、混合物が遠心力を受けたときにたどる経路が決まります。 適切に設計されたボウルは、油とその他の成分の効果的な分離を促進します。
滞留時間:
混合物が遠心分離機内で費やす時間 (滞留時間とも呼ばれます) は、分離効率に影響を与える可能性があります。 滞留時間を長くすると、より完全な分離は可能になる反面で過度に長い滞留時間は実用的とは言えない可能性があります。
入口と出口の設計
IOWグループの次世代遠心分離機
遠心分離機は数十年前に初めて発明され、その設計は導入以来ほとんど変わっていませんでした。 IOWグループのエンジニアは、遠心分離機がいかに時代遅れであるかを認識し、従来の遠心分離機の設計を完全に刷新するための5年間の旅に着手しました。 最終的に、IOWグループは4種類の遠心分離機からなる真新しいシリーズを作成することになりました。そのすべてが他の追随を許さないレベルで性能を発揮し、現在でも比類のないものとなっています。 4つの異なるサイズが用意されているIOWグループのセパレーターは、重力の2,000倍という驚異の遠心力を利用して、エンジンに害を及ぼす可能性のある汚染物質を効果的に除去します。 エンジンとギアボックスの両方の潤滑油の寿命を大幅に延ばし、メンテナンスにかかる時間と費用を節約し、環境への影響を軽減します。 IOWグループの優位性は次のとおりです。
IOWグループの遠心オイルセパレーターは、そのサイズ カテゴリ内でボウルディスクを使用する唯一の遠心分離機であり、通常は大型ユニット専用の機能です。 これは、同分野の他の遠心分離機と比較して、はるかに多くの小さな粒子を除去できることを意味します。また、汚れたオイル入口と洗浄されたオイル出口の間のシールを改善するための措置を講じ、相互汚染を最小限に抑えました。 他の製品とは異なり、MP遠心オイルセパレーターには、分離器制御ユニット (SCU) を介したCentriCleanリモート監視のオプションが付属しています。 これらにより、保守や清掃の時期が来たときにユーザーまたはシステムに通知され、貴重な人的資源が節約されます。
IOWグループの遠心オイルセパレーター 4シリーズ

その他の用途
応用分野
IOW遠心オイルセパレーターはさまざまな業界で使用されており、さまざまな用途を有害な汚染物質から保護するのに適しています。 これらは、天然ガス採油発電輸送海洋鉱業再生設備の分野で、さまざまな用途に合わせて液体から製品を分離するために一般的に使用されています。
さまざまな業界で活躍
IOWグル-プ

IOWグル-プ

iso isoIOW ロゴ iso
IOWグループでは、さらに一歩先を目指して努力してまいります。
リモートモニタリングボウルディスクセパレーターなど、他社メーカーが提供していない高度な機能を備えた当社の専門技術により、油ろ過業界の最前線に立つことができます。
当社の機器はすべて、イギリス南岸に位置するワイト島にある施設で製造および組み立てられています。
当社はISO認証を取得しており、英国と国際の両方のエンジニアリング基準に厳密に従っており、製品範囲全体にわたって一貫して高い品質基準を保証しています。

ISO 9001, ISO 14001, ISO 45001 認証

IOWグループがどのように魔法を使うのか知りたいですか?
長年にわたって実証されてきた当社の設計と製造工程をご覧ください。
参考
ISO 9001:国際標準化機構(ISO:International Organization for Standardization)が定めた品質管理・品質保証・顧客満足の向上のための国際規格。
ISO 14001:ISOが定めた環境マネジメントシステムの国際規格。環境負荷を低減する仕組みの構築が目的。
ISO 45001:ISOが定めた事業場の安全衛生水準の向上が目的。
最先端の製造施設
IOWグループはすべての遠心分離機を英国のワイト島で内作しています。世界の需要に応えるため最先端のロボティクスを導入した同社の最先端の施設には、さまざまな専用の品質管理エリアがあり、すべての製品が徹底的なテストを受けます。 これにより、IOWグループが発送するすべての製品において最高水準の信頼性と性能が保証されます。 業種を問わず、IOWグループのオイル分離技術は、エンジン性能を変革し、メンテナンスと運用コストを何千ドルも節約し、より環境に優しい未来に向けて役割を果たすのに役立つ可能性を秘めています。
英国の海岸都市ライド(Ryde)に本社を置くIOWグループは、国際的な需要の高まりに対応するため最先端技術の一環として最先端の協働ロボットを導入し、製造能力を大幅に飛躍させることができました。 チームに加わった最新のロボットは、中型で適応性の高いUR10e協働ロボット(Cobot)で、同社の生産ラインにシームレスに統合されています。このロボットの主な役割は、最適化されたマシン・テインディング(機械に部品や材料を載せる、または降ろすこと)であり、同社の高い評価を得ているオイルろ過製品の重要な部品の正確な積み下ろしなどの自動化されたタスクを含みます。革新的なCobotのおかげで、IOWグループは生産物全体にわたって揺るぎない品質基準を維持しながら、業務効率を高めることができました。

IOWグループの濾過製品のすべての重要な部品は全てAberlink Ltd Axiom の CMM マシンによる厳格な品質管理検査を受けています。 ​ プログラムが完了すると、機械は各部品のいくつかのポイントを測定し、絶対的な精度が達成されていることを確認します。 当社は、製造されたすべての部品が仕様内にあり、お客様が完璧な最終製品を受け取ることを保証するために、これらの高い基準を強く求めています。
生産マネージャーのオーウェン・ジャイルズ氏のコメント
「Cobotを新たに導入したことで、機械の稼働率と生産稼働時間が向上しました。私たちは、市場をリードする製品を構成する高品質の精密部品を継続的に製造することができ、顧客は高性能の製品を受け取ることができます。」
マネージング・ディレクターのブレット・ニコルス氏のコメント
「アイランドのビジネスとして、私たちがイノベーションの最前線に立ち、ビジネスとしての継続的な成長に役立つ最新技術を採用していることは素晴らしいことです。私たちの工程に協働ロボットを加えることは、事業運営を助けるだけでなく、次世代のエンジニアである私たちの実習生に、高度な技術を使って作業したり、プログラミングをしたりする素晴らしい経験を与えてくれます。
弊社は、地元の若い才能に興味のある分野での機会を提供し、実習生の教育を支援するだけでなく、機械製造における貴重な実地経験を提供できることを誇りに思います。弊社の実習生は、世界中の顧客に提供される製品やソリューションを製造する、大規模な機械に携わることができます」。
若手の訓練
IOW若手の訓練

製造チームCNCマシニストのダニエル氏のコメント
「IOWグループのチームメンバーからは素晴らしいサポートを受けてきました。 私は理論を実践し、専門的なキャリアアップにつながる貴重な実践経験を得ることができました。 見習い期間を終えて、制作チームのフルタイムの役割に就くことができてうれしく思います。」
現在、CNCマシニストの資格を持つダニエルは、世界中の顧客に販売される世界有数の遠心ろ過システムの精密部品を製造する製造チームの不可欠なメンバーです。
最先端の協働ロボット(Cobot)を導入
女性スタッフの活躍
以下コメントの一部です。
女性スタッフの活躍 女性スタッフの活躍 女性スタッフの活躍 女性スタッフの活躍 女性スタッフの活躍
女性が成功し、エンジニアリング分野で活躍し働く女性を認めることは重要です。もっと意識する必要があると感じています。エンジニアリング業界で働く女性の数は増えているので、恐れることなく自分の夢を追い、この業界でのキャリアを追求してください。
IOW社員の中に女性スタッフの活躍が目立つ

製品の宣伝から受注、生産計画まで
宣伝ー展示会 ユーザ-から発注 受注 生産計画 現場での稼働
宣伝発注受注生産計画現場での稼働
生産現場
世界中からの需要に応じてIOWグル-プの生産設備は日々フル稼働しております。
生産現場からMP600製品性能検査
機械加工から製品検査まで
生産現場での機械加工 生産現場での機械加工 生産現場での機械加工 生産現場から製品管理 生産現場から製品検査と若手の訓練
MP200製品組立から梱包まで
MP200製品組立 MP200製品組立 MP200ボンネット組立 監視システムとの組み合わせ MP200製品梱包
MP400製品組立から梱包まで 全シリ-ズで監視装置はセットです。
MP400製品組立 MP400製品組立 監視システムとの組み合わせ MP400製品梱包 MP400製品梱包
MP090,MP600,ポンプ梱包
MP090製品組立 MP600製品組立 ポンプ性能検査 ポンプの梱包 製品梱包
MP090製品組立MP600製品組立ポンプ性能検査ポンプの梱包製品梱包
梱包から出荷
梱包製品の格納 シッピング準備 シッピング準備 出荷製品の荷積 製品出荷配送

地球温暖化ガスの削減ーIOWグル-プの使命

CO2削減ーIOWグループの使命
IOWグループは潤滑分野において100年以上の経験を持つ、経験豊かで信頼のおけるメーカーです。IOWグループの情熱は、製品を通じて組織の信頼性と効率を向上させることです。IOW遠心オイルセパレーターは最大量の汚染物質を除去することにより潤滑油の品質を向上させます。特許で保護された独自の技術を活用したIOWオイルセパレーターは、他のどの遠心分離機式オイルフィルターよりも150%効率的です!
IOW遠心オイルセパレーターを使用して潤滑油の品質を向上させることで、組織内の工程に大きな影響を与えることができます。
  • オイル消費量の削減
  • 機械のダウンタイムの削減
  • メンテナンス時間の短縮
  • 工数の削減
  • 生産性の向上
オイル消費量の削減で持続可能な開発を!
IOWグループの遠心オイルセパレーターは、効率向上のためによりクリーンで持続可能な選択肢をお探しの先進的な企業向けに設計されています。

二酸化炭素排出量の削減のお手伝い
IOWグループが描くろ過の未来
エンジンを可能な限り効率的にする必要性に駆られた企業として、IOWグループは自らを持続可能性の世界における不可欠なプレーヤーであると考えています。機械に大きく依存する時代において、当社のろ過製品は産業工学の未来における主要な構成要素です。当社製品は機能しますが、だからといって、より環境に優しい石油処理を可能にする新製品の研究、開発、試作を止めることはできません。当社製品コストをすべての企業が利用しやすいものにすることに重点を置くことで費用対効果(ROI)と排出量削減の両方は大きな投資メリットとなります。
二酸化炭素排出量削減

二酸化炭素排出量の削減にどのように貢献できますか?
レシプロ・エンジン(往復動機関:reciprocating engine)は現在、産業界の日常的な稼動に欠かせないものです。遠心オイルセパレーターは、レシプロ・ディーゼルエンジンの円滑な運転に役立っています。IOW遠心オイルセパレーターは、船舶、自動車、輸送、農業、鉱業、(これは、ほんの数例です)など産業のあらゆる分野でご活用いただいています。
しかしながら、ディーゼル燃料の窒素酸化物の排出、ディーゼル燃料自体のエネルギー集約的な精製、ディーゼルエンジン製造に必要な材料の種類と工程は、ディーゼルが環境に与える影響は計り知れず、IOWグループはその削減に貢献したいと考えています。
IOW遠心オイルセパレーターは、レシプロ・ディーゼルエンジンを可能な限り効率的に稼働させることで、二酸化炭素排出量の削減に貢献します。
このページでオイルセパレーターがよりクリーンなビジネス運営に貢献するのかについて説明します。
二酸化炭素排出量削減

遠心オイルセパレーターは、どのようにCO2排出量を削減するのでしょうか?
遠心オイルセパレーターは、エンジン効率の向上に役立ちます。効率的に作動しないエンジンは、より多くの燃料を消費し、より多くの潤滑油を必要とし、摩耗や損傷をより多く受けやすくなります。これらの要素を個別の影響に分解すると、オイルセパレーターがなぜ効果的な技術なのかがわかります。これらの各要因を以下に詳しく説明します。
二酸化炭素排出量削減

世界の二酸化炭素排出量削減への旅は続く
気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、「今後20年間で気温が1.5度上昇し、環境破壊につながる可能性が高いと警告しました。この10年間で温室効果ガスを迅速かつ劇的に削減することだけが、このような気候の崩壊を防ぐことができる」と述べています。IOWグループは、革新的な技術の開発を続ける一方で、価値連鎖のあらゆる分野を評価し、進化させることによって、地球への影響を改善する方法を継続的に調達したいと考えています。
IOWグループは、政府と企業の世界的な協力により、化石燃料の消費による人類の現在の環境への影響を軽減するために力を合わせることができると信じています。
二酸化炭素排出量削減のお手伝い

ディーゼルの製造
エンジン効率が悪ければ悪いほど、同じ出力を得るためにはより多くの燃料が必要になります。燃料の使用量が増えれば増えるほど、より多くの石油の抽出と精製が必要になります。 石油の採掘とディーゼルの製造には4つの段階がありますが各段階で、以下のような過剰な炭素排出が生じます:
  • 石油精製所の建設
  • 石油の抽出とディーゼルへの精製
  • ディーゼルの輸送
  • 製油所の建設と廃炉の工程
遠心オイルセパレーターに投資することで、エンジンが最適な能力で稼働し続けることができます。それは、エンジンの摩耗や損傷の原因となる微小粒子の除去に役立つからです。 エンジンが効率的に作動しているので必要以上の燃料消費がありません。つまり、石油の採掘量とそれに伴うCO2排出量の削減に貢献していることになります。
石油精製所の建設二酸化炭素排出量増加要因 石油精製所の建設二酸化炭素排出量増加要因 石油精製所の建設二酸化炭素排出量増加一要因
潤滑油
潤滑油の抽出と生産もまた、環境に大きな悪影響を与えてます。原油が抽出され、エンジン潤滑油に精製されるその製造の多くの段階で、CO2排出と有害な副産物が発生します。 エンジンメーカーは、定期的な潤滑油の交換を推奨していますが、効率的なろ過技術、頻繁なテスト、オイル分析によって、より持続可能な潤滑油の使用と交換が可能になります。 この工程によって、エンジンオイルの交換間隔の延長ができます。 IOWグループのろ過技術がオイル交換間隔の延長にどのように役立っているか、また、それが地球保護にどのように役立っているかこちらをご覧下さい。
潤滑油の消費量増加は二酸化炭素排出量増加一要因
摩耗と損傷
エンジン消耗が燃料消費量に大きな影響を与えることはすでに述べました。エンジンの機械磨耗や損傷に伴い、交換部品が必要になりますが、この交換部品も生産と輸送において大きな二酸化炭素排出量を伴います。 遠心オイルセパレ-タ-は、エンジンの一次フィルターの寿命を延ばします!そのため、より効果的に、そしてより長くその役割を果たすことができます!
潤滑油から最大限の汚染物質を除去することで、IOW遠心オイルセパレ-タ-は、一次フィルタから作業負荷の一部を取り除きます。 IOW遠心オイルセパレ-タ-は使い捨てフィルターではありません。セパレ-タ-が満杯になり、点検が必要になったときに交換が必要になるのはフィルターの用紙部分だけです。点検方法例についてはこちらをご覧ください。

サステナブルな海洋事業への貢献

海洋産業を、よりサステナブルな未来へと導くことは
IOWグル-プの使命の一環です。

海洋事業への貢献
海洋産業では、潤滑不良が主エンジン損傷の最も一般的な原因です。コンテナ船からタンカーまで、世界市場をつなぐこの産業は、貿易の要として経済の成長維持に重要な役割があります。
あるお客様はIOWグループの遠心分離機フィルターを数隻の船舶に数年間使用し、合計5,000時間以上の運転経験を積んだ結果、これらのフィルターの性能設計上の利点に大変満足されています。
海洋事業への貢献
外航船での事業では原油価格高騰に伴う燃料や潤滑油コスト上昇は大きなダメ-ジを与えます。しかも大量の潤滑油を必要とするため、地球沸騰化が危惧される昨今の気候変動対策にため温暖化ガス排出削減は急務です。そのためには・・・
  • エンジンの円滑な稼働ー機械寿命延長
  • 交換部品削減
  • メンテナンスコスト削減
  • 燃費向上
  • 潤滑油の寿命延長ー消費量の削減
IOW遠心オイルセパレ-タ-船舶での実績1 IOW遠心オイルセパレ-タ-船舶での実績2 IOW遠心オイルセパレ-タ-船舶での実績3 IOW遠心オイルセパレ-タ-船舶での実績4 IOW遠心オイルセパレ-タ-船舶での実績5
潤滑油の清浄度維持=汚染物質の除去が定期交換頻度の削減へ、結果として二酸化炭素排出量削減に大きく貢献します。
IOW遠心オイルセパレ-タ-は海洋事業の効率化に大きく関わってきます。
市場をリードするIOW遠心オイルセパレ-タ-
船舶関連の実績レポ-ト詳細は下記からご覧下さい。
船舶種類際立った効果例使用機種監視システム
フェリ-船 1.54g/時間のスラッジ除去MP200SCU0002
コンテナ船 アスファルテン侵入を削減MP600SCU0002
タンカ- オイル中のすすが83%減少MP200SCU0002
タンカ-2 旧式機よりも25%効率向上MP200SCU0002
小型船舶 0.76g/時間のスラッジ除去MP090SCU0003
MANエンジン搭載船 一次フィルター寿命が60%延長MP600SCU0003
CATエンジン搭載船 潤滑油のスラッジ除去厚38mmMP200×3基SCU0002×3基
EDMエンジン搭載船 1.9g/時間のスラッジ除去MP600SCU0002

海洋環境や生態系を守るために、国際海事機関が定めた「世界海事デー」。
全ての人にとって、よりサステナブルな未来にどのように貢献できるのかを考える日のことであり、環境保護に取り組むための取組ーサステナブルな地球のための海運について意識を高める目的があります。
IOWグル-プは、その一環として船舶エンジンの効率化により潤滑油消費量削減に貢献しています。
海洋事業への貢献

2024年度の世界海事デーは、2024年9月26(木)です。

魅惑のワイト島

IOWグル-プの拠点ワイト島
IOWグループの名前は発祥の地であるワイト島(Isle Of Wight)に由来します。IOWグループのオフィスは美しい自然の中の海岸沿いのライド(Ryde)にあり、地元コミュニティとの強いつながりを誇りとしています。
ワイト島 ワイト島からサウサンプトン市へ
ワイト島の位置ワイト島から市街地へ
外観
イングランド南岸に位置するワイト島は、美しい自然、豊かな歴史、活気あるビジネス・コミュニティが融合したユニークな場所です。その魅力を探ってみましょう。
ワイト島の魅力
自然の美しさ
ワイト島での生活や仕事には、文化、遺産、自然の美しさが融合したユニークな魅力があります。素晴らしい海岸線に惹かれる方にも、結束の固いコミュニティに惹かれる方にも、この島には無限の可能性があります。
ワイト島は、息をのむような自然の景観が自慢で、自然愛好家や冒険好きを惹きつけてやまないでしょう。フレッシュ・ウォーター湾(Freshwater Bay)の象徴的な白い崖から、絵のように美しいニードルズ岩層(Needles rock)まで、島はアウトドア愛好家にとって、まさに天国です。島の約97㎞(60マイル)に及ぶ海岸線には、砂浜や隠れた入り江、素晴らしい景色が広がり、海水浴やセーリング、アウトドア探検を楽しむことができます。
素晴らしい海岸線ーワイト島良いとこ一度はお出で!
ビジネス
ワイト島はそんな、のんびりした評判とは裏腹に、仕事とビジネスのエキサイティングな機会も提供しています。ワイト島は、観光、海洋、製造業を含む多様な主要セクターを擁し、IOWグループもその一翼を担っています。戦略的な立地と本土への強力な交通網により、ワイト島は働く方々にとっても魅力的な拠点となっています。
魅惑のワイト島はIOWグル-プのビジネス拠点
文化的・歴史的意義
自然の美しさだけでなく、ワイト島には豊かな文化的・歴史的遺産があります。島では年間を通して様々なフェスティバル、イベント、アトラクションが開催され、最も有名なのは1968年来のワイト島音楽祭Isle of Wight Festival(ザ・ローリング・ストーンズ、フリートウッド・マック、ブロンディ、ボブ・ディランなど代表的なアーティストが出演。音楽愛好家にとって1970年の開催はもはやレジェンド)とカウズ(Cowes)のセーリング・レガッタ(ボートレ-ス)の一週間でしょう。
歴史的な側面に興味がおありなら、この島にはカリスブルック城、オズボーン・ハウス、ニードルズなど、さまざまな素晴らしい史跡があります。
カリスブルック城 オズボーン・ハウス ニードルズ
カリスブルック城オズボーン・ハウスニードルズ
Google map
交通の要所
ワイト島は、本土との交通の便が良いという利点もあります。旅客フェリーと車両フェリーの両方が定期運航しており、住民や観光客に便利なアクセスを提供しています。また、信頼性の高いバス・サービスや交通網も充実しており、島内の移動は手間がかかりません。さらに、近隣のサウサンプトン市とポーツマス市は、主要空港のあるサウサンプトンとともに、交通の要所として機能しています。
交通至便なワイト島
観光
田園地帯の散策やのどかなハイキングを楽しみたい方には、ワイト島には風光明媚な自然歩道や自然保護区が豊富にあります。島には森林地帯、牧草地、チョークダウン(chalk downs:チョーク[白亜]質の丘陵地帯)など変化に富んだ地形があり、探検の可能性は無限に広がります。レッド・スクワレル・トレイル(Red Squirrel Trail)をサイクリングするもよし、テニーソン・ダウン(Tennyson Down:ワイト島西端の丘)からパノラマの景色を眺めるもよし、島の自然の美しさに感動すること間違いなしです。
ワイト島良いとこ一度はお出で!
ワイト島ー良い所ー是非一度脚を伸ばしてみるのはいかがでしょうか。

IOWグル-プ展示会出展アーカイブ
IOWグル-プ展示会出展アーカイブ

IOWグル-プは世界の展示会に出展
IOWグループは、これまでに世界各国の展示会に出展し優れた潤滑油ろ過技術を紹介しています。
様々な産業分野で活躍しているIOWセパレ-タ-のデビュ-となった2022年からの流れをどうぞご覧下さい。
IOWグル-プは世界の展示会に出展

IOWグル-プ展示会出展案内2024年

IOWグループ2024年展示会出展予定
IOWグループは本年2024年にもさまざまな展示会に出展し優れたろ過ソリュ-ションを紹介致します。その一つは我が国で開催されるSea Japan 2024です。
日程展示会名称開催地
1月23~25日国際発電機展示会米国ルイジアナ州ニューオーリンズ
3月19~21日北米潤滑油エキスポ米国ミシガン州デトロイト
4月10~12日国際海事展示会東京ビッグサイト東1~3ホール
6月3~6日信頼できる工場展米国フロリダ州オーランド
9月24~26日MINExpo 国際展示会米国ネバダ州ラスベガス

PowerGen International Show(国際発電機展示会)
IOWグループはPowerGen International Showに出展しました。2024年1月23~25日に米国ルイジアナ州ニューオーリンズで開催される PowerGen は、発電事業者および発電に携わるソリューション プロバイダーにとって最大のネットワークおよびビジネスハブです。IOW グループはブース#2329にて革新的なろ過技術シリーズが展示されました
この展示会は、発電事業者、電力会社、EPC、コンサルタント、OEM、大規模エネルギー ユーザーが PowerGen International に集まり、大規模な集中型発電ビジネス モデルがよりクリーンでより持続可能なエネルギー源へと進化する中で、新しいソリューションを発見します。 PowerGen は、電力専門家がデジタル化、脱炭素化、効率化によるクリーン エネルギーへの移行をサポートするソリューション プロバイダーと協力し、接続し、会合するための業界標準およびリソースであり、同時に機器や製造において比類のない機会を提供し続けます。 PowerGen は、進化を求める業界の専門家のために進歩的な環境を構築します。
PowerGen International Show

Lubricant Expo North America(北米潤滑油エキスポ)
北米潤滑油エキスポは、2024年3月19~21日まで、米国ミシガン州デトロイトのハンティントン プレイスで開催されます。IOWグループはスタンド 614 に出展します。
Lubricant Expo は、潤滑剤ソリューション プロバイダーと複数の業界の幅広いエンド ユーザー バイヤーを結び付ける、北米の最新の展示会およびカンファレンスです。 海洋、重機、自動車、化学、エネルギーなどが含まれます。スタンド 614 の IOW グループを訪問して、お客様の組織の効率向上を当社がどのように支援できるかをご覧ください。
PowerGen International Show

Sea Japan
シージャパン国際海事展示会およびカンファレンスは、2024年4月10日~12日まで東京ビッグサイト東1~3ホールで開催されます。IOWグループはスタンド3C-01に出展します。
Sea Japan は 2 年ごとに開催され、造船および海運の専門家が集まり、最新の海洋技術を披露し、世界中のパートナーやサプライヤーと出会うことができます。 シージャパンは1994年からその時代のトレンドに合わせたさまざまなテーマを実施しており、今年のテーマはクリーンエネルギーに焦点を当てた。 スタンド 3C-01 の IOW グループにアクセスして、お客様の組織の効率向上と排出量削減を私たちがどのように支援できるかをご覧ください。
PowerGen International Show

Reliable Plant Conference & Exhibition 2024
Reliable Plant Conference and Exhibition は、2024年6月3~6日まで、米国フロリダ州オーランドのカリベ ロイヤル・リゾートで開催されます。IOW グループはスタンド430に出展します。
Reliable Plant Conference and Exhibition には、重要な日常業務の一部として機械を利用するさまざまな業界の専門家が集まります。 Reliable Plant は、工業用潤滑、オイル分析、信頼性、メンテナンス戦略の課題に対処するために使用される最新のテクノロジーと革新的なソリューションをまとめています。 この展示会では、参加者同士がネットワークを築き、質問し、知識を共有し、ベストプラクティスを比較する機会が得られます。 比類のないカンファレンス内容のため、このイベントには伝統的に業界の最も優秀な人材が集まります。 学習セッションやケーススタディから展示ホールで紹介される最新技術に至るまで、Reliable Plant Conference は 3 日間のイベントで潤滑管理と信頼性のあらゆる側面をカバーします。 スタンド 430 の IOW グループにアクセスして、貴社の効率向上に私たちがどのように貢献できるかをご覧ください。
Reliable Plant Conference & Exhibition 2024

MINExpo International 2024
MINExpo 国際展示会は、2024年9月24~26日まで米国ネバダ州ラスベガスで開催されます。IOW グループは西ホールのブース#13273に出展します。
MINExpo International には、何千もの鉱山生産者、メーカー、サプライヤーが集まり、イノベーションとコラボレーションを直接体験できます。 また、鉱山の専門家が必要とする重要な機器、ソリューション、リソースも揃っています。
国際的なバイヤーと意思決定者が、鉱業業界最大の世界的なイベントに集まります。 現代世界を構築し、運営し、動力を与えるパートナーシップを確立します。 ブース番号 13273 の IOW グループにアクセスして、貴社の効率向上を当社がどのように支援できるかをご覧ください。
MINExpo International 2024

IOWグル-プ展示会出展アーカイブ2023年

Reliable Plant Conference(信頼できる工場研究評議会)
2023年7月31~8月3日までフロリダ州オーランドで開催されるReliable Plant Conferenceにスタンド 539にて出展しました。IOWグル-プの遠心オイルセパレーター、ポンプ、セパレーターコントロールユニット、加圧ドレンシステム、および総合的なオイルろ過への答えであるeQlypsが公開されました。
Reliable Plant Conference

GMRC Gas Machinery Conference(ガス機械研究評議会)
GMRCガス機械研究評議会は、2023年10月1~4日まで米国アリゾナ州フェニックスのフェニックス・コンベンション・センターで開催されブース 222 に出展しました。IOWグル-プはエンジンの信頼性向上に当社がどのように貢献できるかを公開しました。
ガス機械研究評議会 (GMRC) は、第二次世界大戦後、米国における天然ガス パイプライン施設の急速な拡大に対応して設立されました。 天然ガス産業の急速な成長により、天然ガスはパイプラインを迅速かつスムーズに流れることが可能になりました。 積極的な天然ガス企業と専門家で構成されるガス機械研究評議会 (GMRC) は、技術的問題を調査し、天然ガス業界の問題に対する革新的な解決策を見つけることに専念しています。ガス機械カンファレンスは、業界のリーダーと直接会って強力な関係を築き、天然ガス産業を取り巻く最新の技術、ニュース、知識について話し合う機会です。 ガス機械研究評議会 (GMRC) は、高度な研究と教育の機会において業界をリードし続けるとともに、豊富な技術知識を提供し、ガス機械研究評議会を業界の主要なイベントの 1 つにしています。 この研究評議会では、業界の主要テーマに関する技術トレーニングやプレゼンテーションに参加する機会が提供され天然ガス産業におけるプロセスの信頼性、効率、費用対効果を向上させる最新の技術と製品を紹介されました。
GMRC Gas Machinery Conference

SMRP Annual Conference(年次総会)
SMRP年次総会は、2023年10月16~19日まで、米国フロリダ州オーランドのローゼン・センター・ホテルとオレンジ カウンティ・コンベンション・センターで開催されブース 222に出展しました。IOWグル-プはエンジンの信頼性向上に当社がどのように貢献できるかを公開しました。
SMR 年次会議には、世界中からメンテナンス、信頼性、物理的資産管理の専門家が集まります。 最新のテクノロジー、実践、テクニック、そして専門分野でこれらの進歩を導入する際に伴う課題に関する有益な洞察を特集しています。
SMRP Annual Conference

International WorkBoat Show(国際作業船展示会)
国際作業船展示会は、商船の所有者、運航者、建造者、およびそれらにサービスを提供するベンダーやサプライヤーを対象とした貿易専用の研究評議会および展示会です。IOWグル-プはブース2643に出展しました。
International WorkBoat Show

Pacific Marine Expo 2023(太平洋海洋博覧会)
2023年太平洋海洋博覧会でIOWグループはブース1045にて油ろ過ソリューションがどのようにお客様の業務を変革し、海事事業を円滑に進めることができるかを公開致しました。
Pacific Marine Expo

IOWグル-プ展示会出展アーカイブ2022年

2022年ミッドアメリカ・トラックショー(中米トラック展示会)
この展示会は、2022年3月2~26日まで、米国ケンタッキー州ルイビルのケンタッキー・エクスポ・センターで開催されました。トラック運送業界向けの当社の最新製品とソリューションの詳細が紹介されました。
ミッドアメリカ・トラック・ショーは50年以上にわたって開催されており、トラック輸送の専門家、サプライヤー、オーナー、ドライバ-、メーカーが集まり、トラック輸送業界で利用可能な最新かつ最も革新的なテクノロジーを紹介され トラック運送業界内で進歩的な変化を起こすために、トラック運送の専門家が十分な情報に基づいて購入の意思決定を行えるよう支援する、世界最大の毎年恒例のトラック運送イベントでした。IOW グループは、ブース#16125でトラック運送業界向けのさまざまなポンプおよびろ過ソリューションを展示しました。
ミッドアメリカ トラックショー
Nor- Shipping 2022
IOWグループは、2022年4月4~7日までオスロのスタンド C02-34d ホールCで開催される Nor- Shipping 2022 にパートナーの Scanvi-Interyards と共に出展しました。
Nor- Shippingは、国際海運イベントの主要な1つです。1965年以来ノルウェーで隔年で開催されており、海洋および海洋産業において最も重要で多くの参加者が集まるイベントの一つとなっています。Nor- Shipping は 4 日間にわたって開催され、展示会、カンファレンス、討論会、製品発売、ビジネス交流などが行われました。このイベントは世界的なコロナパンデミック後に初めて開催することができ、トップの専門家や著名な業界関係者が、最近の課題をどのように乗り越え、克服できるかについての洞察と専門知識を共有致しました。
このイベントで海事業界のリーダーが参加し、組織が収益性の高い持続可能な未来に向けて支援できる新しいテクノロジーや革新的なアイデアを見出すことができます。
Nor- Shipping 2022
東部ガス圧縮円卓会議 (EGCR:Eastern Gas Compression Roundtable) 2022
東部ガス圧縮円卓会議は、2022年5月3~5日まで、米国ペンシルベニア州ピッツバーグのデビッド L. ローレンス・コンベンション・センターで開催されIOWグループはブース#603に出展しました。
この展示会(EGCR) は 1973年以来毎年開催されています。当初は数百人の参加者しかいなかったこのイベントには、現在では米国内および海外から数千人の参加者と出展者が集まります。EGCRは非営利団体であり、この会議は石油およびガス産業に直接関与する人々によって推進されています。 業界固有の科目について、入門レベルから高度な教育ニーズに対応するトレーニング・プログラムを提供することを目的として、これらのプログラムが研究評議会で発表されます。 EGCRは、トレーニング・プログラム、新しい革新的な技術、知識豊富な講演者と共に、石油およびガス業界の専門家と直接会って、業界内の変化や発展、エンジンやコンプレッサーのメンテナンスに関する新しいアイデアについて話し合う機会となっています。
東部ガス圧縮ラウンドテーブル (EGCR)
SMM Hamburg 2022
SMMハンブルク2022は、ドイツ・ハンブルクのハンブルクメッセ・アンド・コングレスで、2022年9月6日~9日まで開催されIOW グループは、ブースB1.OG.308で出展しました。興味深いことに IOWグル-プは、SMM 2022 でのみ最新のろ過ソリューションを発表しイベント期間中に詳細情報が公開されました。
SMMハンブルクは海事業界の重要なイベントです。世界中から2,200を超える出展者と約 50,000人の来場者が集い洞察を収集し、ネットワーキングし、ビジネス取引を強化し、海事分野の業界リーダーとの新たな関係を構築するための多くの機会が提供されます。上記会場で2年ごとに開催される SMMハンブルクは、パンデミック後に通常のスケジュールに戻ります。 さらに2022年は SMMハンブルクの30周年記念でもありました。この展示会には、軍艦、造船所設備、信頼性と潤滑の専門家、監視、航行、海洋技術、その他の各種サービスや製品など、さまざまな出展者が含まれます。 2022 年の SMM ハンブルクでは、多種多様なイベントが開催されました。 SMM ハンブルクはあらゆる海事部門と深いつながりがあり、最新の技術と開発を参加者に提供し続けます。
SMMハンブルク2022SMMハンブルク2022

IOW遠心オイルセパレ-タ-動画
IOW動画1:セパレーターのメカニズム
動画視聴は音声が出ますので、ご注意下さい。
IOW Group Centrifugal Oil Separators Presentation
IOW遠心オイルセパレーターのメカニズム (6.41)
IOW動画2:機能
動画視聴は音声が出ますので、ご注意下さい。
How Does IOW Group Bypass Centrifuge Filter Work?
IOW遠心オイルセパレーターの機能(2:05)
IOW動画3:ディスクスタック
動画視聴は音声が出ますので、ご注意下さい。
Pressure Driven Disc Stack Centrifuge (Centrifugal Oil Filter)
圧力駆動ディスクスタック遠心オイルセパレーター(1:09)
IOW動画4:組立アニメーション
動画視聴は音声が出ますので、ご注意下さい。
IOW eQlyps Automatic Self-Cleaning Lube Oil FilterIOW eQlyps
IOW MP200遠心オイルセパレーター・組立アニメーション (4:44)
IOW遠心オイルセパレーター・アニメーション
IOW動画5:外部モニタリング
動画視聴は音声が出ますので、ご注意下さい。
The only Centrifugal Filter with a choice of external monitoring
外部モニタリングを選択できる唯一の遠心フィルター (0.30)
IOW動画6:自動自家洗浄システム
動画視聴は音声が出ますので、ご注意下さい。
IOW eQlyps Automatic Self-Cleaning Lube Oil FilterIOW eQlyps
自動セルフクリーニング潤滑油フィルター (4:45)
IOWラインナップ
モデルMP090
・特徴
  • オイルサンプル容量:15~90リットル
  • 最大スラッジ容量:0.65リットルまで
  • オイルの処理量も増加
  • 分離効率が向上
  • MODBUS 互換および Bluetooth™ モニタリング システムを選択できるため、メンテナンス コストと不必要な清掃が削減されます。
  • 既存モデルとの互換性によりすぐに取り付け可能
  • 既存モデルより高速のボウル速度。遠心力が増大し効率的な分離が可能
  • オプションの追加機能
  • 特注の遮断弁圧力
  • 空気圧によるオイルリターン
  
モデルMP090外形写真 モデルMP090_グラフ
モデルMP090外形外形寸法

モデルMP090外形寸法
モデルMP090外形寸法
仕様
  • オイル入口 標準 1/2” B.S.P(ご要望により他の寸法も可能)
  • 固定穴 標準 M12( 〃 )
  • C.O.V. (bar)(ご要望により 2.5 / 2.1 / 1.5)
搭載例
油圧ショベル輸送トラック
カタログダウンロード
こちらからダウンロードできます。
モデルMP200
・特徴
  • オイルサンプル容量:35~175リットル
  • 最大スラッジ容量:1.3リットルまで
  • オイルの処理量も増加
  • 分離効率が向上
  • MODBUS 互換および Bluetooth™ モニタリング システムを選択できるため、メンテナンス コストと不必要な清掃が削減されます。
  • 既存モデルとの互換性によりすぐに取り付け可能
  • 既存モデルより高速のボウル速度。遠心力が増大し効率的な分離が可能
  • オプションの追加機能
  • 特注の遮断弁圧力
  • 空気圧によるオイルリターン
  
モデルMP200外形写真 モデルMP200_グラフ
モデルMP200外形オイル流量-圧力グラフ

モデルMP200外形寸法
モデルMP200外形寸法
仕様
  • オイル入口 標準 1/2” B.S.P(ご要望により他の寸法も可能)
  • 固定穴 標準 M12( 〃 )
  • C.O.V. (bar)(ご要望により 2.5 / 2.1 / 1.5)
搭載例
フェリ-船タンカ-CAT船舶用エンジン天然ガスプラント
メンテナンス
保守手順紹介
MP200保守デモムービー
カタログダウンロード
こちらからダウンロードできます。
モデルMP400
・特徴
  • オイルサンプル容量:190~1,550リットル
  • 最大スラッジ容量:3リットルまで
  • オイルの処理量も増加
  • 分離効率が向上
  • MODBUS 互換および Bluetooth™ モニタリング システムを選択できるため、メンテナンス コストと不必要な清掃が削減されます。
  • 既存モデルとの互換性によりすぐに取り付け可能
  • 既存モデルより高速のボウル速度。遠心力が増大し効率的な分離が可能
  • オプションの追加機能
  • 特注の遮断弁圧力
  • 空気圧によるオイルリターン
  
モデルMP400外形写真 モデルMP400_グラフ
モデルMP400外形オイル流量-圧力グラフ

モデルMP400外形寸法
モデルMP400外形寸法
仕様
  • オイル入口 標準 3/4” B.S.P(ご要望により他の寸法も可能)
  • 固定穴 標準 M12( 〃 )
  • C.O.V. (bar)(ご要望により 3.5 / 2.5 / 1.5)
カタログダウンロード
こちらからダウンロードできます。
モデルMP600
・特徴
  • オイルサンプル容量:190~1,550リットル
  • 最大スラッジ容量:4リットルまで
  • オイルの処理量も増加
  • 分離効率が向上
  • MODBUS 互換および Bluetooth™ モニタリング システムを選択できるため、メンテナンス コストと不必要な清掃が削減されます。
  • 既存モデルとの互換性によりすぐに取り付け可能
  • 既存モデルより高速のボウル速度。遠心力が増大し効率的な分離が可能
  • オプションの追加機能
  • 特注の遮断弁圧力
  • 空気圧によるオイルリターン
  
モデルMP600外形写真 モデルMP600_グラフ
モデルMP600外形オイル流量-圧力グラフ

モデルMP600外形寸法
モデルMP600外形寸法
仕様
  • オイル入口 標準 3/4” B.S.P(ご要望により他の寸法も可能)
  • 固定穴 標準 M12( 〃 )
  • C.O.V. (bar)(ご要望により 3.5 / 2.5 / 1.5)
搭載例
コンテナ船MAN船舶用エンジン発電プラント油圧作動油浄化再生設備
カタログダウンロード
こちらからダウンロードできます。
PDS:加圧ドレインシステム
・特徴
加圧ドレン・システム (PDS:Pressurized Drain Systems)は、以下の場合にのみ使用されます。
  • 遠心分離機がサンプからある程度離れた場所に設置されている場合
  • 排水ラインが推奨サイズより小さい場合
さらに排水を助けるために加圧排水システム(PDS) が必要になる場合があります。
チャンバ内の油面が上昇すると、フロートが持ち上がり、空気供給装置に接続された弁が作動します。チャンバーが加圧されることで、オイルがより早くサンプに戻ります。例えばトイレの水槽とよく似ています。
IOW MP遠心分離機で使用するPDSには、2つのタイプがあります。
PDS 090-MP090遠心分離機用
PDS 090は、MP090 遠心分離機をエンジンから離れた場所に取り付けることができるように設計されています。 PDS 090 は、圧縮空気とフロート アセンブリを使用して、洗浄されたオイルを重力排出が利用できないエンジン サンプに押し戻します。
PDF-MP090用
利点
  • サンプへの空気の流れはフロート機構によって制御されているため、空気消費量は非常に少ないです。
  • より小径のリターンホースを使用して遠隔設置が可能
  • 重力排水が利用できない、または近い場合の代替オプション
PDS 100 - MP200、MP400、MP600 遠心分離機用
PDS 100 は、MP200、MP400、および MP600 遠心分離機をエンジンから離れた場所に取り付けることができるように設計されています。
PDS 100 は、圧縮空気とフロート アセンブリを使用して、洗浄されたオイルを重力排出が利用できないエンジン サンプに押し戻します。
PDF-MP100~600用
利点
  • サンプへの空気の流れはフロート機構によって制御されているため、空気消費量は非常に少ないです。
  • より小径のリターンホースを使用して遠隔設置が可能
  • 重力排水が利用できない、または近い場合の代替オプション
遠隔監視ユニット
監視システムは遠心オイルセパレ-タ-の効率性を約束します
21世紀の生活では、生活やビジネスのあらゆる側面を自動的に監視することができ、その使いやすさにより、私たち全員に毎日恩恵をもたらす多くの利点があります。 私たちの多くが使用しているテキストアラート、オンサイトセキュリティシステム、財務ソフトウェア、フィットネスウォッチなどはすべて、時間を節約し、プロセスの改善に役立つデータにアクセスできるようにする監視ツールの例です。 そのシステムが組織内で節約を生み出す可能性がある場合はどうでしょうか?
リモート監視システムと自己監視システムの両方を活用して、効率性をベースにした節約に重点を置く企業が増えています。 過去 10年間、性能監視機能の進歩により、産業プロセスが改善されました。
監視システムは分離機の効率性を約束
油汚れを除去することの重要性
組織内で最適な効率を達成するには、基本に立ち返り、機械の生命線である潤滑油に目を向ける必要があります。 潤滑油はすべてのプロセスに不可欠であり、機械をより長くスムーズに稼働させるための鍵となります。潤滑油は、清浄度レベルに応じてエンジンの寿命を縮めたり、延ばしたりする可能性があります。 エンジンの周囲を循環する潤滑油中の有害な粒子は、エンジン部品の磨耗や不必要な磨耗を引き起こし、結果的に出費や予期せぬダウンタイム(停台時間)が増加します。
残念ながら、一部の組織では、一定の間隔でオイルを交換することが依然として一般的です。 ただし、これでは油汚染を防ぐことはできず、費用と時間がかかるオプションでもあります。 エンジンをこの損傷から保護し、効率を向上させるには、効果的な濾過システムが不可欠です。 重要なのは、性能を監視して、確実に最良の結果が得られるようにすることです。
遠心分離機を使用するメリット
遠心オイルセパレ-タ-は、この油を少量取り、遠心力を利用して、ボウルの外壁にスラッジケーキを形成する汚染物質を取り除きます。オイルの損失を防ぎ、すすを封じ込めるために、これらのユニットが完全に密閉されていることが重要です。従来、これらのオイルフィルターは設定された間隔で洗浄されますが、確認すべき重要な項目は、
・設定された間隔に遠心分離機が最適動作していることをどうやって確認するのでしょうか?
・ユニットが満杯でオイルをろ過できなくなったらどうなりますか?
・遠心分離機は効率的にろ過できるほど高い運転速度で回転していますか?
さまざまな遠心分離機ブランドが販売されていますが、いずれも古く、時代遅れのテクノロジーが含まれています。IOWグループの MPシリーズの遠心オイルセパレータは、スラッジ監視ユニットの選択肢を提供するこの種の唯一の製品です。 遠心オイルセパレ-タ-を監視する分離器制御ユニット (SCU) は、作業環境に応じて 2つの異なる形式で提供され、各ユニットは異なる機能を提供します。
監視システムのメリット
遠心オイルセパレ-タ-の遠隔監視
遠隔監視ユニットSCU0002を使用すると、オペレータは Modbusプロトコルを介してこのデバイスをエンジン制御室またはエンジン管理システムに接続できます。 SCUユニットのデジタル画面は、遠心オイルセパレ-タ-の稼働状況をオペレーターにリアルタイムで表示します。セパレーターが最適に動作しているとき、または遠心オイルセパレ-タ-の保守が必要なときを示し、SCU の信号機システムの使用を示します。 その他の機能には、オペレーターが実行時間を設定したり、保守作業が最後に実行されたのがいつか?を確認したりできる機能も含まれます。
SCU0003コントロール パネルは、携帯電話ユーザーを念頭に置いて設計されました。ろ過システムのチェックは、大多数の人が利用できる日常的なデバイスを使用すると非常に便利で、複数のエンジン オイル遠心分離機を接続して監視できるという利点があります。Bluetooth技術を使用し SCU に接続し、手のひらで遠心オイルセパレ-タ-の情報をリアルタイムに取得します。 IOW グループは、SCU0003ユニットに接続するためにセントリクリ-ン(CentriClean)アプリを設計しました。 このアプリには、遠心オイルセパレ-タ-の状況やメンテナンスが必要かどうかの確認から、マニュアルへのアクセス、スペアパーツの注文、現在の状況に関するメモの作成と共有まで、すべて外出先で行うことができる優れた機能がいくつかあります。
IOW遠心オイルセパレーターとSCUモニタリングユニットを取り付けると、オイルから汚染物質が最大限に除去され、オイルが長持ちし、エンジン部品が過度の摩耗から保護されます。SCU ユニットは、メンテナンスコストを削減し、機械のダウンタイム(停台時間)を削減し、無駄な工数を削減することにより、オイル濾過システム内の処理の信頼性、有効性、効率性を高める革新的なアプローチです。 必要のない遠心分離機や効果的に動作していない遠心分離機を保守する代わりに、外部モニターまたはアプリをチェックして動作状況を確認するだけです。
IOWシリーズは、古い遠心分離機フィルターを交換するためにレトロフィットできるように設計されており、プロセスに大きな影響を与える可能性があります。 オイル交換間隔が延びた結果、オイルの消費量が減り、部品の寿命が延びることは環境への二酸化炭素排出量の削減を意味します。IOW モニタリング システムを使用して状態維持プログラムに移行すると、MP遠心オイルセパレ-タ-は持続可能で環境に優しい選択肢となります。 SCU モニターからのデータを監視して対応することで、お客様はオイルからより多くのスラッジを除去し、機械の稼働時間を増やし、生産性を向上させることができました。
リモート監視と内部の特許で保護されたテクノロジーの組み合わせにより、IOW シリーズは他のどの製品よりも効率が150%高くなります。最新のフィルタリングおよび監視テクノロジーを選択することで、お客様がビジネス分野で成功し、競争で優位に立つことができるよう支援します。
ビジネスの最終的な成功は、機械、スタッフ、プロセスの効率によって決まる生産性と利益で評価されます。 リモート監視オプションは将来の選択肢であり、ビジネスが成功に成長し、競合他社から切り離されるかどうかを決定する要素となります。
SCU-0002,0003外形
モニタリングの必然性

遠心オイルセパレ-タ-と一心同体のモニタ-システム
大半の遠心フィルターには集積しているすす/汚染物質の現在の量を監視するシステムがありません。「モニタリング:(英)monitoring」とは「観察する」ことを意味しますが問題の早期発見や現状確認に欠かせません。遠心分離機の正常動作の確認には、例えば以下の確認項目は大切です。
・定期洗浄までの設定期間内で遠心分離機が最適動作しているでしょうか?
・ユニットが満杯でオイルをろ過できなくなっていませんか?
・効率的なろ過に必要な高速回転していますか?
適切なメンテナンスと工数削減にも監視システム常設は必須です!。
汚染と煤除去の最適化: IOW MP200 対 Glacier GF200 遠心フィルター
お客様は、以前は 2つの Glacier GF200-12 遠心オイル フィルターに依存していた Wartsila Nohab WN25 16V25(ワルチラ ノハブ)船舶用ディーゼル エンジンからの汚染と煤の除去を強化したいと考えていました。 より効果的なソリューションを評価するために、お客様は Glacier GF200 遠心分離フィルターの 1つを IOW MP200 遠心オイルセパレ-タ-と交換することを選択しました。 このアプローチにより、Glacier GF200遠心分離機と IOW MP200遠心オイルセパレ-タ-を直接並べて比較することができ、両方とも同じエンジン オイル ポンプ、配管、運転時間を使用しました。 46時間のテスト実行後、両方の遠心分離フィルタ-をオフラインにして検査しました。
IOW MP200 対 Glacier GF200 遠心フィルター
ワルチラ船のディーゼルエンジンにGlacier GF200-12とIOW MP200は並列して搭載して稼働試験。IOW MP200の手前にあるのが監視システムCentriClean SCU0002リモート モニター
性能比較: Glacier GF200 対 IOW MP200
46時間の実行時間後の結果は次のとおりでした。
Glacier GF200 遠心分離機:
Glacier GF200 は約 6 mm (1/4 インチ) のスラッジケーキを収集しました。遠心分離機には遠隔監視機能がなかったため、動作中の遠心分離機の rpmを報告することができませんでした。
IOW MP200 遠心オイルセパレ-タ-:
対照的に、IOW MP200 遠心オイルセパレ-タ-は、19 mm (3/4 インチ) 以上のスラッジケーキを蓄積するという驚異的な性能を示しました。IOW遠心オイルセパレ-タ-を際立たせているのは、標準でのリモート監視です (CentriClean SCU0002リモート モニターによって提供されます)。 動作中に 6,048 rpmを表示しました。
IOW MP200 対 Glacier GF200 遠心フィルター
IOWグループの革新的な遠心式オイルフィルター
テスト結果は、IOW グループの遠心オイルセパレ-タ-の優れた利点を明確に示しています。 Glacier GF200 遠心分離機を IOW MP200 遠心オイルセパレ-タ-に置き換えるだけで、汚染物質除去率は 216.6% 上昇しました。 この分離効率の大幅な向上は、最適な結果を提供し、ライフサイクル コストを削減するという IOW グループの取り組みの証です。 遠心式オイルフィルターに関しては、IOWグループはイノベーションの最前線に立っており、ワルチラの並列エンジン テストにより、IOW グループ MP200遠心オイルセパレ-タ-が Glacier GF200遠心分離機よりも優れた性能を示していることが確認されました。
モニタ-システムは「見える化」に必須
上記の試験でも明らかなとおり、監視システム抜きでは現在の汚染物質集積状況の見える化導入は困難です。いわば盲人が盲人を案内するようなもので二人とも穴に転がり込んでしまいます。「見える化」の目的の一つに「業務プロセスを見える化してムダを改善する」こと、とあります。これにより作業の効率化を達成する大きな助けになります。
適切な保守と機械の寿命延長のためにIOW遠心オイルセパレ-タ-と監視システムは、まさに 一心同体のシステムです。

SCU 0002
SCU 0002 Modbusコントロールパネル
SCU 0002 は、遠心オイルセパレ-タ-の性能を監視するように設計されています。 通常の動作中は、遠心オイルセパレ-タ-の現在の運転速度を継続的に表示し、稼働時間を監視します。
動作中、遠心分離機のボウルは油を処理しており、スラッジケーキが蓄積するにつれて、遠心オイルセパレ-タ-の速度は徐々に低下し始めます。
この速度がアラーム レベルに低下するか、実行時間数に達すると、どちらか早い方で SCU 0002 ディスプレイにアラーム メッセージが表示されます。また、Modbus経由で接続されている場合は、このアラームをリモートで表示することもできます。
・特徴
  • Modbus経由で接続して既存システムと連携(RS485)
  • アラーム速度設定
  • 最適な動作速度設定
  • 現在の速度を継続的に表示
  • データとエラー/サービスアラームはModbus経由でリモートから確認可能
  • 電源:DC12 ~ 24V、1A
  • ケーブル長:標準(1m)、2m、3m(ご要望により他の寸法も可能)
搭載例
天然ガスプラントフェリ-船
SCU-0002外形
SCU 0003
SCU 0003 Bluetooth®コントロール・パネル
SCU 0003 は、Bluetooth® 経由でスマートフォンやタブレットなどの携帯デバイス上のデータにアクセスしたいオペレーターに最適です。専用のCentriCleanアプリが用意されていて遠心オイルセパレ-タ-の性能を監視するように設計されています。通常の動作中は、遠心オイルセパレ-タ-の現在の運転速度を継続的に表示し、稼働時間を監視します。
CentriCleanアプリを使用すると、ユーザーは SCU 0003 制御の遠心オイルセパレーターにリモートで接続できるため、保守が必要な場合を除き、ユニットに直接アクセスする必要はありません。
ユーザーにとってCentriCleanアプリは使いやすく、任意の台数のSCU 0003で制御されている遠心オイルセパレーターにリンクできるため、個々のセパレーターを物理的に確認する必要がなく、データの設定、制御、ログ記録が簡単に行えます。
  • Bluetooth®経由で接続する
  • 速度設定
  • サービス要件を確認
  • ログデータ
  • 複数のユニットに接続する
  • 特定のユニットに名前を付けてメモを保存します
  • スペアパーツを注文する
  • 電源:DC12 ~ 24V、1A
搭載例
輸送トラック油圧ショベル
SCU-0003外形
通信方式
SCU通信方式
IOW遠心オイルセパレ-タ-の性能を監視するために設計された遠隔監ユニットSCUには型式によりそれぞれ以下の通信方式を採用しています。
監視システムのメリット
Modbus(モドバス)プロトコル(通信規約):有線方式
SCU 0002コントロール・パネルで採用されている通信方式で、アメリカのModicon Inc.により開発されたPLC(Programmable Logic Controller:主に工場機器/設備などの制御装置)用のネットワークです。
仕様は一般に公開されており、FA(Factory Automation)業界では汎用的に採用されているネットワークの一つです。シリアル通信プロトコル(1つのデータ伝送路を使い1ビットずつデータを送信する方式)でマスタ・スレーブ通信方式、つまりマスタのみが通信開始を実行することができスレーブからの応答メッセージで通信します。
参考までに1つの伝送路を用いるシリアル通信方式に対して「パラレル通信」とは複数の伝送路を使い、1度に複数のデータを送信する方式です。一度に多数のデータを送ることができる反面、複数の伝送線が必要になるため、コスト高のデメリットがあります。
1ビット(bit)とはインターネットでの情報の最小単位で1byte=8bitです。
Bluetooth®(ブルートゥース):無線方式
SCU 0003コントロール・パネルで採用されている通信方式で機器同士をワイヤレス接続で繋ぐ技術(近距離無線通信規格)のことです。機器同士が1対1で通信するので通信料金は発生しません。 身近な例では携帯電話同士で写真のやり取りなど。通常数メートルから数十メートル程度の距離の情報機器間で、電波を使い簡易な情報のやりとりを行うのに使用され出力によっては1~100mまで通信できます。
Bluetoothは文字通りには「青い歯」の意味です。デンマークの王様に由来し「乱立する無線通信規格を統合したい」との願いで命名されたとされています。
Bluetoothに類似している通信方式で近距離ワイヤレス通信で利用されるWi-Fi(ワイファイ)がありますがこれは無線LANの代表的な規格のうちの1つです。例えば、パソコンでインターネットを利用する場合などにこの接続が使われます。Bluetoothとの相違は、通信速度が速く通信距離も長くとれることなどです。
CenteiCleanアプリ

CenteiCleanアプリケ-ションとは
IOW遠心オイルセパレ-タ-MPシリーズ(090200400、および 600) は外部モニタリング機能を備えた唯一の遠心オイルセパレ-タ-です。Bluetooth対応のSCU 0003データにリモートでアクセスすることもでき、アラーム速度の設定、サービス要件の確認、 稼働状況などを手のひらで設定/監視が可能です。
CenteiCleanアプリケ-ション CenteiClean Apple store
CenteiClean Android
CenteiCleanアプリケ-ション
アプリ・ロゴストアーへスマホとのリンク
CentriCleanアプリケ-ションは、Bluetooth対応の SCU 0003 コントロール ユニットにリンクし、ユーザーが複数のIOW遠心オイルセパレ-タ-に接続できるようにします。 携帯電話またはタブレットで CentriCleanアプリケ-ションを使用してSCU 0003に接続すると、次のことができます。以下はIpad画面例です。
CenteiCleanアプリケ-ション CenteiCleanアプリケ-ション CenteiCleanアプリケ-ション
設定速度
CentriClean は、Bluetooth 対応の SCU 0003 コントロール ユニットにリンクし、ユーザーが複数の MP遠心オイルセパレ-タ-に接続できるようにします。 [速度の設定] オプションは、オイルセパレ-タ-を洗浄して再組み立てした後に使用します。 これにより、オイルセパレ-タ-が最適な性能で洗浄を必要とするときに、コントロール パネルがオペレーターに通知するようになります。
サービス要件
IOW遠心オイルセパレ-タ-の保守は非常に簡単かつ簡単です。 いくつかの標準ツール、紙とメッシュの交換を行うだけで、遠心オイルセパレ-タ-を再組み立てして運転する準備が整います。
稼働状況
遠心分離機の状態は、カバーアセンブリを開けることなくいつでも監視できます。これにより、オペレーターはセパレーターの稼働時間を確認して洗浄サイクルを計画できるため、プロセスから推測に頼る作業がなくなり、工数が節約されます。
ログデータ
オペレーターはデータロギング機能を使用して情報を照合できるため、ボタンを押すだけで重要な情報を保存し、エンジニア間で共有できます。
複数のユニットへのリンク
SCU0003 は、オペレーターが範囲内の複数のユニットに接続し、遠心分離機の現在の状況と性能を確認できるように設計されています。
CenteiCleanアプリケ-ションは複数のユニットへのリンクが可能
スペアパーツを注文する
人的ミスや誤った部品番号の可能性があるため、誤ったスペアを注文するリスクは今や過去のものになりました。 当社では、スペアパーツの注文工程がボタンを押すだけで、最小限の労力で迅速かつ簡単に行えるようにしました。
CenteiCleanアプリケ-ション CenteiCleanアプリケ-ション CenteiCleanアプリケ-ション CenteiCleanアプリケ-ション
スマホ画面
CenteiCleanアプリケ-ションスマホ画面 CenteiCleanアプリケ-ションスマホ画面 CenteiCleanアプリケ-ションスマホ画面 CenteiCleanアプリケ-ションスマホ画面

実績レポ-ト
実績レポ-ト

CAT 390F 油圧ショベル

概要
建設重機を操作するあるお客様は、CAT390F掘削機の C18 ACERTエンジンのメンテナンスと寿命を向上させるオプションの検討に興味を示されました。
エンジンオイル中の汚れ、金属粒子、その他の不純物などの汚染物質は、エンジンの性能やエンジンの寿命に悪影響を与える可能性があります。
懸念を払拭する上で、お客様はこれらの問題を軽減し、潤滑油の特性をモニターするためにIOW MP090遠心オイルセパレーターを試してみようとされました。
CAT390F

エンジン型式CAT C18 ACERT
〃 出力534 HP
〃 回転数1500 rpm
〃 油容量74 ℓ
〃  油種カストロ-ルVECTON15W-40,Ci-4
油圧578.5 kPa
燃料ディ-ゼル油
MP090設置

取り付け
事前の現場視察では、IOW MP090を設置する最適な位置を確認するために徹底的な評価が行われました。 その目的は、IOWグループのオイルセパレーターをCAT 390Fショベルのエンジンに途切れなく統合し、エンジンの潤滑油配管にフィルターシステムの供給回路を接続することでした。 これにより、遠心分離機へのオイルのスムーズで一貫した流れが保証され、効果的なろ過が可能になります。IOWグループ遠心分離機の標準機能としてリモート監視機能は、キャビン内に取り付けられたBluetoothコントロールパネルを介してシームレスに統合されました。 こうしてオペレーターはエンジンの使用中に遠心分離機の性能を簡単に監視し、エンジンが最適に作動していることを確認し、サービス/クリーニングが必要な場合に通知を受けることができるようになります。
CAT390F
導入結果
最初の700時間の稼働時間の後、IOW MP090は整備を受け、いくつかの観察が行われました。
  • 平均回転数:5800
  • スラッジケーキの厚さ:11mm
  • 汚染物質の総量:475g
この試験は、新しく交換されたエンジンオイルで実施され、MP090がエンジン全体に循環する有害な微粒子をいかに効率的に除去するかを示しました。
オイル分析を通じて、エンジンの状態を把握することができました。その結果、クランクシャフトオイルが酸化していることが示されましたが、これはおそらく現場での作業と過酷な環境条件が原因です。しかし、IOW遠心オイルセパレーターを設置することで、お客様は次のメリットを得ました。
  • 持続的な潤滑特性:遠心分離機は一貫してオイル潤滑特性を維持し、酸化やすすの蓄積による有害な影響を軽減します。
  • 汚染物質の除去:エンジン内で形成された廃棄物を効率的に除去し、エンジンの全体的な性能と寿命を保護します。
  • 金属粒子の除去:遠心分離機は、オイル内に浮遊する金属粒子を除去するのに効果的で、エンジンの保護をさらに強化します。
汚染物質の総量:475g スラッジ 固形汚染物質 スラッジケーキの厚さ:11mm

結論
IOW MP090は、エンジンの潤滑油の最適な特性を一貫して維持し、それによってオイルの運転寿命を延ばし、エンジン寿命を延長致しました。
これらの利点の結果として、お客様は大幅なコスト削減を達成できます。
  • オイル交換間隔の延長
  • メンテナンスコストの削減
  • エンジン効率の向上
MP090の設置は、財務効率を保証するだけでなく、エンジンの信頼性と効率的な動作にも貢献し、費用対効果の高い持続可能な方法でお客様の目的を達成します。
お客様は大幅なコスト削減を達成

輸送トラック

背景
この2015Kenworth W900Lトラックのオーナーは、CAT 3406 エンジンに供給される潤滑油の品質を向上させたいと考えていました。 効果的な遠心分離フィルターを取り付けることにより、エンジン部品の摩耗を軽減する基準まで潤滑油を浄化することができます。オイル交換は15,000マイル(≒24,140km)走行後に実施されました。エンジン摩耗を減らすことは、このエンジンの寿命と性能を最大限に引き出すことになります。定期的なオイル分析によってすぐに良い結果を得ることができました!
概要
場所アメリカ
業種トラック運送業
エンジン型式CAT 3406
〃  油種15W-40
油圧70 PSI (4.8 Bar)
燃料ディ-ゼル油
搭載モデルIOW MP090 遠心分離フィルター
CentriClean SCU0003モニタリングユニット

輸送トラック
IOW MP090 遠心オイルセパレーターと CentriClean リモート監視ユニットが Kenworth トラックに設置されました
設置
2015 Kenworth W900L トラックには、加圧ドレン・システム (PDS)を備えたIOW MP090遠心分離フィルターが必要でした。 PDSへの給気圧は35 PSI (2.4 Bar) に設定されました。 枠のレールにしっかりと取り付けられ、入口/出口ホースも可動部分を避けるためにしっかりと固定されていました。 IOW 遠心分離機は、この種の製品の中でリモート監視ユニットの選択肢を提供する唯一の製品です。 これらの分離器制御ユニット (SCU) は遠心分離機と連携して、ろ過性能を向上させるための独自の制御と洞察を提供します。 この CAT3406 エンジンの取り付けでは、ドライバーは CentriClean SCU0003モデルを選択しました。 CentriClean SCU0003 は Bluetooth 経由で遠心分離機フィルターに接続し、CentriCleanアプリ (Android および Apple端末で利用可能) 内にライブデータを情報配信します。 遠隔監視ユニットはこのトラックの運転室内に設置されているので、ドライバーは遠心分離機の性能監視が容易です。 CentriCleanアプリ内のライブデータ、アラーム、マニュアルは、常に忙しく、すぐに情報が必要なトラック運転手にとって完璧な製品です。 CentriClean SCU0003 ユニットのおかげで、IOW MP090 遠心分離機の回転数がトラック運転手に提供されます。 設置時、IOW MP090 遠心分離フィルターは 60 PSI (4.1 Bar) の圧力で、4,494 RPM で回転していました。 70 PSI 圧力 (4.8 Bar) で、IOW MP090 遠心分離フィルターが 回転数6,0006回転が記録されました。
輸送トラック IOW MP090 遠心分離フィルターはフレーム レール に取り付けられました。
加圧ドレン・システム (PDS) リターンに取り付けられました。 輸送トラック
結果
オイルサンプルの分析は、IOW遠心オイルセパレーターの性能結果を測定する上で重要です。 このドライバーは潤滑油の清浄度の向上に熱心で、科学的データを確認できるように 3か月にわたるオイル分析を手配しました。 エンジン オイル内の汚染物質レベルは、ISO 清浄度コードを使用して測定および表示されます。 ISO 清浄度コードは、国際規格ISO 4406:2017に基づいています。 ISO コードでは、3組の区切られた数字が表示されます。 これらのコードを定期的に確認すると、オイルの状態を示す良い指標が得られ、これらの改善が機械にどのような影響を与えるかを計算するのにも役立ちます。
このCAT 3406への設置では、初期 ISO清浄度コードは「21/18/12」でした。 3か月後、新しい ISO 清浄度コード「19/17/12」によるIOW MP090 の使用で、オイルの清浄度は劇的に向上しました。 この違いが以下のグラフから確認できます。
輸送トラック
この設置では、ISO 清浄度コードが 21/18/12 から 19/17/12 に改善され、機械の寿命が延長されました。
お客様の声
お客様の主な焦点はオイルの清浄度であったため、ドライバーは結果に非常に満足していました。 ISO清浄度コードの改善により、CAT 3406 エンジン部品が潤滑油に含まれる汚染物質による過度の摩耗から保護されるようになりました。 その結果、このCAT 3406 エンジンに必要なメンテナンスが軽減されます。 CentriClean SCU0003 のおかげで、ドライバーは遠心分離機フィルターの性能を確認でき、オイルが最高水準で濾過されていることを確信できます。 これにより、情報が手のひらですぐに入手できるため、フィルターの保守が必要かどうかの調査に費やす工数が削減されます。
輸送トラック
結論
ISO清浄度コードを改善することにより、CAT 3406 エンジンの寿命は1.5倍に延長されます。
潤滑油分析により、ISO 清浄度コードが 21/18/12 から 19/17/12 に改善されたことが示されました。これは素晴らしいことです。 これらのコードはトラックに関して何を意味するのでしょうか? ISO 清浄度コードを Noria 機械寿命延長計算ツールに入力すると、エンジン寿命が1.5倍延長したことがわかりました。 IOW MP090遠心オイルセパレーターに投資することで、このドライバーは最も貴重な資産の将来を守りました。 総所有コスト (TCO) が削減され、エンジンの信頼性が50%向上します。
このIOWグループのお客様にとって、もうひとつの素晴らしい結果が生まれました。IOWグル-プは、このドライバーのエンジンがよりスムーズに、より長く動くようにお手伝いできたことを嬉しく思っています!
IOW MP090遠心オイルセパレーター及び監視ユニットの導入メリット
  • リアルタイムのオイル清浄度が手元で確認できる
  • オイルの清浄度向上
  • メンテナンスコスト削減
  • エンジン寿命延長
  • エンジンの信頼性向上

輸送トラック2

輸送トラックカミンズ ISX シリーズ
背景
Cummins Inc は、ディーゼルおよび代替燃料エンジン、発電機、および関連技術の設計、製造、販売を専門とするアメリカの多国籍企業です。 カミンズ ISX シリーズは 2001 年に初めてデビューし、カミンズ ISX 15 は北米で最も人気のある大型エンジンのモデルの 1つです。 このエンジンは優れた燃費を実現しながらも、非常に優れた馬力を発揮します。 カミンズ ISX 15 エンジンは 400 ~ 600 馬力の定格を誇り、性能と耐久性を最大限に高めるように製造されています。 カミンズ ISX シリーズのエンジンは、さまざまなニーズに高度に適応できるため、ドライバーや車両管理者の間で人気があります。
カミンズ ISX 15 エンジン IOW MP090 遠心オイルセパレーター
カミンズ ISX 15 エンジンを搭載したケンワースのトラックには、CentriClean SCU0003 リモート モニターと並んで IOW MP090 遠心オイルセパレーターが設置されていました。
設置
米国の 2017年型ケンワース トラックのドライバーは、カミンズ ISX 15 エンジンのエンジン オイルの濾過を改善したいと考えていました。 トラック運転手は、エンジンオイルは15W-40に 燃料添加剤「Max Mileage Fuel Borne Catalyst」を使用しています。 オイルから汚染物質を最大限に除去することは、エンジンがより長くスムーズに動作することを意味します。このカミンズ ISX 15 の油圧は、時速105㎞/時( 65 マイル)で 0.29MPa(42 PSI,2.9 Bar) です。 CentriClean アプリは 5,118 rpm を示しています。IOW MP090 遠心オイルセパレーターと CentriClean SCU0003 モニタリング ユニットは、この Cummins ISX 15 に最適です。ドライバーをインストールすると、Bluetooth経由でCentriCleanアプリに接続します。 これは CentriClean SCU0003 モニタリング ユニットにリンクし、遠心オイルセパレーターの実行状態に関するライブデータを提供します。 CentriClean アプリは、rpm情報、稼働時間を提供し、遠心オイルセパレーターの時間や性能に基づいてアラームをスケジュールする機能を備えています。 ドライバーは、アプリを通じてマニュアルにアクセスしたり、交換部品を注文したりすることもでき、すべてスマートフォンやタブレットから簡単に利用できるようになります。
輸送トラックへのオイルセパレーター設置 輸送トラックへのオイルセパレーター設置 輸送トラックへのオイルセパレーター設置 アプリのスマートフォン画面
結果
28,968km(18,000マイル)走行後、IOW MP090遠心オイルセパレーターを取り外し、セパレーターのボウル外側壁にどれだけのスラッジケーキが集まっているかを確認しました。 煤と汚染物質の厚さは 32 mm (1/8 インチ) でした。 これを取り外し、新しい挿入紙を取り付けました。トラックの運転手は、IOW MP090 遠心オイルセパレーターを整備する前に、さらに 112,654km(70,000 マイル)運転を続けました。 この期間の後、IOW MP090 遠心オイルセパレーターは 113.4 グラム (4 オンス) の有害な汚染物質を除去しました。これらの研磨粒子を除去するということは、トラック運転手が最大の投資であるトラックのエンジンの将来を守ることを意味します。 メンテナンスの必要性が軽減され、エンジン効率が向上し、総所有コスト (TCO) が削減されます。
輸送トラックへのセパレ-タ-設置結果 集積されたすす 集積されたすす セパレ-タ-内部

輸送トラック3

輸送トラック・デトロイト60シリーズ・エンジン
背景
デトロイト・60シリーズ・エンジンは、1987年に生産が開始された4ストロークディーゼルエンジンです。1992年以来、このエンジンは北米で最も人気のある高速道路用の大型ディーゼルエンジンで、製造以来120万台以上を販売しています。完全に統合された電子制御を備えた最初のデトロイト・エンジンでした。DDEC(デトロイト・ディーゼル・電子制御・システム)により、オーナーはエンジントラブルのトラブルシューティング、シャットダウン・タイマー、負荷故障履歴、エンストの防止が可能になります。また、燃料節約機能により非常に人気のあるクルーズ コントロール機能も含まれています。 DDECシステムの操作は簡単で、診断結果はドライバーに表示されます。
輸送トラック・デトロイト シリーズ 60 エンジン IOW MP090 遠心オイルセパレーター
設置
あるトラック運転手が、デトロイト60シリーズ・エンジンに供給するエンジンオイルの品質を改善したいと考えていました。このエンジンは、Chevron Delo (シェブロン デロ)400 SAE 15W-40 潤滑油を使用する1994年のコンテナ車に搭載されました。 このトラックの濾過システムをアップグレードすることで、より多くの有害な汚染物質が除去され、潤滑油の改善ができます。さらに、このエンジンはメンテナンスコストの削減と信頼性向上の恩恵を受けることになります。 デトロイト60シリーズ・エンジンに適した IOW遠心オイルセパレ-タ-モデルは、CentriCleanSCU0003リモート モニター (セパレーター コントロール ユニット) を備えたIOW MP090遠心オイルセパレーターです。IOW MP090セパレ-タ-は、コンテナ車の既存の架台に簡単に取り付けられました。 CentriClean SCU0003コントロール・パネルは、モバイル・デバイス・ユーザーを念頭に設計されているので、常に移動するトラック運転手に最適です。Bluetoothを使用してドライバーはCentriCleanアプリに接続して遠心オイルセパレーター・プロファイルを設定し、そこでリアルタイム・データを取得して IOW MP090遠心オイルセパレーターの性能を測定します。
輸送トラック・デトロイト60シリーズ・エンジン
結果
IOW MP090遠心オイルセパレ-タ-が取り付けられると、ドライバーは仕事を続けました。このコンテナ車が商品やサービスを届けるために高速道路を上り下りすると、IOW MP090 遠心オイルセパレ-タ-がエンジン オイルから汚染物質を除去し始めました。19,312km(12,000マイル)走行した後、整備のためにIOW遠心オイルセパレ-タ-を取り外しました。遠心オイルセパレ-タ-のボウルの外側の壁に集まった汚染物質を除去したところ、重さは227グラム (8 オンス) でした。
運転手は通常通り運転を続け、さらに20,117km(12,500マイル)を運転した。IOW MP090 遠心オイルセパレ-タ-は、最初の19,312km(12,000マイル)の走行時よりもさらに多くの有害な汚染物質を除去していました。回収されたすすの重さはなんと,414グラム (14.6 オンス) でした。これは350時間の走行で得られたもので、1時間あたり1.19グラムの汚れ除去率に相当します。
IOW シリーズの遠心オイルセパレ-タ-は、現在市販されている他のどの製品よりも15~30%速く回転します。発生した遠心力の増加により、スラッジケーキはボウルの外壁に押し付けられ、硬い殻に固まります。この設置は、以下の写真に見られるように、この増大した力と圧力の完璧な例でした。 この硬化スラッジ枠は、IOW MP090遠心オイルセパレ-タ-が403時間にわたって24,105km(14,978マイル)走行後に形成されました。
IOW MP090オイルセパレ-タ-を使用していなかったなら、潤滑油内の有害な粒子がこのデトロイト60シリーズ・エンジンに相当の摩耗や損傷を与えていたでしょう。このトラック運転手は優れたIOW遠心オイルセパレ-タ-を取り付けたことで、メンテナンス費用を削減し、エンジンの寿命を延ばすことができました。
輸送トラック・デトロイト シリーズ 60 エンジン

船内の汚染

船内の汚染 - 遠心分離機の調査
潤滑油に含まれる汚染物質がエンジンとその構成部品にダメージを与えることは周知の事実です。これらの微粒子は、エンジン寿命に壊滅的な影響を与えます。微粒子は、新品のエンジンオイルにもすでに含まれていることが多く、保管方法が悪いと汚染に拍車をかけます。さまざまな環境要因によって、これらの微粒子はエンジンや潤滑システムに入り込みます。問題は、どうすればこれらの破壊的な影響からエンジンを保護できるかということです。
船内の汚染
船舶エンジンは長年にわたり、有害な粒子から保護するために遠心分離機を使用して潤滑油を濾過してきました。
外航船での潤滑油の課題
外航船では大量の潤滑油が使用されており、レシプロエンジンのスムーズな動作にはこの油の洗浄が最も重要です。 より効率的、より信頼性が高く、より生産性が高く、より環境に優しく、またより少ない資源を利用するというプレッシャーがこれまで以上に高まっている現在、多くの組織が潤滑プログラムてメンテナンスに基づく節約を実現し、オイル消費量を削減しています。 これを行うには、遠心分離機を使用するのが最善の方法です。
IOW遠心オイルセパレ-タ-の有効性
オイル遠心分離フィルターは、海事産業において鉱油をろ過するために長い間使用されてきました。遠心オイルセパレーターは、汚染物質を除去する最も効率的な方法と見なされています。IOW遠心オイルセパレーターは、煤煙粒子をボウル内の挿入された用紙に収集します。用紙は清掃時に簡単に取り外せる唯一の消耗品です。IOW遠心オイルセパレ-タ-は、高価な交換用フィルターを購入する必要がないので経済的な選択となります。
IOW遠心オイルセパレ-タ-の有効性
外航船での事例
この特別な事例では、お客様は、IOW遠心オイルセパレーターが自社のコンテナ船にどのようなメリットをもたらすかを是非知りたいとIOWグル-プに熱心な問い合わせがありました。
この船舶の潤滑油システム容量は1100リットルです。 新しいIOW 遠心分離機フィルター技術により、オイル交換間隔が延長され、オイル消費量が削減され、その結果、このお客様は大幅な節約を実現できました。
従来の遠心分離機とは異なり、IOW遠心オイルセパレーター・シリーズは、特許で保護された新しい機能を備えた新しく設計された遠心分離機フィルターです。きれいな油と汚れた油の2次汚染ーいわゆる相互汚染を回避するように改良されており、より大きな表面積を生み出して分離効率を高めるボウルディスク技術が搭載されています。さらに、この種の製品としては唯一の遠隔監視セパレータ制御ユニットの選択肢を提供しています。 これらの要素は、組織と社内のエンジニアリングチームに多くの利点をもたらします。
この顧客は、これまで競合ブランドの古い遠心分離機技術を使用していましたが、新しい遠心分離機フィルター技術の改修に熱心でした。このMAN 9L21/31エンジンにはIOW MP600オイルセパレ-タ-と CentriCleanリモートモニタリング ユニットが最適であると判断されました。 既存の配管に後付けできるように設計されているため、アップグレードは簡単で、すぐに素晴らしい結果が得られました。
CentriCleanリモートモニタリング ユニット
導入結果
IOW MP600 遠心オイルセパレーターを使用することで、顧客は除去するスラッジの量を増やすことができました。 わずか136時間の運転時間で、古い遠心分離機の 2.5kg から、新しく設置された IOW遠心オイルセパレーターの6kg という驚くべき重量にまで成長しました。
IOW MP600遠心分オイルセパレーターからの煤の収集レベルが増加したため除去された汚れには何が含まれているのかという疑問が生じました。
油サンプルが採取され、IOW 遠心分離機フィルター内に集められた余分なスラッジケーキに何が含まれているかを調べる調査が始まりました。 効果的な濾過により、潤滑油は継続使用に適しており、粒子レベルが低いことが判明しました。すべて IOW 遠心オイルセパレーターのおかげです。
除去されたスラッジ成分の脅威
IOW 遠心オイルセパレーターによって除去されたすすは、長期的には非常に有害であり、コストがかかる可能性がありました。 潤滑油の分析と遠心オイルセパレーターのスラッジケーキのテストでは、高レベルのアスファルテンが示されました。
アスファルテンは原油中に天然に存在します。 これらは大きく、複雑で重い炭素分子であり、業界で最も一般的な汚染物質の1つであり、数百または数千の不溶性化学種(insoluble chemical species)が含まれています。
IOW遠心オイルセパレ-タ-の有効性 IOW遠心オイルセパレ-タ-の有効性 IOW遠心オイルセパレ-タ-の有効性
アスファルテンは、エンジンの腐食と汚れに関して特に問題があり、これらの堆積物はプロセスの非効率を引き起こし、装置を急速に劣化させ、その結果、メンテナンス費用の増加と生産レベルの低下を引き起こします。 これらの粒子が装置内に堆積するのを防ぐには、粒子を効率的に除去する必要があります。
IOW MP600遠心オイルセパレーターは、有害な汚染物質を浮き彫りにして封じ込めることに成功し、さらなる損傷を回避しました。オイルセパレーターに集められたスラッジを調査することで、エンジニアは問題の原因を正確に診断し特定することができました。 この介入がなければ、大量の微粒子により将来的にエンジンの磨耗、メンテナンス、オーバーホールのコストが増加したでしょう。
IOW遠心オイルセパレ-タ-の利点
IOW グループは、IOW 遠心オイルセパレーターを使用してこのアスファルテンの侵入を解決し、この船舶の信頼性、生産性、効率を最適化することに喜んで協力しました。 このお客様は、古い遠心分離機フィルター技術を廃止し、IOW 遠心オイルセパレーターへのアップグレードを選択することで、エンジンと潤滑油の寿命を延長できました。
MAN 9L21/31 エンジン搭載の外航船

フェリー船

背景
レッド・ファンネル(Red Funnel)は英国で数隻の船舶を運航する地元のフェリーサービスで、車と乗客を風光明媚なワイト島(the Isle of Wight)からタイタニック号の出航港としても有名な南部の都市サウサンプトン市(Southampton)まで運んでいます。 お客様は、Wartsila(バルチラ)推進エンジンのドライサンプ※を洗浄するための濾過システムを探していました。効果的な濾過を可能にする適切なオイル粘度を維持するには、遠心分離機のフィルターとポンプを少なくとも 60°C (140°F) で稼働させる必要があります。 この情報をもとに、IOW MP200遠心オイルセパレーターがこの作業に最適なモデルであると判断しました。
※ドライサンプ(Dry Sump)
レシプロ式内燃機関の潤滑方式の一種,複雑な構造が特徴。放熱の影響を受けにくいためエンジンオイルの劣化が緩やかと言われています。
概要
船舶名称レッド・ファンネル(Red Funnel)
業種 海洋
エンジン型式Wartsila(バルチラ) 8 FHD 240-G
〃 出力2105 HP
〃 回転数1000 rpm
〃  油種SAE 40 Castrol
油圧6.5 bar (94.2 psi)
ワイト島から
サウサンプトン市へ
ワイト島
ワイト島からサウサンプトン市へ

レッド・ファンネル(Red Funnel)とIOW MP200
搭載モデル: IOW MP200遠心オイルセパレーター& CentriClean SCU0002リモートモニター
取り付け
バルチラエンジンは低圧で動作するため、キドニー・ループ・システムを配置しました。 IOW Magnaline 三軸スクリュー ポンプを使用してIOW MP200遠心オイルセパレーターを駆動し、CentriClean SCU0002を使用して性能を測定しました。 より高い圧力での運転は、潤滑油からの汚染物質のより迅速かつ効率的な分離を意味します。遠心フィルターは、三軸スクリューポンプ、遠心フィルター、および配管に十分なスペースを確保するために、前方エンジンのメインサンプタンクの上部に取り付けられました。 最低分離温度を 60°C (140°F) に維持するために、サーモスタット制御パネルが設置されました。 一定の温度に達すると三軸スクリューポンプが始動するようにサーモスタット制御が取り付けられました。 IOW シリーズは、さまざまな業界標準の取り付けやフィッティングに後付けできるように設計されているため、設置はシンプルかつ簡単でした。 インストールするとすぐに、素晴らしい結果が現れ始めました。IOW シリーズの遠心分離機のユニークな機能は特許で保護されています。 ボウルディスク技術、遠隔監視、IOW 遠心フィルターの特徴的な設計機能を組み合わせることで、IOW 遠心フィルターの効率が現在市販されている他の製品より150% 向上します。
取り付け
レッド・ファンネル フェリー MV Red Falcon に搭載する場合、前方エンジンのメイン サンプ タンクの上部に設置できるように独自の濾過設定が設計されました。
結果
60°C (140°F) で、CentriClean SCU0002 モニタリング ユニットは、IOW MP200遠心オイルセパレーターが 6,200 RPM で回転していることを表示しました。遠心分離機の回転が高くなると、遠心力も大きくなります。遠心力が大きくなると、分離プロセスがより速く、より効率的になります。IOW MP200遠心オイルセパレーターは、561運転時間後に整備されました。 IOW遠心分離機から取り出されたスラッジケーキの厚さは 1.2cm、重さはなんと861グラムでした。 これは、1時間あたり1.54グラムの汚れ除去速度に相当します。さらに 182時間運転した後、スラッジケーキを取り出して計量したところ、291グラムでした。 遠心分離機によって発生する大きな遠心力により、スラッジケーキはボウルの外壁に押し付けられて固くなり、簡単に外に出てくることがよくあります。 これにより、IOW 遠心フィルターの取り外しと保守が簡単になります。
サービスプロセスの詳細については、次をご覧ください。
レッド・ファンネルは、フェリー上で IOW MP200 遠心分離機フィルターを稼働し続け、IOW MP200 遠心分離機が引き抜き続ける汚染物質の量に感銘を受けました。
取り付け
561 時間の稼働後、IOW MP200遠心オイルセパレーターは 861 グラムという驚異的なスラッジケーキを取り出しました。
取り付け
さらに 182 時間運転した後、IOW MP200遠心オイルセパレーターは 291グラムの汚染物質を除去致しました。
お客様の声
レッド・ファンネルは、IOW MP200遠心オイルセパレーターの性能に非常に満足していました。 さらにお客様は、必要とする正確な設定のためにIOW社が提供できるレベルのサポートと専門知識に非常に満足していました。 この設置以来、レッド・ファンネルは濾過プロセスを見直し、カーフェリーや高速双胴船サービスに複数の IOW 遠心分離機を設置しました。
取り付け
IOW MP200 遠心分離機は、レッド・ファルコンの潤滑油から大量の汚染物質を除去しました。
結論
IOW MP200 遠心分離機は非常に優れた性能を発揮したため、比較的きれいな MGOと低い油温度でも、驚くほどの量の汚れが油から取り出されました。 これらの試験後の濾過プロセスを検討する過程で、レッド・ファンネルは姉妹船およびその他の種類の船舶に、IOW遠心分離機を設置することを決定しました。

コンテナ船

背景
CMA CGM社は、自社コンテナ船「ANLワンガラッタ(ANL Wangaratta)」のコスト効率を節約したいと考え、IOWグループに相談を持ちかけました。CMA CGM社は、5barの圧力で作動し、オイル量が1100 リットルの MAN 9L21/31エンジンを搭載していました。 CMA CGM社にとって最適なモデルはIOW MP600遠心オイルセパレーターであると判断されました。 ろ過システムをIOW 遠心分離機にアップグレードすることを選択したことで、現在利用可能な最高のろ過技術を選択し、多くの長期的なメリットを得ることができました。 結果は期待を裏切りませんでした。IOW MP600遠心オイルセパレーターは既存機種よりも2.5倍以上の量の汚染物質を除去し、この設置からいくつかの驚くべき結果が得られました。
CMA CGM 自社コンテナ船「ANL ワンガラッタ」
概要
船舶名称ANLワンガラッタ(ANL Wangaratta)
業種海洋コンテナ輸送
エンジン型式MAN 9L21/31
〃 油容量1,100 ℓ
油圧5 bar(0.5 MPa)
燃料ディ-ゼル油
取り付け
IOW遠心オイルセパレーターはすべて、既存の配管に後付けできるように設計されており、濾過システムのアップグレードが非常に簡単になります。 この設置では、IOW MP600遠心オイルセパレーターが、MAN 9L21/31エンジンで標準装備されている既存の遠心分離機フィルター・ブラケットに取り付けられました。 遠心分離機を IOW MP600遠心オイルセパレーターに交換するのは、迅速かつ簡単なプロセスでした。 取付されるとすぐに、素晴らしい結果が現れ始めました。 ボウルディスク技術、遠隔モニタリング、IOW遠心オイルセパレーターのユニークな設計機能の組み合わせにより、巨大な遠心力が生み出され、お客様に素晴らしい結果が得られます。 これらの機能は特許で保護されており、IOWグループを通じてのみ利用できるため、現在入手可能な他の製品よりも効率が150% 向上します。
IOW MP600取り付け
結果
136時間の稼働後、IOW MP600 遠心分離フィルターは潤滑油から 6kgもの大量のスラッジを除去しました。 これは、古いろ過技術が除去できる量の2.5倍の汚染物質を除去したことになります。 以前の古い遠心分離機フィルターでは、同じ期間で2.5kg のスラッジしか収集できませんでした。
IOW MP600遠心オイルセパレーターには、遠心分離機が 4530 RPMで回転していることを示すリモート監視ユニット (SCU:セパレーター コントロール ユニット)が取り付けられていました。 ボウルの速度が速いほど、分離プロセスはより効果的になります。 IOW遠心オイルセパレーターは、他の市場リーダーよりも 15~30% 速く回転し、オイルからより多くの有害な粒子を引き出すのに役立ちます。 IOW遠心オイルセパレーター・シリーズは世界で唯一の自己監視型遠心分離機フィルターであるため、古い遠心分離機ブランドの性能を測定することはできませんでした。IOWグループが提供する監視ユニット (SCU)機能の異なる2つのモデルがあります。 ただし、性能を測定、記録、監視することでどちらも同じ利点があり、遠心オイルセパレーターが最適に動作していることを確認し、それに応じてメンテナンスを計画し、性能の変化を調査できます。
既存のディスク無遠心分離機 矢印 新設計のIOW有ディスク遠心分離機
既存のディスク無遠心分離機新設計のIOW有ディスク遠心分離機
お客様の声
CMA と ANLワンガラッタの乗組員は、IOW遠心オイルセパレーターがもたらした結果に満足し、感銘を受けました。 同じ期間内に2.5倍以上の汚泥を収集し、全体の効率が140%向上しました。 ここで問題となるのは...これまで濾過されなかったこのすすには何が含まれているのかということでした。この問題に対する唯一の解決策は、除去された汚染物質のオイル分析を実施して、その成分を調べることでした。 また、効果的な濾過により、潤滑油は継続使用に適しており、粒子レベルが低いことも判明しました。これはすべてIOW遠心オイルセパレーターのおかげです。
結論
ボウルディスク遠心分離機汚泥汚染物質 IOW グループの遠心分離機フィルター内のボウルディスクは、より細かい分離を支援します。 アスファルテンは、エンジンの腐食と汚れに関して特に問題があり、これらの堆積物はプロセスの非効率を引き起こし、装置を急速に劣化させ、その結果、メンテナンス費用の増加と生産レベルの低下を引き起こします。 これらの粒子が装置内に堆積するのを防ぐには、粒子を効率的に除去する必要があります。 IOW MP600遠心分離機フィルターは、有害な汚染物質を浮き彫りにして封じ込めることに成功し、さらなる損傷を回避しました。 遠心分離機に集められたスラッジの調査を通じて、エンジニアは問題の原因を正確に診断し特定することができました。 この介入がなければ、大量の微粒子により将来的にエンジンの磨耗、メンテナンス、オーバーホールのコストが増加したでしょう。 IOW グループは、IOW 遠心分離機フィルターを使用して、このアスファルテンの侵入を解決し、この船舶の信頼性、生産性、効率を最適化することに喜んで協力しました。 CMAは、古い遠心分離技術を廃止し、IOW遠心オイルセパレーターへのアップグレードを選択することで、エンジンと潤滑油の寿命を延ばしました。
IOW MP600遠心オイルセパレーター導入メリット
  • アスファルテン侵入を削減
  • エンジン度の磨耗防止
  • オイルの品質が向上
  • メンテナンス工数の削減
  • 船舶の生産性・効率・信頼性向上

MAN船舶用エンジン

背景
MAN船舶用エンジンは、驚くほど経済的な燃料消費量と強力な加速を実現します。 1897年に最初のディーゼルエンジンを開発した MAN社は、有名で信頼できるエンジンメーカーです。 MANエンジンは、堅牢でありながらコンパクトなエンジンで、さまざまな業界で使用されています。 MAN L21/31 エンジンは、重油 (HFO) で作動する信頼性の高い動力源で、設計はコンパクトで剛性が高く、高い安全性を備えています。しかもオーバーホール間隔が長く、船舶の推進装置や発電機セットによく使用されます。 このエンジンの速度は 1000 r/min、出力は 1290 ~ 1935 kW をカバーし、最小オイル消費量は 192g/kWh です。こうした理由はMAN 9L21/31 エンジンは優れた出力を備え、経済的なエンジンの選択肢です。
ANL Wyong コンテナ船
概要
船舶名称MV ANL WYONG
業種海洋コンテナ輸送
エンジン型式MAN 9L21/31
〃 油容量1,100 ℓ
油圧5 bar(72.5 PSI)
燃料重油 (HFO RMK 500)
設置
CMA CGM社は、一部の船舶に搭載されている潤滑システムの清浄度と効率を向上させるために当社と協力してきました。 コンテナ船 (ANL WYONG) には、元のエンジン付属の遠心バイパス フィルターが取り付けられており、バイパス石油遠心分離機をアップグレードしたいと考えていました。 エンジンの購入時に標準装備されているフィルターやアプリケーションは、エンジンを保護するのに最適ではありません。 標準のOEM供給の遠心バイパス フィルターを優れた製品と交換することを選択すると、機械の全体的な状態に大きな影響を与える可能性があります。
この船舶には、HFO RMK 500 (重油) を燃料とする MAN B&W 9L21/31 エンジンが搭載されており、5barの圧力 (72.5 PSI) で作動します。 MAN 9L21/31 エンジンオイル容量は 1,100 リットル (242 ガロン) で、CMA CGM は潤滑に Total Aurelia T1 4030 エンジン オイルを使用します。
エンジンに関するこうした情報を知っていたので、IOW MP600遠心オイルセパレーターを提案することができました。IOW遠心オイルセパレーターは、市販されている現行製品と完全に互換性があるように設計されています。 これにより、変更を加えることなく既存の取り付けに後付けすることが可能になり、IOW MP600遠心オイルセパレーターの取り付けが迅速かつ簡単になります。
MAN 船舶用エンジンMAN B&W 9L21/31
MAN 9L21/31エンジンの仕様
型式MAN B&W 9L21/31
燃料重油 (HFO RMK 500 )
エンジンオイルTotal Aurelia T1 4030
〃 容量1,100リットル (242 ガロン)
作動圧力5bar(72.5 PSI)
速度1000回転/分
出力1290 ~ 1935 kW
最小オイル消費量192g/kWh
結果
IOW遠心オイルセパレーターは、ANL Wyongコンテナ船の MAN B&W 9L21/31 エンジンに正常に取り付けられました。 655時間の稼働後、IOW MP600遠心オイルセパレーターを整備し、清掃しました。 セパレーターのボウルから取り出されたスラッジケーキの重量は3.5kgであり、素晴らしい結果でした。 次に、オイルに 560 リットル (123 ガロン) の新しい潤滑油を補充しました。 IOW MP600 は、潤滑油を洗浄するためにさらに186時間稼働しました。 わずか 186時間後、IOW遠心オイルセパレーターはさらに3kgの有害な汚染物質をオイルから除去しました。これはつまり1時間あたり16グラムの汚れ除去速度の計算になります!
オリジナルの標準遠心バイパスフィルターの性能と比較して、お客様から、IOW 遠心オイルセパレーターは 3倍の量の汚染物を (同じ期間内に) 除去したと報告を受けました。 さらに、潤滑油の継続的な洗浄により、潤滑油カートリッジのフィルター寿命が60% 延長されました。発電機エンジンのサンプ オイルの寿命は30~50%延長され、すべての遠心バイパス フィルター部品はすべての運転時間後に良好な状態であることがわかりました。
さらにMV ANL WYONGの乗組員は、IOW遠心オイルセパレーターが潤滑油のアスファルテン*を半分に減らしたと私たちに知らせてくれました。
姉妹船のデータではアスファルテンレベルが 0.79% であることが示されましたが、IOW MP600遠心オイルセパレーターを設置することにより、アスファルテンレベルは0.39%~0.48%まで低下しました。 これらの有害なアスファルテンを除去すると、重要なエンジン部品の損傷を防ぐことができます。結果は以下をご覧ください。
オイル分析結果
分析項目新油エンジン
外観不透明不透明不透明
40℃での動粘度(cSt)144.7150.4153.4140 SAE 1~-1
100℃ での動粘度(cSt)14.51515.314
引火点(℃)>200>200>200>=230>185
水分量(%)<0.1<0.1<0.1
すす重量(%)<0.1<0.1<0.1
アスファルテン重量(%)0.390.48
全塩基価(mgKOH/g)17.514.615.330>50%

以下元デ-タ-
結果
アスファルテン
アスファルテン(asphaltene)は暗褐色または黒色のアモルファスのような硬くて脆く重いタール状の物質で原油が蒸留された後の副産物(残油)の1つです。融点が高く炭化水素のほかに硫黄や酸素化合物を含みます。 これが潤滑油に含まれていると機器類に例えば腐食や摩耗等の好ましくない影響を及ぼします。
SAE粘度(SAE Viscosity Grades)とは、SAE J300またはJ306で規定された潤滑油の粘度を指す。ここでSAE J300はエンジンオイルの粘度、J306はギアオイルの粘度を規定する規格である。どちらも数字が小さいほど常温で柔らかく、大きくなるほど硬いオイル

タンカ-

タンカーMaersk Kara
背景
MAN船舶用エンジンは、驚くほど経済的な燃料消費量と強力な加速を実現します。 1897年に最初のディーゼル エンジンを開発した MAN は、有名で信頼できるエンジン メーカーです。 MAN 6L23/30H エンジンは、50年以上にわたりお客様に愛され続けています。 60 年代半ばに初めて導入された MAN 6L23/30H は、6気筒シリンダーを備えた 4サイクルディーゼル エンジンで、安定性、信頼性、コスト効率に優れています。 MAN 6L23/30H は、メンテナンスが容易で、このクラスで最長のオーバーホール間隔を実現していることで定評があります。 MAN 6L23/30H のクラシックなデザインと堅牢な構造は、海洋産業に最適です。
MAN 6L23/30Hエンジンの仕様
エンジン型式MAN 6L23/30H
エンジンオイル容量88 ~ 110 ガロン(400 ~ 500 リットル)
エンジンオイルTARO 30 DP 30(使用環境温度:58°C)
作動圧力4 bar (58 PSI)
出力範囲500 - 1800 kW
燃料蒸留物及びHFO(重油)
排出ガスTier III

CAT船舶用エンジン
IOWグル-プは、化学・石油製品タンカーMaersk Kara(総重量24,134t,全長183m,2008年製)に搭載されたIOW遠心オイルセパレーター・シリーズの優れた性能を披露することに興奮しました。 潤滑油の清浄度を向上させるために古い遠心分離技術をアップグレードすることを検討していたところ、その用途に最適なモデルは IOW MP200遠心オイルセパレーターでした。結果は期待を裏切りませんでした。
設置
このタンカ-には、蒸留物と HFO (重油) を燃料とする MAN 6L23/30H エンジンが搭載されており、圧力4 bar (58 PSI) で作動していました。 MAN 6L23/30H エンジンのオイル容量は 400 ~ 500 リットル (88 ~ 110 ガロン) で、潤滑油は TARO 30 DP 30 を 58°C (136°F) で使用していました。 オイル分析結果と潤滑油に含まれる汚染物質レベルに基づいてオイル交換しました。 IOWシリーズの遠心オイルセパレーターは、市場にある現行製品と完全に互換性があるように設計されています。 これは、つまり変更を必要とせずに既存の取り付けに後付けできる(レトロフィット)ことを意味します。 こうして、IOW MP200遠心オイルセパレーターの設置が迅速かつ簡単になりました。IOW MP200遠心オイルセパレーターが設置されると、CentriClean SCU0002 はセパレーターが 5802 rpmで回転していることを前面画面に表示しました。
MP200遠心オイルセパレーター設置
IOW MP200 遠心オイルセパレーターは既存のマウントに取り付けられ、ライブデータに簡単にアクセスできるようにCentriClean SCU0002モニタリングユニットが近くに取り付けられました。 リモート監視ユニットの短期的および長期的な利点は非常に大きいです。 当社のお客様は、アラームを設定できる機能により、遠心オイルセパレーターが最適に稼働していることを確信できます。 CentriClean SCU0002モニタリング ユニットは、前面画面にライブデータを表示できるため、オペレーターはセパレーターが正しく動作していることを即座に知ることができます。 この新しい監視テクノロジーを利用すれば少ないリソースの使用で、より良い結果が得られます。
結果
IOW MP200は、古い遠心技術を置き換えるために正常に設置されました。セパレーターは約 5,802 rpmで稼働し、200稼働時間にわたって継続的に潤滑油を洗浄しました。 200回の稼働時間後、IOW MP200 をクリーニングのために取り外しました。 潤滑油が依然として目的に適合していることを確認するために、オイル分析のためにサンプルが採取されました。 比較的短い稼働時間の後、IOW MP200 遠心オイルセパレーターはすでに厚さ「22mm」のスラッジを収集していました。
MP200遠心オイルセパレーター設置結果 MP200遠心オイルセパレーター設置結果スラッジ22mm厚
しかし、本当の収穫はオイル分析結果でした。 オイルの清浄度は劇的に向上し、潤滑油の汚染物質が大幅に減少しました。 オイル分析レポートでは、IOW MP200遠心オイルセパレーターによる洗浄後、オイル中のすすが83%減少したことが示されています。その他、銅は98% 、鉄は82%減少し、アルミニウムの存在量は33%にまで減少し、鉛粒子は完全に除去されていました。オイルは依然として使用目的に適しており、お客様は新しいIOW遠心オイルセパレーターの性能に満足していました。 長期的には、このお客様は遠心技術のアップグレードにより、さらなるメリットとコスト削減を実感できることでしょう。
MAN 6L23/30Hエンジンオイル分析結果
分光分析*(金属元素項目)除去
すす
アルミニウム33
元データ-
MAN 6L23/30Hエンジンオイル分光分析結果
*分光分析(spectrometry):
分光(spectroscopy)分析とは対象物質が吸収または放出する電磁波の波長・強度などを測定する化学分析方法。

タンカ-2

背景
旧式の遠心分離機を使用されていたお客様でIOW遠心オイルセパレ-タ-へのアップグレードの問い合わせがありました。
仕様
このタンカ-に搭載されているエンジンの諸元表です。
ヤンマー6N280L-ZNエンジン
エンジン型式ヤンマー6N280L-ZN
業種海洋
船舶種別タンカ-
燃料MFO 500
油圧5.3 bar
ヤンマー6N280L-ZNエンジン

設置
お客様のYANMAR 6N80L-ZNエンジンがアップグレードされ、以前使用されていた旧式のFM200遠心分離機に代わるIOW MP200遠心オイルセパレーターが設置されました。 次世代技術への移行は、IOWグル-プのボルトオフ、ボルト留め設計(いわゆるポン載せ)により驚くほど手軽で、CentriClean SCU0002リモートモニターと相まって、エンジンから有害な微粒子を除去する高度な効率を実現します。
タンカ-
結果
130時間の運転で、前世代のFM200遠心分離機は1.3kgのスラッジを除去しました。これとは対照的に、IOWオイルセパレーターMP200は同じ運転時間で1.6kgのスラッジを除去し、25%効率向上したその実力を見せつけました。 これは、エンジンの清浄度の向上、性能の向上、メンテナンス間隔の延長を意味し、最終的にはダウンタイムの短縮と運転コストの削減につながります! タンカ-運転結果

小型船舶

背景
風力発電支援双胴船に搭載されている潤滑油の濾過と品質改善ご検討のお客様がおられました。 この双胴船*には、速度2250 rpm 、出力1080 kW で稼働する MTU シリーズ 2000 M72 エンジンが搭載されていました。 このエンジンは船舶用ガスオイル (MGO)を燃料とし古い遠心技術機器がエンジン効率向上と潤滑油中の汚染物質保護のために搭載されていました。エンジンオイルは Fuchs Titan SAE 15W-40が82°C (180°F) の温度で使用されていました。
MTU シリーズ 2000 M72
*双胴船:「カタマラン船:東南アジア圏で使用されるいかだ」とも呼ばれ並んだ二つの船体を鋼甲板でつないだ船です。造波抵抗(ぞうはていこう:船の走行でり波により受ける抵抗)が少なく、安定性が良いため高速走行が可能です。
MTU シリーズ 2000 M72 エンジン
MTUエンジンは、特に海洋用途に重点を置いたさまざまな業界で人気があり、信頼されています。 MTUは、最も厳しい要件に対応する高効率ディーゼル エンジン提供で世界の先端を行くロールス・ロイス パワーシステムズの中核ブランドです。 MTU シリーズ 2000 M72は、高速フェリー市場のトップを走るエンジンです。 これらのエンジンは軽量、コンパクトで、狭いエンジンルームに最適です。 MTU シリーズ 2000 は、全機種で高効率と低燃費を実現しています。 MTU は、MTU シリーズ 2000 M72 エンジンに効果的な遠心オイルセパレーター導入の利点を認識しています。
エンジンオイルの交換頻度は、エンジンオイルの品質、その調整、動作条件、および使用する燃料によって異なります。 MTU シリーズ 2000 M72 のマニュアルによれば、遠心オイルセパレーター (バイパス フィルター) をエンジンに追加すると、エンジン オイルの作動時間が2倍になります。
MTU シリーズ 2000 M72
MTU シリーズ 2000 M72 エンジン
型式2000 M72
速度2250 rpm(5.86 Bar)
出力1080 kW
エンジンオイルFuchs Titan SAE 15W-40 82°C (180°F)
燃料船舶用ガスオイル (MGO)

トランスミッションオイル頻度(マニュアル抜粋)
潤滑油遠心分離機稼働時間めやす遠心分離機稼働時間めやす
1200 時間 500 時間
2500 時間1,000 時間
2.1*500 時間1,000 時間
3750 時間1,500 時間
3.1*750 時間1,500 時間
*硫黄含有量50mg/kg以下の燃料での使用に限る。
元デ-タ-
MTU シリーズ 2000 M72

設置
このMTU シリーズ 2000 エンジンに最適な遠心オイルセパレーターは、CentriClean SCU0003モニター (セパレーター コントロール ユニット) を備えたIOW MP090が選択されました。 IOW MP090遠心オイルセパレーターは、簡単にアクセスできるように上部に取り付けられたCentriClean SCU0003モニタリング ユニットとともにエンジンルームに設置されました。リモート監視ユニットの短期的および長期的な利点は大きいです。お客様は、アラーム設定機能により、遠心オイルセパレーターが最適に稼働していることを確信できます。 CentriClean SCU0003モニタリング ユニットには、CentriCleanアプリを介してライブデータを提供し、スペアを注文したり、マニュアルを表示したりできるという利点もあります。 この新しい監視テクノロジーを利用すれば、少ない資産で、より良い結果が得られます。
監視テクノロジー設置 IOW MP090設置
IOW MP090遠心オイルセパレーターがエンジンルームに設置され、その上にCentriClean SCU0003ユニットが取り付けられました。
結果
IOW MP090遠心オイルセパレーターが MTU シリーズ 2000 M72 エンジンに取り付けられると、CentriClean SCU0003監視ユニットを介してアラームが設定され、200運転時間後にオペレーターに警告します。 運転時間が終了したら、IOW MP090遠心オイルセパレーターを洗浄し、ボウル内壁に溜まったスラッジの重量を測定しました。
最初の200運転時間以内に潤滑油から除去された汚染物質の重さは 152グラム(0.34 ポンド) でした。これは1時間あたり 0.76グラムの汚染物質除去率に相当します。 IOW MP090 遠心オイルセパレーターは、エンジン速度と油圧を変化させながら 2回目のテストで 459時間稼働されました。 CentriClean SCU モニタリングユニットで、テスト中に遠心オイルセパレーターの回転数を記録することができました。 459時間後、IOW 遠心オイルセパレーターはエンジン オイルから 275グラム (0.6 ポンド) の汚染物質を除去しました。

MTU シリーズ 2000 M72エンジン稼働試験結果
運転時間汚染物質重量(g)1時間あたり汚れ除去率
200時間1520.76
459時間2750.60

IOW MP090設置結果
200時間運転後、IOW MP090は潤滑油から152グラムの汚染物質を除去しました。

CAT C280-12船舶用エンジン

CAT船舶用エンジン
背景
Caterpillar Inc. は、機械およびディーゼル エンジンの設計、製造、販売を行うアメリカの企業です。 Caterpillar は、建設、海事、トラック輸送、鉱業、天然ガス圧縮、エネルギー、鉄道などの業界にサービスを提供する膨大な製品範囲を持っています。 Caterpillar C280-12 エンジン は CAT C280 ファミリの一部です。 これらは、900 rpm で 2400 ~ 7600 馬力を生み出すディーゼル燃焼エンジンです。 CAT C280-12 は重量が10 トンを超え、IMO II に準拠しており、機関車や貨物船でよく使用されます。 最初に製造されたのは 2014 年です。
キャタピラー C280-12 エンジンの仕様
エンジン型式 CAT C280-12
エンジンオイル容量 240 ガロン (1,091 リットル)
速度範囲900回転/分
出力範囲2400 ~ 7600 馬力(3,460~3,800 bkW)
エンジン重量10t以上
燃料船舶用ディーゼル油 (MDO)
排出ガスIMO II*
IMO(International Maritime Organization)国際海事機関は130 kW(174hp)を上回るディーゼルエンジンの排ガスを規制。
CAT船舶用エンジン
設置
このお客様は、遠洋航行船の古いオイル濾過技術をアップグレードしたいと考えていました。 お客様は Mann+Hummel FM200-12遠心フィルターを 3台所有しており、それらを取り外して IOW オイルセパレーターと交換したいと考えていました。 この設備は、潤滑油容量 240 ガロン (1091 リットル) の CAT C280-12 エンジンを搭載した遠洋航行船に搭載されました。 船舶用ディーゼル油 (MDO) を燃料とするこのエンジンに最適な製品の選択は、3台のIOW MP200 遠心オイルセパレーターと各セパレーター用の CentriClean SCU0002モニターでした。
MP200 遠心オイルセパレーター設置
IOW MP200 遠心オイルセパレーターは既存のマウントに取り付けられ、ライブデータに簡単にアクセスできるように CentriClean SCU0002 モニタリングユニットが近くに取り付けられました。 リモート監視ユニットの短期的および長期的な利点は非常に大きいです。お客様は、アラーム設定機能により、遠心オイルセパレーターが最適に稼働している状態を遠隔監視できます。 CentriClean SCU0002 モニタリング ユニットは、前面画面にライブ データを表示できるため、オペレーターは遠心分離機フィルターが正しく動作していることを即座に知ることができます。 この新しい監視テクノロジーを利用すれば少ないリソースの使用で、より良い結果が得られます。
結果
IOW グループ MP200遠心オイル セパレーターは、506時間の稼働時間後にCAT C280-12 エンジンの潤滑油から38 mm の煤をまとめて除去しました。 煤の除去はエンジンの信頼性向上に大きく貢献し、エンジン効率、燃費、排出ガス削減の点で顕著なメリットをもたらします。 さらに、長期的なメンテナンスコストを最小限に抑える上で極めて重要な役割を果たします。
MP200 遠心オイルセパレーター設置結果 MP200 遠心オイルセパレーター設置結果 MP200 遠心オイルセパレーター設置結果

EMD船舶用エンジン

EMD船舶用エンジン
背景
EMD 645 は、Electro-Motive Division (EMD) によって設計および製造された 2ストローク・ディーゼルエンジンです。 EMD 645シリーズエンジンは 1965 年に生産開始されました。567Cを論理的に拡張したもので、エンジンの外形寸法や重量を変えることなく高出力を実現し、単位体積当たりおよび単位重量当たりの馬力の大幅な向上を達成しました。EMD645のエンジン最高回転数は900~950rpmで、主に機関車、船舶、定置用エンジンでの使用を目的としています。
船舶名:GILBERT TAYLOR
エンジン型式EMD 16-645
最高回転数900~950 rpm
製造年1972年
仕様海洋 押し船
全長/全幅/高さ約143m/10m/12m
正味重量549t
EMD船舶用エンジン
EMD 16-645エンジン
設置
IOWグル-プのお客様から、IOW 遠心オイルセパレーターを SCU (分離制御ユニット) および IOW Mechline 038 N2 三軸スクリューポンプとともに船舶に導入する打診がありました。 IOW遠心オイルセパレーターの卓越した性能とエンジンおよびオーナーへの利点について聞いた後、彼らはその結果を自分たちの目で確かめたいと切望されました!
ほとんどの据付では,IOW遠心オイルセパレーターはエンジン潤滑油回路から直接オイル流入圧を受け取ります。EMD2サイクルエンジンの潤滑油システムには余剰流量がほとんどなく、ポンプには遠心オイルセパレーターを効果的に作動させるのに十分な圧力がありませんIOWメカライン038 N2 三軸ポンプを設置してバイパス循環システムを構築しました。このポンプは、IOW遠心オイルセパレーターに十分な流量と遠心力を確保し、一次フィルターで取りこぼすゴミやすすを除去します。
EMD船舶用エンジン
IOW MP600 遠心オイルセパレーターと三軸スクリューポンプを船に搭載し、潤滑油を洗浄します
お客様と要件について話し合った結果、IOW MP600遠心オイルセパレーターCentriClean SCU0002 モニタリング ユニットがこの環境に最適であると判断されました。 ポンプはIOW Mechline 038 N2を選択しました。エンジン・ルームのスペースが限られているため、SCU モニターから提供されるライブ データに簡単にアクセスできるように、CentriClean SCU0002 リモート モニターがエンジン制御室に設置されました。
MP200 遠心オイルセパレーター設置結果 MP200 遠心オイルセパレーター設置結果
エンジン・ルーム
オイルセパレーター ✛ メカライン・ポンプ
エンジン制御室
CentriClean SCU0002
結果
遠心オイルセパレーターとメカライン・ポンプはエンジンルームに無事設置されました。このシステムでEMD16-645エンジン潤滑油を最高水準でろ過します。
1,800時間運転後、IOW MP600 遠心オイルセパレーターを整備し、ボウル外壁の内側に収集されたスラッジを除去して安全に処分しました。1800時間運転後に除去されたスラッジは7.5ポンド(3.4kg)でした。これは1時間当たりほぼ1.9グラムの汚れ除去率に相当します!セパレーターによって生成される遠心力により、スラッジ、すす、および破片がセパレーターのボウルの外側壁に集められます。
CentriClean SCU0002モニターは、86 PSI(5.9 bar 0.59 MPa)で4,272rpmを表示しました。rpm(回転数)が高いということは、潤滑油から最大量の汚染物質を除去するのに、より大きな遠心力が生み出されることを意味します。
MP200 遠心オイルセパレーターに収集されたスラッジ スラッジの重さは 3.4kg
1800 運転時間後に遠心オイルセパレーターに収集されたスラッジの重さは 3.4kg でした。
IOW Mechline 038 N2 三軸スクリュー ポンプ
IOWメカラインポンプはメカニカルシールポンプで軸シール設計により経済的です。このモデルは毎分46~179.8リットル(毎分12.2~47.5ガロン)の流量に最適です。最大差圧は16bar (1.6MPa, 232 PSI)で、-20°Cから155°C (-4°Fから311°F)までの温度で液体を圧送することができます。IOWメカライン038シリーズ2ポンプには、要求される性能に応じて3種類のローターリード(K/N/D)があり、最大回転数は3,600rpmです。
IOWポンプ全シリ-ズは最高水準で製造されており、さまざまな業界標準の設置面積に適合するように設計されており、設置が簡単です。
メカライン038シリーズ2ポンプ

天然ガスプラント

背景
天然ガスの圧縮現場では、処理全体を通じて温度と圧力が異なるため、潤滑油に極度の圧力がかかります。その結果、これらの CAT G3608 エンジンの潤滑油システムには高レベルの汚染物質が検出されます。この現場ではSAE 40潤滑油を使用しました。エンジン オイルの圧力は 85 PSI 圧力 (5.86 Bar) です。これらの大型天然ガス エンジンのオイル容量は 800リットル (211ガロン) です。 このお客様は、スラッジ、摩耗材、すすなどのミクロンサイズの粒子をオイルから効果的に除去したいと考えていました。 この顧客は、IOW遠心オイルセパレーターを選択することで、CAT G3608エンジンの寿命を大幅に延長しました。その中でも特に、以下に示す素晴らしい結果が得られました。
天然ガスプラント
IOW MP200遠心オイルセパレーターと CentriClean リモート監視ユニットが天然ガス圧縮現場に設置されました。
概要
  • 場所: メキシコ
  • 業界: 天然ガス圧縮
  • エンジンタイプ: CAT G3608
  • エンジン油量: 800リットル
  • エンジン油: SAE 40
  • エンジン油圧: 85PSI (5.86 Bar)
  • 搭載モデル: 2 基x IOW MP200 遠心オイルセパレーターおよびCentriClean SCU0002モニタリング・ユニット
取り付け
潤滑油システムのサイズにより、油を効率的に洗浄するには2台のIOW MP200遠心オイルセパレーターが必要でした。 お客様は、遠心オイルセパレーターに加えて、ユニットのフロント・スクリーンを介してライブデータにアクセスできるようにする2台のCentriClean SCU0002リモート・モニターの設置を選択しました。監視ユニットは遠心オイルセパレーターの回転数を表示するだけでなく、さまざまな要因に基づいてアラームを設定できます。
このデータにアクセスすることで、お客様は、遠心オイルセパレーターの性能を測定し、それに応じて洗浄/整備のスケジュールを立てることができます。リモート監視を利用し、先を見越したメンテナンスに取り組むことで、お客様は工数メンテナンス予算を節約できます。 2台の遠心オイルセパレーターは、検査台上の大きな重力排水管を備えた二重取付けブラケットに設置されました。 注入口オイルは潤滑ポンプによって 1インチのプラグから取り出され、フレキシブル・ホースによってIOW MP200遠心オイルセパレーターに接続されます。
各CentriClean SCU0002の表示結果
装置No.潤滑油圧力回転数
185 PSI (5.86 Bar) 6,438 rpm
284 PSI (5.79 Bar) 6,318 rpm

天然ガスプラント
2台の IOW MP200 遠心オイルセパレーターを二重取り付けブラケットに取り付けました。
結果
定期オイル分析とISO清浄度コードは、IOW遠心オイルセパレーターの結果と性能を浮き彫りにする優れた方法です。 ISO清浄度コードは、オイルがまだ使用目的に合っているかどうかを示し、また、オイルの品質を向上させることでエンジンの寿命をどのように延ばすことができるかを予測することもできます。ISO清浄度コード潤滑油内の汚染レベルを示し、粒子数などのデータが含まれます。
この天然ガス圧縮プラントに設置される前、ISO清浄度コードは、22/19/11でした。2基のIOW MP200 遠心分離フィルターを取り付けた後、ISOコードは、18/16/12に大幅に改善されました。キャタピラー社の勧告によると、このエンジンでの推奨清浄度レベルの基準値は 18/16/13 です。以下のグラフに示すように、IOW MP200遠心オイルセパレーターで得られた結果は、キャタピラー社からの推奨事項に沿ったものであり、オイルは継続使用に適していました。
天然ガスプラント
この設置では、ISO清浄度コードが 22/19/11 から 18/16/12 に改善され、これは キャタピラー社の基準指導の範囲内です。
結論
ISO清浄度コードを使用して、結果がエンジンの寿命にどのような影響を与えるかを確立することができました。 Noriaの寿命延長表へのデータ入力で、22/19/11から18/16/12までのISOコードの改善がはじき出されました。CAT G3608 エンジンの寿命は、3倍(X 3) になります。
天然ガスプラント
ISO 清浄度コードを改善することにより、CAT G3608 エンジンの寿命は3倍(x 3) になりました。
お客様の声
このCAT G3608では、ISO清浄度コードが大幅に改善され、エンジンの寿命が3倍になりました。エンジンメーカーの推奨事項を遵守するということは、このお客様がIOW MP200 遠心オイルセパレーターの設置によって得られる利点に自信を持っていたことを意味します。エンジンの寿命が大幅に長くなるだけでなく、遠心技術のアップグレードにより広範囲にわたる効果が数多く得られます。 一次フィルターの寿命が延び、オイル交換間隔が延長され、オイル中に存在する汚染物質が除去されることで、エンジン部品の過度の磨耗が防止されます。オイルの品質が向上した結果、メンテナンスの必要性が減りました。 したがって、これらのエンジンに費やす工数は少なくなります。最終的に、この天然ガス圧縮プラントの大幅な節約と信頼性の向上がもたらされます。
IOW MP200遠心オイルセパレーター導入メリット
  • エンジン寿命が3倍に延長

  • 一次フィルターの寿命延長

  • オイル交換間隔が延長

  • エンジン部品の過度の磨耗防止

  • オイルの品質が向上

  • メンテナンス工数の削減

  • プラントの大幅な節約と信頼性向上

ガス圧縮プラント

背景
クーパー・ベッセマー(Cooper-Bessemer)は、元々は農機具の製造のみから始まりましたが、現在では最も信頼性が高く効率的な気体圧縮用エンジンを製造していることで知られています。産業用エンジンとコンプレッサーの優れたブランドであるクーパー・ベッセマーは、運転圧力と流量の極端な変動に対応できます。クーパー・ベッセマー LS-Gシリーズの定格回転数は360rpmで、最大8気筒のパワーシリンダーを搭載可能で、定格出力は最大8700 hp (6486 kW)です。
ガス圧縮プラント
設置
ある天然ガス圧縮プラントでは、クーパー・ベッセマーLS8Gエンジンの信頼性と生産性を向上させたいと考えていました。このガス圧縮プラントでは、油温は華氏153.7度(67.6℃)、油圧は36 PSI(2.48 bar)です。ガス圧縮プラントのエンジンサンプのサイズのため、お客様はIOW MP200遠心オイルセパレーターを2台設置されました。IOW遠心オイルセパレーターは潤滑油から最大の微粒子を除去します。その結果、お客様は予期せぬダウンタイムを回避し、エンジンと機械のメンテナンスに費やす工数(および予算)を削減できます。
ガス圧縮プラント工場内
結果
36 PSI (2.48 bar) の潤滑油圧で、CentriClean SCU0002モニターは IOW MP200 遠心オイルセパレーターの回転数を4,000rpmを表示しました。IOW 遠心オイルセパレーターは、他の脱水機型分離機よりも 15 ~ 30% 速く回転します。ボウル回転数増加は遠心力の増加を生み出し、潤滑油中の固体分離がより効果的に行われます。この大きな力により粒子がオイルから押し出されボウルの外側の壁に付着し廃棄しやすい状態になります。
ガス圧縮プラント
557 時間の稼働後、メンテナンス担当者が IOW MP200 遠心オイルセパレーターの整備を行いました。 スラッジケーキを遠心分離ボウルから取り出す前に、中央のディスクスタックを取り外す必要があります(写真を参照)。 ボウル ディスクは IOW 遠心オイルセパレーター独自のものであり、セパレ-タ-の濾過性能に不可欠な部分です。 ボウルディスクスタックは、分離プロセスにより大きな表面積を提供し、その結果、最小の汚染物質でさえも潤滑油から引き出され、ボウルディスクスタックを通過し収集の準備が整った外側のボウル壁に押し付けられます。
収集されたスラッジケーキ ボウルディスクスタック
819 gものスラッジケーキボウルディスクスタック
収集されたスラッジケーキを取り出したところ、重量は819グラム (1.8 ポンド) でした。この短い運転時間(557時間)にしては素晴らしい結果でした。お客様は IOW MP200 遠心オイルセパレーターの性能に大変満足されており、濾過システムのアップグレードによる長期的なメリットをすぐに実感されることでしょう。
ガス圧縮プラント
IOW MP200遠心オイルセパレーターは
  • オイルサンプ容量35~175リットル用に設計
  • 既存のどの市場製品よりも高速回転し優れた分離プロセスを実現
  • より効果的に潤滑油から固形物を分離
  • セパレーターボウルは完全に密閉され洗浄油と汚染油間の相互コンタミ防止
  • 中央ディスクスタックで分離プロセス効率を大幅に向上
  • 他車製品よりも150%効率的
  • 特許で保護されているため、IOWグループでのみ入手可能
石油ガスポンプ場

オイルガスポンプ
背景
エクアドルの石油およびガスのポンプ場では、IOW 遠心分オイルセパレーターにアップグレードすることで運用の改善が可能かどうかを確認したいと考えていました。この現場では、現状で35 台の ALCO エンジンが24時間稼働しており、清浄な潤滑油が大量に必要です。 ALCO エンジンは18気筒ピストンの珍しい構成で主に低速で動作する大型ディーゼル エンジンに使用されます。このALCOエンジンは古いため、交換部品は容易に入手できず、さらに交換には非常に高価な場合があるため、これらのエンジンの信頼性と効率を向上させることは、メンテナンス予算にも利益をもたらします。 各エンジンのオイル量は300ガロン(約1,4Kリットル)、作動圧は5.3 バール(78 PSI) 、オイルは通常1,500 時間で交換され、一次 (セルロース)フィルターは 500時間ごとに交換されていました。遠心濾過システムを見直し更新することにより、古いシステムと比較して約65%以上多くのスラッジが除去され、一次フィルターの寿命が 1,000時間延長されました。 これらの間隔を延長すれば、予算も節約され、より環境配慮した処理過程になります。
石油ガスポンプ場
設置場所エクアドル
設備石油ガスポンプ
エンジン型式ALCO 18-251
エンジン作動圧5.3 bar(78 PSI )
エンジンオイル量300ガロン(約1,364リットル)
エンジンオイル交換時間1,500 時間毎
一次 (セルロース) フィルター交換時間500 時間毎

ALCOエンジン
設置
要求事項を検討した結果、古い遠心分離機を交換するには2台のIOW MP600遠心オイルセパレーターが必要であることが判明しました。IOW MP600 は、190 ~ 1,550リットルのオイルサンプ容量向けに設計されており、最大4リットルのスラッジ蓄積容量を備えたIOWグル-プ最大の遠心オイルセパレーター・モデルです。
IOW遠心オイルセパレーターは、既存の配管に簡単に後付けできるように設計(レトロフィット仕様)されているため、設置は簡単でした。 設置面積とインターフェースは、既存の古い遠心技術をそのまま置き換えることができました。 IOW MP600 遠心オイルセパレーターは、汚水槽上の修正された塞ぎ板を介して重力排出回収で既存の隆起した支柱に設置されました。
 IOW 設置
このお客様は、遠心セパレーターに加えて、セパレーターの性能を追跡するためにIOWグル-プの遠隔監視ユニットの設置を選択しました。この現場に設置されたCentriClean SCU0002モニタリングユニットは、IOW遠心オイルセパレーターの現在の回転数を継続的に表示して運転時間を監視します。回転数が低下した場合、または運転時間数に達した場合、オペレータに警告を発するようアラームを設定できます。この監視ユニットはModbusで接続し、既存のシステムとリンクして操作とプロセスを改善することもできます。IOWグループの遠心オイルセパレーターは、スラッジ監視技術を提供する唯一の製品です。 CentriClean遠隔監視ユニットは、遠心オイルセパレーターが最適に稼動しているという安心感を与え、提供されるデータは、現場の信頼性と効率をさらに向上させるために、傾向とパターンを見つけることができます。
結果
IOW遠心オイルセパレーターは他の脱水機方式の分離機よりも15~30%高速運転します。今回の設置では、IOW MP600遠心オイルセパレーターは約 4,284 rpm で動作しました。ボウルの速度が速くなることで、より大きな遠心力がオイルからさらに細かい粒子をボウル壁面に押し出して廃棄します。CentriClean SCU0002スラッジモニタリングユニットを使用すれば回転数を監視できますが、この機能はIOW遠心オイルセパレーターでのみ使用できます。以前設置されていたMann + Hummelセパレーターは回転数データを記録することができませんでした。回転数が増加した結果、潤滑油からより多くの汚染物質が除去されました。2台のIOW MP600遠心オイルセパレーターは7日ごとに9.63kgの汚れを除去し、これは古い遠心分離機フィルタよりも65%も多くスラッジを除去したことになります。以前の遠心分離機では、同じ期間に6kgのスラッジしか除去できなかったからです。
潤滑油中の不溶分が大幅に減少したため、潤滑油の寿命も延びました。 この設備ではオイル交換間隔が2倍になり、長期にわたって大幅な節約がもたらされ、より持続可能な実践となります。
250稼働時間後のIOW MP600遠心オイルセパレーター
遠心分離機のメンテナンス間隔が30%延長されて最大1,400 時間になり、一次フィルターの寿命がわずか500時間から最大1,500時間に延長されました。 これらの間隔を延長すると、使用するリソースが減って経済的であるだけでなく、使用する工数が減り、エンジニアリングチームが他の業務に集中できるようになるという利点もあります。
結果 MP200 遠心オイルセパレーター設置結果
お客様の声
お客様は、導入されたIOW遠心オイルセパレーターに非常に満足し、製品を「素晴らしい」と評価しました。 お客様は、一次フィルターの寿命を300%延長できることに非常に満足しており、微粒子の削減により、エンジンの重要な部品が不必要な摩耗から保護され、オーナーにとっても長期的な大きなメリットがもたらされます。
結論
結論として、これは非常に成功した設置であり、お客様に多くの利益をもたらしました。 潤滑油の寿命が延びただけでなく、一次フィルタの寿命も大幅に延長されました。 オイル消費量の削減により、IOW MP600遠心オイルセパレーターは1年以内に初期投資回収可能と計算されました。オイルの節約に加えて、IOWグループの遠心技術の使用により、エンジン内のリングとライナーの摩耗が大幅に軽減されたことがボアスコープ検査によって判明しました。 ALCO 18-251 は古いエンジンであり、交換部品は高価である可能性があるため、摩耗を減らすことで長期的なコスト削減が大幅に高まります。もちろん、最も重要なことは、IOW 遠心オイルセパレーターを使用してエンジンを保護することにより、エンジンの寿命が劇的に延びることです。 最大の投資の1つを将来にわたって長寿命で保護します。
まとめ
IOW遠心オイルセパレーター導入効果は・・・
  • 潤滑油の寿命延長
  • オイル消費量の削減
  • エンジン内の摩耗が大幅に軽減
  • エンジンの寿命が劇的に延長
  • メンテナンスコストの削減
  • 1年以内に初期投資回収可能

発電プラント
発電プラント
背景
南米の発電所のお客様は、IOW MP 遠心オイルセパレーターを使用して達成できるコスト削減を検討したいとIOWグループに相談してきました。 主な目的は、煤(すす)を含む不溶性レベルを 1%未満に維持し、オイルのTBN (Total Base Number:全塩基価)※レベルを保護することで、オイル交換間隔を長くすることでした。
※全塩基価
試料1g中に含まれている全塩基性成分を中和するのに要する塩酸または過塩素酸と当量の水酸化カリウムの ミリグラム(mg)数を示し「全アルカリ価」ともいいます。
(参考:JIS K2501 潤滑用語集(日本潤滑学会編))
発電プラント
概要
  • 場所: エクアドル
  • 業界: 発電
  • エンジンタイプ: ヒュンダイ・ヒムセン(Hyundai Himsen)9H21/32
  • 搭載モデル: IOW 600遠心オイルセパレーター
エクアドル発電プラント
取り付け
お客様と仕様および要件について話し合った結果、IOW MP600がヒュンダイ・ヒムセン9H21/32 エンジンに最適な遠心分離機フィルターモデルであることに合意されました。旧型の遠心分離機はMann+Hummel FM600 遠心分離機フィルターであったため、インターフェイスが同一で取り付け作業は簡単でした。新しい遠心分離フィルターは、大きな重力排水管を備えた検査台からフランジに取り付けられました。 この配管には、エンジンのポンプから遠心分離機の入口に加圧された潤滑油を直接供給するための、エルボとフレキシブルホースに遮断弁と圧力計が装備されています。
発電プラント
発電所に設置されたIOW MP600遠心分離機フィルター
結果
IOW MP600 遠心オイルセパレーターは回転数約4,300rpmで動作するので、わずか200時間の操作後、1,730グラムの汚染物質が潤滑油から除去されました。 これは、1時間あたり8.7グラムの汚れ除去率に相当します。
IOW 遠心オイルセパレーターの性能と、潤滑油に対する高い除去率の影響を正確に評価するために、オイル交換し、IOW MP600 遠心オイルセパレーターを洗浄しました。
結果
時間合計汚れ集積重量gすす%全塩基価
00040
3601,5100.4838.7
4602,1000.7N/A
1,0174,8850.88N/A
1,2576,0851.135.8
結果原文
お客様の声
以前に設置された Mann+Hummel 遠心分離機フィルターは、不溶性レベルが望ましい 1%を超えるまで約700時間しか作動しませんでした。 その結果、潤滑油が交換されることになります。 IOW MP600 遠心オイルセパレーターは、このお客様のオイル交換間隔を2倍以上にすることに成功しました。1,500 時間という膨大な時間をかけて、不溶性限界1%に到達しました。さらに、TBN(全塩基価) レベルは、新しい潤滑油レベルの10%低下のみで許容可能なレベルを維持しました。
発電プラント
発電所に設置されたIOW MP600遠心オイルセパレーター
結論
この設置では、古い遠心分離機技術と比較して、IOW 遠心オイルセパレーターの優れた結果が示されました。 オイル交換間隔を2倍以上にすることで、お客様はエンジンのダウンタイム、人件費、メンテナンスコストを節約できるようになりました。最終的に、オイル交換間隔を延長することで得られる年間節約額は膨大になります。公表時の計算では、平均7,000時間の稼働時間で、オイル価格は8.50ドル/ガロン、廃棄コストが0.80ドル/ガロンの場合なら、IOW 遠心分離機フィルターにより、この顧客は 17,354 ドル節約できると計算されています。
素晴らしい結果と顧客からの肯定的なご意見をいただき、現場のすべてのヒュンダイ・ヒムセン 9H21/32 エンジンに IOW MP600 遠心分離機フィルターを取り付けることが決定されました。IOW グループの遠心オイルセパレーターの優れた遠心分離能力は、発電所全体の節約と生産性を最大化します。
結果
潤滑油削減量(ガロン)潤滑油価格/ガロン潤滑油廃棄価格/ガロン合計削減額
1866$8.50$0.80$17,354
元デ-タ-
結果元デ-タ-
発電プラント
IOW MP600 遠心オイルセパレーターの内部。より効果的な濾過のために外壁とボウルディスクスタックにぶ厚い汚れが蓄積しているのがわかります。
IOW MP600 遠心オイルセパレーター導入メリット
  • エンジン寿命が3倍に延長
  • 一次フィルターの寿命延長
  • オイル交換間隔が延長
  • エンジン部品の過度の磨耗防止
  • オイルの品質が向上
  • メンテナンス工数の削減
  • プラントの大幅な節約と信頼性向上

油圧作動油浄化再生設備
背景
IOW MP600遠心オイルセパレーターが油圧作動油浄化再生設備の現場に設置されたとき、オイルサンプルが5日間にわたって一定の間隔で採取されました。その結果、オイルセパレーターの優れた性能がオイルの清浄度レベルですぐに実証されました。
湿式埋立plant IOW MP600遠心オイルセパレーター
作動油の汚染
作動油はきれいで、明るく、透明に見えるかもしれませんが、見かけはごまかしです!というのも人間の目では、50μm以下の微細な汚染物質を見分けるのは不可能だからです。例えば一般的に日本人の平均的な髪の毛の太さは70~90ミクロン約0.1ミリ位といわれています。であれば50μmとは0.05ミリつまり髪の毛よりもはるかに細いことになります。
汚染粒子はμm(100万分の1メートル)で測定され、これらの小さな粒子が油圧システムに深刻な障害を引き起こします。 特に粒子径4μm近辺の粒子は、機械に重大な影響を引き起こす可能性があります。
これらの作動油に求められる要件は、技術の進歩やますます強力に、そしてよりコンパクトになってゆく油圧システムの開発に合わせて常に増大しています。オイルギャップが小さければ小さいほど、これらの微粒子がシステムに与えるダメージは大きくなります。効果的な濾過ソリューションは、汚染粒子を抑制するのに不可欠です。
ろ過を行わないと、これらの微粒子は大半の油圧機器故障の原因となり、しかもその影響はしばしば深刻なものになります。微粒子は、ポンプ、バルブ、モータ、ガスケット、ホース、および主要なエンジン部品の摩耗を引き起こします。一次フィルタはすぐに目詰まりして交換が必要になったり、バルブが詰まったりします。その結果、漏れが発生し、油圧システムの効率が低下します。
汚染レベルの判定
汚染レベルは、オイルに含まれる粒子の大きさと量によって計算されます。設置されていろ過システムの有効性を確認するには定期的にオイルサンプルが採取される必要があります。サンプルの検査によって、粒度分布量の概略を示すデータが取得され、オイルの清浄度を示すISO清浄度コードが作成されます。
IOW MP600オイルセパレーター設置によるISOコードの改善
お客様は、現状の処理設備で 17/15/12 または 16/14/11 の範囲のISO清浄度コードにコスト的に効率よく到達するのに苦労されていました。お客様は、真空脱水システムと磁気フィルターエレメントを組み合わせて使用されていました。IOW MP600遠心オイルセパレーターCentriClean SCU0002リモート・モニタリング・ユニットの設置を選択されたお客様は、ISO清浄度コードが急速に改善されて目標に達したとき、すぐにその選択にご満足でした!
IOW MP600 オイルセパレーターの効果性
IOW遠心オイルセパレーターは、最高レベルの分離を達成するために、さまざまな革新的なろ過機能を利用しています。IOW遠心オイルセパレーターには、最小の微粒子も取り出すのに役立つ中央のディスク・スタックが備えられています。 ボウルディスクによって表面積が増加すると、優れた分離が促進され、粒子をボウルの壁に押し付けやすくなります。IOW遠心オイルセパレーターは、他のどの遠心フィルターよりも高速で回転するため、遠心力がより強力になり、より細かいろ過にも役立ちます。リモート監視と組み合わせて、IOW遠心オイルセパレーターが最適に稼働していることを確認し、すべてが連携して必要な清浄度目標を達成します。
分析結果
以下の粒度分布グラフは、作動油中の粒子の急速な減少を示しています。サンプル接種量24mlにおける粒子数/100mlを示しています。25μmを超える粒子はすべてゼロまで減少しました。IOW遠心オイルセパレーターの優れた性能のおかげで、大半の汚染物質が大幅に減少しました。
分析結果表
サンプル採取量:24ml, 試験参照:VALLEN4000LTS
ISOコード24/22/1724/20/1523/19/1519/16/11
試験日時2021/5/12,
09:30:14
2021/5/13,
08:59:24
2021/5/14,
08:59:45
2021/5/15,
12:9:54
試験番号142143145153
NAS等級12118
粒子径μm/100ml平均値/100ml平均値/100ml平均値/100ml平均値
41498254698114896583921490542
6259291193586641111157858
1411015231948171081622
211116529792049117
254203110579629
3823514140
500000
700000
元デ-タ-
粒子分布グラフ
以下のグラフは、作動油から 粒子径4 ~6 ミクロンの粒子を除去する際のIOW遠心オイルセパレーターの卓越した性能を強調しています。 粒子径4 ~6 ミクロン粒子は、油圧システム内に重大な問題を引き起こす可能性があり、多くの場合、最大の損傷を引き起こします。
汚染物質除去結果グラフ
元デ-タ-グラフ
汚染物質除去結果グラフ元デ-タ-
IOWグループの最近の設置による上記のデータによると、IOW遠心オイルセパレーターの使用は、オイル中に見つかるこれらの微粒子の数に大きな影響を与える可能性があります。 これらの汚染物質を除去すると、システムを不必要な摩耗から保護し、機械の寿命を延ばすことに大きな影響を与えることができるため、総所有コスト (TCO) が削減されます。
湿式埋立グラフ
元デ-タ-グラフ
湿式埋立グラフ元デ-タ-
上記グラフは、粒子径14ミクロン以上の粒子に対するIOW遠心オイルセパレーターの有効性を示しています。

資料
各種モデル選定方法
モデルオイルサンプル容量(ℓ)最大スラッジ容量(ℓ)オイル入口径C.O.V.(bar)
MP09015~900.65標準 1/2” B.S.P2.5 / 2.1 / 1.5
MP20035~1751.3標準 1/2” B.S.P2.5 / 2.1 / 1.5
MP400190~1,5503標準 3/4” B.S.P3.5 / 2.5 / 1.5
MP600190~1,5504標準 3/4” B.S.P3.5 / 2.5 / 1.5
オイル入口寸法はご要望により他の寸法も可能です。
参考ー配管径表
配管径と呼び径
下記の表はJIS規格によるもので、IOW各モデルの配管工事の際に、ご参考下さい。
一例としてIOW MP200を参考にします。
A呼称:ミリメ-トル系、B呼称:インチ系、通称:インチ系の略称 
No.A呼称B呼称通称外形D(mm)IOW関連モデル適応
161/8一分(イチブ)10.5
281/4二分(ニブ)13.8MP200吸気孔
3103/8三分(サンブ)17.3
4151/2四分(ヨンブ)21.7MP090 , MP200オイル入口
5203/4六分(ロクブ)27.2MP400 , MP600オイル入口
6251インチ34.0
7321 1/4インチ二分(ニブ)42.7
8401 1/2インチ半(ハン)46.6MP200オイル出口
9502二インチ60.5
10652 1/2二インチ半(ハン)76.3
11803三インチ89.1
尚、オイル入口寸法はご要望により他の寸法も可能です。
ネジの規格
ネジについて
2つ以上の部材/部品を接合するのに重宝しているネジは機械部品の重要な要素の一つです。ねじとは、「ねじ山をもった円筒または円すい全体を指しねじ山を持った品物の総称」と定義されています。弊社取扱い製品の接合部に適合するためのネジの規格について概要を記します。計測用工具としてノギス(左)とピッチゲージ(右)などが利用できるでしょう。
ノギス ピッチゲージ
ネジの種類
ネジの種類は一般用・特殊用を含めると優に100種類以上にも及ぶと言われています。ここでは主な種類のみを列挙します。
・おねじ:ねじ山が円筒または円すいの外面にあるねじ
・めねじ:内面にあるねじ
・平行ねじ:ねじ山が円筒の外面または内面にあるねじ
・テーパねじ:円すいの外面または内面にあるねじ。ねじ山の角度と基準外径の寸法が異なります。
・一条ねじ:リードがピッチに等しいねじ
・多条ねじ:リードがピッチの2以上の整数倍に等しいねじ
・右ねじ:軸方向に見たとき時計回り(右回り)にたどればその人から遠ざかるようなねじ山を持ったねじ
・左ねじ:逆時計まわり(左回り)にたどればその人から遠ざかるようなねじ山を持ったねじ ねじの使用目的により,種々のねじ山形があり,
・角ねじ:ジャッキや万力などに良く用いられるねじ山の断面形が正方形に近いねじ
・台形ねじ:工作機械や測定機の移動台の送りねじに用いられる山の頂と谷底の切りとりが割合大きい対称断面形のねじ
・三角ねじ:ボルト・ナットや小ねじなどの締付け用のねじに用いられるねじ山の形が正三角形に近いねじ
・管用ねじ:管(くだ),管用部品,流体機器などの接続に用いるねじで,テーパねじと平行ねじがあります。
・ミニアチュアねじ:時計,光学機器,電機機器,計測器などに用いる呼び径の小さい,ねじ山が60°のねじ。
・メートルねじ:ピッチがmmで規定されたねじ。日本では一般的に使用されています。
・ユニファイねじ:アメリカ・イギリス・カナダの三国が軍事上の必要から協定してできたねじで,ねじ山の角度が60°のインチねじ。1962年にISOインチねじとして国際規格化されています。
・特殊ねじ:水道配管用特殊ねじに「都ねじ」、「金門ねじ」などがあります。
管用テーパねじ(英:taper thread)
水密、気密を必要とする部分に使用します。先端に行くほど細くなっているので、ねじ込み途中で止まります。
管用平行ねじ(英:parallel thread)
機械的接合を主な目的とする部分に使用します。止まることなくどこまでもねじ込めます。
寸法規格
管用テーパねじ/管用平行ねじの寸法規格は同じです。
インチ呼び径ネジ山数おネジ外径(φミリ)めネジ内径(φミリ)
G1/16287.7236.561
G1/8いちぶ289.7288.556
G1/4にぶ1913.15711.445
G3/8さんぶ1916.66214.95
G1/2よんぶ1420.95518.631
G1/2ろくぶ1426.24124.117
G1いんち1133.24930.291
呼び径:(英nominal diameter)おねじの外径の基準寸法を意味します。
ISO規格
国際規格ISO 68で一般に用いるねじ山形として規定されたねじです。ねじ山の角度が60°,山の頂が平らで谷に一定のすきまを設け,おねじとめねじがねじ山のフランクでかみあうようになっています。ピッチがmmで規定されたメートルねじと25.4mmについての山数で規定されたユニファイねじの2種があります。
ねじの種類おねじ/めねじISO規格旧JIS規格規格番号
管用テーパねじテーパおねじRPTJIS B203
 〃 テーパめねじRcPT 〃 
 〃 平行めねじRpPs 〃 
管用平行ねじ管用平行おねじG(A) (B)*PFJIS B202
 〃 管用平行めねじGPF 〃 
NPT一般用米国管用テーパねじ米国規格
NPS一般用米国管用平行ねじ 〃 
NPTFドライシール米国管用テーパねじ 〃 
BSP.Pl英国管用耐密結合用平行めねじ英国規格
BSP.Tr英国管用耐密結合用テーパねじ 〃 
BSP.F英国機械結合用平行ねじ 〃 
*G(A) (B):おねじの場合の有効径の許容差による等級、P:パイプ、T:テーパ
米国/英国の規格
以下の表はそれぞれのネジとの互換性を示しています。
米国以外の規格互換性あり米国独自
R RcR BSPTBSPT RcNPT NPT
R Rp--NPS NPS
G GG BSPPBSPP GNPTF NPTF
出展:機械工学辞典,JIS B0202,JIS B0203
圧力換算表
IOW遠心オイルセパレ-タ-で使用される圧力換算表(参考)
空気の重さである大気圧(たいきあつ)は生活圏である地上では約101.3kpa(キロパスカル)です。以下弊社製品を取り扱う際の参考表です。
単位名単位
1バールbar105 Pa
ミリバール1,000mbar100 Pa
重量キログラム毎平方センチメートル1.0197kgf/㎠98,067 Pa
平方インチあたりポンド14.5psi103 Pa
パスカル100,000Pa1 N/m2
ヘクトパスカル1,000hPa100 Pa
キロパスカル1,000kPa103 Pa
メガパスカル0.1MPa106 Pa
潤滑油の汚染
潤滑油はどのように汚染されていますか?
潤滑油中の汚染物質は機械の殺し屋です! 潤滑油に含まれる高レベルの微粒子は、
  • 機械の故障
  • 予期せぬダウンタイム(停台)
  • 収益の損失
  • と密接に関連しています。
これらの目に見えない汚染物質を効果的に除去することは、効率と生産性の向上を意味し、結果として利益の増加につながります。そのため、多くの事業主が潤滑剤と信頼性の戦略を見直しています。
多くの事業主が効果的な潤滑管理の価値を認識しているため、オイルから汚染物質を効率的に除去する技術に投資する企業が増えています。しかし、克服すべき課題は
  • これらの汚染物質は一体どこから来てるのでしょうか?
  • ディーゼルエンジンに大損害をもたらすのを防ぐには・・・?
以下では、エンジンで発生する可能性のあるオイル汚染の主な原因を見ていきます。
汚染物質は機械の殺し屋!
事業主は、組織の効率、生産性、収益を向上させるために、汚染管理に注力しています。
新品のオイル?
新品のオイルでさえ、すでに有害な微粒子を含んでいます。オイルが出荷されたとき、オイルにはすでに独自の製造プロセスからの汚染物質が含まれています。高品質の潤滑油を選択すれば、確かに有害な粒子は少なくなりますが、効果的なろ過システムは必須です。納品後の、適切な保管は不可欠です。湿気やほこりの多い場所で保管するなら、潤滑油は汚染されます。またオイルの保管期間によっては、潤滑油が機械に入る前に実質的に汚染される可能性があります。
新品のオイルでも既に汚染されている
予防:
新しい潤滑油は適正に保管されるなら、さらなる汚染を防ぐことができます。オイルは、潜在的な空気汚染にさらされないように、屋内で適切な密閉容器で保管する必要があります。エンジンに注入する前に潤滑油ろ過をお勧めします。ポータブルオイルろ過カートまたはキドニー・ループ・システム(Kidney loop system)※が最良の結果をもたらします。IOW遠心式オイルフィルターは、両方のろ過セットアップに適しています。特に、IOWグループ限定のろ過技術を利用して、潤滑油から最大の汚染物質を除去するのに効果的です。
※キドニー・ループ・システム(Kidney loop system)
これは貯留タンクに設置されたモーター、ポンプ、および異なるメッシュのフィルターを数段組み合わせて構成される独立したろ過ユニット・システムです。
内部汚染源
内部汚染物質には、機械内の動作によって自然に発生する副産物が含まれます。 例えば、錆、すす、シール材、金属等はすべて、オイルを汚染する有害な内部粒子です。内部汚染物質には多くの研磨粒子が含まれており、エンジンの重要な部品に大きな損傷を与えます。潤滑油中の研磨粒子の問題点は、機械内に損傷が生じるため、より有害な粒子が発生することです。潤滑油自体でさえ、時間の経過とともに劣化および酸化し、研磨性汚染物質を生成する可能性があります。したがって、オイルの清浄度を監視し、オイルの粘度を保護し、異常な摩耗状況が制御不能(摩耗の連鎖反応)に発展するのを防ぐことが不可欠です。
配管内の鉄と鉄のぶつかり合い 連鎖
流体経路内でも鉄同士の衝突が…摩耗の連鎖反応へ
予防:
効率的なろ過システムを組み込めば、エンジン内の汚染物質との戦いに対してこの上ない防御になります。一次フィルターはすぐに目詰まりし、潤滑油から最小の粒子さえ除去できなくなります。IOW遠心式オイルフィルターなどの二次フィルターは、最大の汚染物質を除去し、機械の稼働中にオイルを継続的に洗浄します。 CentriClean SCU(セパレーターコントロールユニット)リモートモニターと組み合わせることで、IOWオイル洗浄遠心分離機を最適に稼働させることができます。定期的なオイル分析と併用することで、潤滑システムの健全性を確認することがこれ以上ないほど簡単になります。
粒子数が多い場合は、エンジン内の異常な摩耗を早期に警告するため、さらに調査する必要があります。 CMA CGM船に搭載された IOW MP600油洗浄遠心分離機は、2.5倍以上のスラッジを収集しました。
「除去された余分な汚れには何が含まれているか?」との質問がなされたとき、テストの結果、潤滑システムから引き出されたものは高レベルのアスファルテン(asphaltene)※であることが示されました。 迅速な調査の結果、侵入の原因が特定され、エンジンの効率、生産性、寿命を延ばすために修復されました。
新しい革新的なオイルろ過技術に投資
新しい革新的なオイルろ過技術に投資することで、機械の寿命を延ばし、組織の生産性を向上させることができます。
※アスファルテン(asphaltene)
石油に含まれる炭素分子の一種で重くてタール状の黒く硬くて脆い物質です。加熱しても溶けないプラスチック状態(軟化温度300℃)になり配管系統を閉塞させる要因となります。
外部汚染源
外部汚染は作業環境に依存します。 外部汚染物質には、不適切なシール設計、摩耗したシール材料、または劣悪な動作条件によってシステムに侵入する可能性のある塵、水、および化学粒子が含まれます。 機械内の通気スペースがあると、道路の粉塵、土、石、湿気がシステムに侵入する可能性があります。 蓋、開口部、通気口に隙間があると、ほとんど抵抗なく汚染物質が吸い込まれる可能性が高くなります。
隙間があると、ほとんど抵抗なく汚染物質が吸い込まれる
予防: すべての蓋や開口部等は完全に密閉されていることを確認し、必要に応じて定期的に点検および保守してください。 機器を設置するときは、シールの寿命を延ばすために適切な位置合わせが行われていることを確認してください。 汚染のピークを特定するには、定期的なオイル分析も不可欠です。 潤滑油が侵入した場合、これらの汚染物質を潤滑油から除去する唯一の方法は、効果的な油濾過です。 遠心分離機は最も効果的な濾過形式と考えられており、信頼性に基づいた節約により投資回収率が速くなります。
IOW 遠心分離機は、現在入手可能な他の遠心フィルター製品よりも効率が 150%高く、潤滑油を十分に洗浄するため、設置したエンジンの寿命が延びます。 Caterpillar G3608 エンジンに取り付けると、ISO オイル清浄度コードが大幅に改善され、エンジンの寿命が 3 倍になりました。
人為的要因
機械と人間との関わりはもはや避けて通れないもので、さらなる汚染を引き起こす可能性があります。
ヒュ-マンエラ-等の人為的要因により上記の外部汚染物質が容易に機械内部や潤滑油中に侵入してしまう可能性が高まります。
予防:
職員の適切な訓練は、人為的要因の汚染物質の交戦に有益です。 あらゆる侵入を阻止するために、メンテナンス作業が熟練した方法で確実に実行されるように手順を定めます。 効果的な濾過システムを備えていると、潤滑油に混入する粒子を除去するのに役立ちます。 また、オイルの清浄度の向上にも貢献し、信頼性に基づいたメンテナンス戦略への移行が容易になります。 潤滑油が清浄であれば、エンジン部品や機械の摩耗が少なくなり、必要なメンテナンス(人的介入)が少なくて済みます。
人間の介入による汚染物質
信頼性に重点を置いたメンテナンス戦略に移行することで、人為的要因による汚染物質を減らすことができます。
機械の信頼性と効率の向上は継続的な課題であり、設備の出力を最大化するために計画を常に調整し、適応させる必要があります。自動化された機器、より高度な監視、およびより高度なエンジニアリングのおかげで、潤滑の卓越性を達成し、組織を効率ベースの作業環境に成長させることがこれまで以上に達成可能になりました。 IOWオイル洗浄遠心分離機は、設置できる最も効率的で迅速な投資収益率のオイルフィルターと考えられています。遠心力を利用してサブミクロンの粒子を引き出します。そして潤滑油の品質を向上させ、遠心分離機ボウル内に汚染物質を封じ込め、すぐに廃棄することができます。
潤滑油汚染についてさらに詳しい情報は資料ダウンロードページから
IOW機械保全-目からウロコのオイル管理」をご覧下さい。
地球を守るために

「地球を守る」ためにオイル交換間隔を延長する
従来、エンジンメーカーのアドバイスに従って定期的にオイル交換を完了するのが一般的でした。 しかし、より環境に優しく持続可能なアプローチをとりたい場合はどうすればよいでしょうか? それも可能です!
オイル交換間隔を延長する
オイル交換間隔を延長することのメリットは、機械、オペレーター、環境にとって非常に大きなものになります。機械の効率と生産性は向上しますが、ろ過とテストを増やすことでメンテナンス予算を削減できます。
環境への責任は産業プロセスにおけるプレッシャーを増大させており、潤滑プログラムにいくつかの簡単なステップを導入するだけで、競合他社に対してリードを獲得できる可能性があります。 燃料と石油の価格が上がり続ける中、将来の組織は可能な限り環境に優しく効率的になるでしょうが、適応できなかった組織は順調なビジネス成長には困難を強いられることになるでしょう。
効率的な濾過技術と定期的なテストおよびオイル分析を併用することで、オイル交換間隔を 2倍、さらには3倍にすることができます。 組織の総石油消費量を削減することで、大幅な節約を実現し、現在利用可能なろ過ソリューションを使用して不必要な廃棄物から地球を守ることができます。
オイル交換間隔を延長する
IOW 遠心分離機フィルターを取り付けると、オイル交換間隔が延長され、オイル消費量が削減され、結果として二酸化炭素排出量が削減されます。
「地球を守る」ためにオイル交換間隔を延長する
オイル交換間隔も進化しています。 石油を使い捨てではなく大切にすべき貴重な資産と考える経営者が増えています。 石油が誤用されると壊滅的な影響が環境に及ぶ可能性があるので、産業界は石油を最大限に活用するために温暖化ガスである二酸化炭素排出量を削減し、石油の寿命を延ばすことに努めています。 幸いなことに、環境に関する認証を向上させることは、コスト削減と貴重なリソースの節約と密接に関係しており、ひいては企業全体への利益となります。
オイル中の有害な粒子によって引き起こされる損害は、非常に大きな損害をもたらす可能性があります。 オイルの実際の価格は、汚染物質をろ過しない場合に支払える価格のほんの一部です。 オイルにはさまざまな成分や品質がありますが、新品のオイルであってもエンジンにダメージを与える汚染物質が含まれています。 潤滑油に含まれる微粒子は、過度の摩耗、機械的故障、予期せぬダウンタイムを引き起こします。 濾過がなければ、これらの問題が積み重なり、最終的には機械の故障につながります。 オイル交換だけでは不十分であり、すすを除去し、オイルを浄化し、オイルがエンジンを潤滑する働きを継続できるようにするために、効果的な濾過が行われていることが不可欠です。
美しい青い宝石ー地球
オイル交換には、機械のダウンタイム、交換完了までの工数、オイルの安全な廃棄、管理コスト、事務手続きなどの他のリソースも必要であり、これらすべてがオイル交換の総コストに加算されます。オイル交換には実際のオイルの価格の40倍の費用がかかると推定されており、非経済的な上に、持続不可能な選択でもあるといえます。
IOW 遠心分離機オイルフィルターは、潤滑油から最大限の汚染物質を除去します。 特許で保護された独自の機能を組み合わせることで、IOW 遠心分離機フィルターの効率は、入手可能などの遠心分離機フィルターよりも 150%向上します。 IOWグループは、世界中のお客様がオイルの寿命を延ばし、より環境に優しいものにするためにオイル交換間隔を延長できるよう支援してきました。
ISO 清浄度コードと全塩基価番号(TBN) は両方とも、オイルの交換が必要かどうかを示す指標です。二酸化炭素排出量を削減するにはオイル交換間隔を延長することが推奨されますが、機械内の添加剤や酸により、最終的にはオイルが目的に適わなくなります。 そのため、濾過を改善するだけでなく、オイルの定期的なテストと分析も必要です。また、IOW 遠心分離機フィルターの有効性を確認する機会も得られます。 それによってオイルの品質が向上し、安心してオイルを継続使用できるようになります。
ISO 清浄度コード
オイル交換時に考慮すべき費用はオイル代だけではありません
IOW 遠心分離機フィルターを設置することによるもう 1つの環境上の利点は、一次フィルターの寿命が延びることです。 一次フィルターはすぐに目詰まりしてしまい、オイル濾過機能を果たさなくなります。さらに機械に最も大きなダメージを与える小さな汚染物質を除去する能力はありません。そのため、バイパス (またはキドニーループ) 遠心濾過システムが機器を保護する最も効率的な選択肢となります。IOW 遠心分離機フィルターを取り付けた1 回の設置では、一次フィルターの寿命が500 時間から驚異の1500 時間に延長されました。 これは、各一次フィルターの寿命が300%長いことに匹敵します。 長期的に見れば、一次フィルターの必要購入回数が少なくなり、オイル品質が向上し、寿命が長くなり、全体的に使用される資源が少なくなることを意味します。
オイル交換にかかる実際の費用とは・・・
使い捨てフィルターは濾過能力が低いだけでなく、環境に非常に悪影響を及ぼします。組織は、冷却剤、オイル、金属片、粉末残留物が深く染み込んだフィルターを取り除くことになります。その後、使い捨てフィルターは、地中に浸透して環境にダメージを与えるさまざまな化学廃棄物の混合物を含む埋め立て地に送られます。 IOW 遠心分離機は、使い捨て一次フィルターの拡張に大きく役立ち、二酸化炭素排出量のさらなる削減に役立ちます。 使い捨てフィルターは世界中の埋立地を乱雑にする一方で、IOW 遠心分離機は再利用可能であり、メンテナンス時に交換する必要があるのは小さな紙インサートだけです。 恒久的な部材に切り替える企業は、廃棄コスト、工数、リソースを数千ドル節約しています。
オイル交換間隔を延長する
ますます厳しくなる環境規制に耐えるためには、組織はより持続可能になる必要があります
計上する必要があるのは、機械に関するコストだけではありません。新しい部品が注文されるたびに、その部品が目的地に届くまでに多くの資源が使われます!管理コスト、通関コスト、輸入税、輸送コスト、銀行手数料、そして小包の署名でさえも、商品配送に消費されます。IOWフィルターに投資することで、オイル交換の間隔を延ばし、一次フィルターの寿命を延長し、その結果、費やされるコストと資源を削減することができます。
結論として、一定の間隔でオイルを交換するには多くの隠れたコストがかかり、不必要な環境破壊を引き起こし、膨大な量の企業リソースを消費します。 オイル交換間隔の延長がいかに大幅な節約につながり、従来の慣行よりも持続可能であることが示されています。 IOW 遠心オイルセパレーターに変更することの波及効果は長期にわたり、濾過業界内でより環境に優しく、より持続可能なソリューションを生み出す組織全体に広がります。
導入結果
様々な業界で目覚ましい実績があります。実績レポ-トをご参考下さい。

オイルの濾過と機械の信頼性を向上させる 5つの方法

世界中の組織は、選択したビジネス分野の効率、生産性、利益を向上させるために常に努力しています。 利益率が厳しく、競争が激化しているため、多くの事業主は潤滑管理手順の見直しに注力しています。 目に見える結果と実際の節約効果により、潤滑プログラムの変革によるメリットは否定できません。 ここでは、より効率的なオイルろ過と潤滑剤の適切な管理を通じて機械の信頼性を向上させるために取るべき以下の5つの簡単な手順を見ていきます。
  1. 定期的にオイル分析を実施し、オイルの清浄度目標を設定します。
  2. オイルフィルターとその性能を常に監視しましょう。
  3. 機械内の汚染源を見つけます。
  4. フィルターの効率を理解する。
  5. 機械の改造を行います。
ビジネスオーナーは、

潤滑管理戦略

を通じて
機械の効率と信頼性を向上
させることに重点を置いています。
機械の効率と信頼性を向上
1.定期的にオイル分析を実施し、オイルの清浄度目標を設定します。
オイル分析は、機械の全体的な状態を判断しメンテナンスを決定するのに役立つとても有用なツールです。 オイルの清浄度目標を設定することは、確実なステップを踏むために不可欠であり望ましいISO清浄度レベルを達成するためにはコストがかかる場合がありますが、得られるメリットは初期投資をはるかに上回ります。測定可能なデータが確認できれば、機械寿命と生産性を計算できることになります。一例として Noria機械寿命延長計算ツールを使用し、IOW オイル洗浄遠心分離機を設置したところ ISO 清浄度コードが大幅に改善され、エンジンの寿命が3倍になったと判断された実例があります。
重要なヒント: 信頼性の目標に応じて、必ず適切なオイル分析テストを選択して下さい。
機械の効率と信頼性を向上
2.オイルフィルターとその性能を常に監視しましょう。
最高級の機器を購入するのは良いことですが、その性能の確認や測定ができなければ、何のメリットがあるでしょうか? 例えば・・・オイルフィルターが効率的にろ過されているかどうか、あるいは点検が必要かどうか?
残念なことに…宝の持ち腐れになる場合があるかもしれません!
遠隔監視システムは、より信頼性を重視したメンテナンス戦略への移行を支援し、この技術の利点は、組織に広範囲に及ぶ利点をもたらすのに大変益です。IOWのオイル洗浄遠心分離機は、オペレータが現状をより深く理解できる遠隔監視ユニットの選択肢を提供する唯一のオイル遠心分離機です。 詳細については、こちらをご覧ください。
オイル遠心分離機の性能に関するライブデータを表示する機能と、さまざまな要因に基づいてアラームを設定する機能により、IOWオイル洗浄遠心分離機は少ないリソースを利用しながら効率を高めます。このデータを記録することで、傾向を特定してさらなる節約につながり、将来の潤滑目標を正確に設定するのにも役立ちます。
重要なヒント: IOWグループは、CentriCleanアプリまたは Modbus経由でライブデータをスマートフォンに直接提供し、既存のシステムと統合できるモニタリングユニット (SCU) を提供しています。
IOWオイル洗浄遠心分離機は、遠心分離機のフィルター性能のライブデータをリモート監視ユニットとして選択できる唯一の製品です。
機械の効率と信頼性を向上
3.機械内の汚染源を見つけます。
潤滑油中の汚染物質は避けられませんが、汚染の管理は先行保全戦略の不可欠な部分です。 これらの有害な粒子を制御するための最初のステップは、汚染源となる原因を突き止めることです。例えば・・・保管の不備、輸送中によるもの、密封不良、エンジンの亀裂・・・等どのような原因であれ、こうした侵入経路を特定して処置するのは大切です。
IOW オイル洗浄セパレ-タ-が CMA CGM 船に設置されたとき、除去された余分なすすのオイル分析が行われました。短時間の調査により、エンジニアリングチームは、潤滑システムにアスファルテンが混入している潜在的に致命的な原因を発見しました。これは修正され、IOW遠心オイルセパレーターが効果的にアスファルテンを封じ込めました。詳細はこちらをご覧下さい。
重要なヒント: オイル分析は、汚染源を特定、特定、除去するための重要なステップです。
新しい革新的な油ろ過技術に投資すれば、機械寿命が延長され、組織の生産性向上に貢献致します。
機械の効率と信頼性を向上
4.フィルターの効率を理解する。
すべてのオイルフィルターは潤滑油から汚染物質を除去します。が、
  • どのくらいの量?
  • どのくらいの速さ?
  • その他にどのような利点があるのか?
を考慮するのは大切です。とりわけ新しいオイルフィルターを選択して購入するときは、要領よく取り組むのは重要です。 下調べをし、何が組織の効率に影響を与えるかを学びましょう。適切な製品に投資することで、さらに時間を節約し、潤滑の目標をより早く達成することができるからです。
オイル洗浄用遠心分離機は、設置可能なオイルフィルターの中で最も効率的で投資回収の早いものと考えられています。遠心力を利用してサブミクロンの粒子を引き出す遠心分離機オイルフィルターは、潤滑油品質を向上させ、廃棄に備えて遠心分離機ボウル内に汚染物質を封じ込めます。
1950年代以来更新されていなかった油洗浄用遠心分離機は、IOWグループの新しい遠心分離機フィルターによって更新され、革命を起こしました。IOW遠心オイルセパレ-タ-は特許で保護されており、効率を向上させる独自の機能を備えています。 IOWオイル洗浄遠心分離機は特許保護されており、効率を向上させるユニークな特徴を持っています。中央のボウルディスク積層筒は潤滑油から、より細かい粒子を引き出すのに役立ちます。IOWオイルセパレ-タ-は、既存の競合モデルよりも15~30%速く回転します。 遠心フィルターと共に、IOWグループは、お客様の組織を通して効率の範囲を広げ、大きな節約を生み出し、将来の信頼性目標の達成に役立つ遠隔監視ユニットの選択肢を提供します。
重要なヒント: 新しい遠心オイルフィルターを購入される場合は、実績レポ-ト、お客様の結果、フィルターの他社試験結果を検索してください。
5.機械の改造を行います。
信頼性を向上させるために、エンジンや機械に多くの改造を施すことができます。 多くの場合、エンジンの購入時に標準装備されているフィルターやアプリケーションは、効率を上げるための最良のオプションではありません。高性能オイルフィルター、ポンプ、バック フラッシング フィルターを汚染管理戦略に組み込むことで、機械の寿命を延ばすことに投資し、最終的に収益能力を向上させることができます。
IOW遠心オイルセパレ-タ-は既存の配管に後付けできるように設計されており、既存の架台に取り付けることができます。遠心分離機フィルターのアップグレードは簡単ではありません。IOWグループは、連携してオイルろ過を強化するさまざまなポンプやろ過アクセサリを製造しています。
エクアドルの発電所では、Mann + Hummel フィルターをIOW MP600遠心オイルセパレ-タ-に交換しました。
発電プラント 遠心分離機フィルターのアップグレードを選択したことで、エンジンあたり約 17,000米ドルが節約されました。その他の有益な結果としては、特にこのお客様が潤滑目標を達成し、TBN (全塩基価) を10%未満に抑えることができました。
最重要のヒント:装置改造結果が信頼性目標に沿ったものであることを確認してください。
機械の信頼性と効率の向上は継続的な課題であり、設備の生産量を最大化するために計画を常に調整して適応させる必要があります。 自動化された機器、より洗練された監視、およびより高度なエンジニアリングのおかげで、優れた潤滑を実現し、組織を効率ベースの作業環境に成長させることがこれまで以上に容易になりました。

IOWの遠心オイルセパレーターは、現在利用可能な

最も革新的で効率的

な遠心分離機技術であることが試され、テストされ、証明されています。

機械寿命延長

エンジン寿命を延長したいですか?
潤滑油中の汚染物質が機械に損害を与える可能性があります。 コンタミ微粒子は潤滑油を汚染し、最終的には潤滑油が本来の目的を果たせなくなります。 オイルは機械表面を潤滑してスムーズなプロセスを助ける代わりに、実際にはエンジン部品の腐食や損傷を引き起こしています。しかし、目に見えない潤滑油中の有害な汚染物質をどのように測定、管理、除去すればよいのでしょうか?重機や機械は、産業組織において最も高価な買い物のひとつですので、購入された貴重な機器類が大切に扱われ、投資した設備が保護されているのを確認することは大切です。
機械寿命延長
残念ながら、依然として多くの業界では、オイル交換を行うだけで問題が解決—それによりこれらの有害汚染微粒子に対処している!とみなされています。 これほど真実からかけ離れたものはないでしょう。実のところ新油でさえ既に汚染微粒子が含まれており、潤滑油の保管状態が不適切であれば汚染粒子が収集され、オイル交換中にさらに多くの微粒子が潤滑油に吸収されてしまいます。 これは機械にとって実際的ではないだけでなく、高価で時間のかかる選択となります。新しいオイルでさえ清浄でないなら、どうやってこれらの汚染物質を管理できるのでしょうか?
機械寿命延長
ISO清浄度コードの改善
あらゆる問題と同様に、知識は力であり、定期的なオイル分析によって、ユーザーは潤滑油中の汚染物質のレベルを監視し、汚染傾向を確認して対応することができます。汚染物質のレベルは,ISO清浄度コードを用いて測定・表示されます。ISO清浄度コードは,国際規格ISO 4406:2017(油圧-作動油-固体微粒子に関する汚染度のコード表示)に基づいています。ISOコードは、3組の区切られた数字が表示されます。これらのコードを定期的に見直すことで、オイルの状態を適切に把握できます。従ってISOコードを改善することで節約できるのはオイルだけではありません。結果的にエンジン寿命も延長します。
オイルサンプル分析
オイルサンプルの分析は、エンジン内の汚染が発生している場所の診断にも役立ちます。高額な修理費用を費やす前に損傷を防ぐことは、管理されたメンテナンスプログラムを実施する上で不可欠な要素です。機械の摩耗や故障の根本的な原因を、ダメージが発生する前に特定することで、部品代だけでなく人件費も大幅に節約することができるからです。望ましいISO清浄度コードを達成することで、機械の稼働時間が増加し、持続可能性とシステム運用が改善され、メンテナンスコストが削減され、そして最も重要なことは、設備と機械の寿命が延び、投資収益率が向上します!
効果的なろ過システム
機械保護のために潤滑油の品質を向上させるもう1つの側面は、効果的なろ過システムです。オイル中の粒子コンタミは避けられませんが、遠心オイルセパレーターはこれらを除去し、ISO清浄度コードの向上に貢献します。遠心オイルセパレーターは、オイルのごく一部を循環から外すバイパスフィルターであり、遠心力を利用して有害な汚染物質を取り出し、遠心オイルセパレーターが満杯になった時点で回収して廃棄します。
ISO清浄度コードの改善
IOWグループはエンジン寿命延長にどのように貢献できますか?
IOWグループの遠心オイルセパレーターには、特許で保護された独自の特徴があり、他社の遠心分離フィルターよりも150%効率が高くなります。市場のトップを走るIOW遠心オイルセパレーターは、清浄油と汚染油のあらゆる相互汚染を阻止するように設計されています。 ボウルディスク技術を使用して優れた分離を実現し最小の汚染物質を除去できます。 信頼性と効率を保証するCentriClean遠隔監視ユニットと組み合わせることで、IOW遠心オイルセパレーターはプロセスに大きな効果をもたらし、お客様の組織がISO清浄度コード目標を達成するのに役立ちます。IOWグループの遠心オイルセパレーターは、競合他社よりもISO清浄度コードを2-3向上させます!
IOW遠心オイルセパレーターに投資するメリット
ISO 清浄度コードは、組織の設備の信頼性を向上させるための重要な指標です。 信頼性の向上に重点を置いている企業は、これらのコードの改善に努めています。これを達成するために IOW遠心オイルセパレーターに投資するメリットはすぐにお分かりになられることでしょう。IOW グループのエンジン オイルセパレーターの導入でオイル交換間隔を延長し、機械の寿命を延ばし、競合他社に打ち勝つことに貢献できるでしょう。
IOW遠心オイルセパレーターに投資するメリット

カタログダウンロード
IOW遠心オイルセパレーター
製品カタログ(11.8MB)
カタログDL
IOWモデルMP090-標準型
製品カタログ(2.8MB)
カタログDL:モデルMP090
IOWモデルMP090-異径
製品カタログ(3.2MB)
カタログDL:モデルMP090
IOWモデルMP090-PDS付
製品カタログ(3.0MB)
カタログDL:モデルMP090-PDS付
IOWモデルMP200
製品カタログ(3.2MB)
カタログDL:モデルMP200
IOWモデルMP400
製品カタログ(5.3MB)
カタログDL:モデルMP400
IOWモデルMP600
製品カタログ(3.7MB)
カタログDL:モデルMP600
IOW有線式遠隔監視システムSCU0002
製品カタログ(1.1MB)
カタログDL:遠隔監視システムSCU0002
IOW無線式遠隔監視システムSCU0003
製品カタログ(0.7MB)
カタログDL:遠隔監視システムSCU0003
IOW機械保全
目からウロコのオイル管理(7.08MB)
カタログDL
保守関連資料
セパレ-タ-MP090保守手順

IOW遠心オイルセパレ-タ-MP090の保守手順概要
mp090セパレーター保守
MP090での使用後の分解清掃の参考です。以下必要工具です。
画面に向かって左から、プラスチック・ハンマ-、木べら、L字ドライバー(Oリング外し用)、スパナ、ボックスレンチ
セパレーター保守必要工具
消耗品として、ボウルアッセンブリ内の用紙・O-リング(状況によります)などを準備しておきます。
分解
カバ-固定バンドを緩めカバ-を外しボウルアッセンブリを取り出します。
分解 分解 分解
取り出したボウルアッセンブリを工具を用いて分解します。
分解 分解 分解
分解 分解 分解
清掃
内部はスス・汚染油が付着しますので清掃します。木ベラで大きなスラッジの塊を除去します。蓋内部の細かい部分はエア-等を使うと除去しやすいかもしれません。
清掃 清掃 清掃
清掃 清掃 清掃
用紙交換
汚染油・ススなどはボウルアッセンブリ内の用紙に付着するため廃棄は簡単です。次の稼働に向けて新品の用紙に交換します。Oリングは損傷がないかを確認します。その後グリスを塗布します。
用紙交換 用紙交換 用紙交換
組立
組み上げた後にボウルアッセンブリの回転状態を手動で確認してからカバ-を戻します。
組立 組立 組立
組立 組立 組立
完成
カバ-固定バンドを締めれば分解・清掃・用紙交換完了です。
セパレーター保守完成
詳細は動画をご覧下さい。

セパレ-タ-MP200保守手順

IOW遠心オイルセパレ-タ-MP200の保守手順概要
mp200セパレーター保守
標準的なMP200での使用後の分解清掃の参考です。以下必要工具です。
画面に向かって左から、プラスチック・ハンマ-、木べら、L字ドライバー、カギレンチ・メガネレンチ
注記)カギレンチ1本とメガネレンチ2本は製品に付属しています。
セパレーター保守必要工具
消耗品として、ボウルアッセンブリ内の用紙・O-リング(状況によります)などを準備しておきます。
分解
カバ-を外しボウルアッセンブリを取り出します。
分解 分解 分解
分解 分解 分解
清掃
内部はスス・汚染油が付着しますので清掃します。
清掃 清掃 清掃
再組立
清掃後はO-リングなどの損傷などを確認します。交換が必要であればL字ドライバーで外して交換します。
再組立 再組立 再組立
再組立 再組立 再組立
用紙交換
汚染油・ススなどはボウルアッセンブリ内の用紙に付着するため廃棄は簡単です。次の稼働に向けて新品の用紙に交換します。
用紙交換 用紙交換 用紙交換
組立
組み上げた後にボウルアッセンブリの回転状態を手動で確認しカバ-を戻します。
組立 組立 組立
完成
これで分解・清掃・用紙交換完了です。
セパレーター保守完成
詳細は動画をご覧下さい。

セパレ-タ-MP400保守手順

IOW遠心オイルセパレ-タ-MP400の保守手順概要
mp400セパレーター保守
画面に向かって左から、木べら、L字ドライバー、六角レンチ、メガネレンチ2本、カギレンチ、プラスチック・ハンマ-
セパレーター保守必要工具
消耗品として、ボウルアッセンブリ内の新しい用紙・O-リング(状況によります)などを準備しておきます。
分解
カバ-バンドを緩めて外しカバ-上部の取っ手を緩めるとカバ-が外れます。ボウルアッセンブリを取り出します。
分解 分解 分解
ボウルアッセンブリのカバ-を外します。軸はハンマ-で軽く叩きます。
分解 分解 分解
ボウル内部確認
ボウル内部まではススなどが浸潤していませんので清掃は不要です。
内部確認 内部確認 内部確認
清掃前分解
ボウルアッセンブリのカバ-のネジを六角レンチで緩めます。
再組立 再組立 再組立
木べらで大きなスラッジの塊を除去してゆき清掃します。
再組立 再組立 再組立
スラッジ除去
汚染油・ススなどはボウルアッセンブリ内の用紙に付着するため廃棄は簡単です。木べらをカバ-と用紙の間に差込周囲をほぐし、カバ-を持ち上げればスラッジ塊が落下します。
用紙交換 用紙交換 用紙交換
ボウルアッセンブリ清掃
スラッジ塊を除去した後は内部を清掃します。ボウルは最上部のOリングを外し手で回せば簡単に取り出せます。
組立 組立 組立
軸分解
Oリングの状態確認のためスピンドルを分解します。カギレンチで緩め固定リングを外します。
組立 組立 組立
組立 組立 組立
Oリングの状態確認
スピンドルを分解したら内部のOリングの状態確認しグリス塗布します。
組立 組立 組立
組立
ボウル最上部のOリングにもグリス塗布しながら元に戻します。
組立 組立 組立
用紙挿入
組みあがったら新しい用紙を挿入し蓋をします。
組立 組立 組立
組立
ボウルアッセンブリの蓋のネジを固定します。高さは160mmです。
組立 組立 組立
組立
組み上げた後にボウルアッセンブリの回転状態を手動で確認します。
組立 組立 組立
完成
カバ-バンドを締めれば分解・清掃・用紙交換完了です。
セパレーター保守完成
詳細は動画をご覧下さい。

セパレ-タ-MP600保守手順

IOW遠心オイルセパレ-タ-MP600の保守手順概要
mp600セパレーター保守
画面に向かって左から、木べら、L字ドライバー、六角レンチ、メガネレンチ2本、カギレンチ、プラスチック・ハンマ-
セパレーター保守必要工具
消耗品として、ボウルアッセンブリ内の新しい用紙・O-リング(状況によります)などを準備しておきます。
分解
カバ-バンドを緩めて外しカバ-上部の取っ手を緩めるとカバ-が外れます。ボウルアッセンブリを取り出します。
分解 分解 分解
ボウルアッセンブリのカバ-を外します。軸はハンマ-で軽く叩きます。
分解 分解 分解
ボウル内部確認
ボウル内部まではススなどが浸潤していませんので清掃は不要です。
内部確認 内部確認 内部確認
スラッジ除去
ボウルアッセンブリのカバ-のネジを六角レンチで緩めます。
再組立 再組立 再組立
木べらで大きなスラッジの塊を除去してゆき清掃します。
汚染油・ススなどはボウルアッセンブリ内の用紙に付着するため廃棄は簡単です。木べらをカバ-と用紙の間に差込周囲をほぐし、カバ-を持ち上げればスラッジ塊が落下します。
再組立 再組立 再組立
ボウルアッセンブリ清掃
スラッジ塊を除去した後は内部を清掃します。ボウルは最上部のOリングを外し手で回せば簡単に取り出せます。
用紙交換 用紙交換 用紙交換
軸分解
Oリングの状態確認のためスピンドルを分解します。カギレンチで緩め固定リングを外します。
組立 組立 組立
Oリングの状態確認
スピンドルを分解したら内部のOリングの状態確認しグリス塗布します。
組立 組立 組立
組立 組立 組立
用紙挿入
組みあがったら新しい用紙を挿入し蓋をします。
組立 組立 組立
組立
ボウルアッセンブリの蓋のネジを固定します。高さは273mmです。
組立 組立 組立
組立
組み上げた後にボウルアッセンブリの回転状態を手動で確認しカバ-を戻します。
組立 組立 組立
完成
最後にカバ-バンドを締めれば分解・清掃・用紙交換作業は全て完了です。
セパレーター保守完成
詳細は動画をご覧下さい。

IOWデモムービー
動画視聴は音声が出ますので、ご注意下さい。
Centrifugal Oil Filter AssemblyIOW遠心オイルセパレーター組立現場(1.29)
IOWデモムービーMP090保守手順
Service and Cleaning the MP090 Centrifugal Oil Cleaner
IOW遠心オイルセパレーターMP090保守手順(10.47)
IOWデモムービーMP200保守手順
Service and Cleaning the MP200 Centrifugal Oil Cleaner
IOW遠心オイルセパレーターMP200保守手順(13.40)
IOWデモムービーMP400保守手順
Service and Cleaning the MP400 Centrifugal Oil Cleaner
IOW遠心オイルセパレーターMP400保守手順(15.39)
IOWデモムービーMP600保守手順
Service and Cleaning the MP600 Centrifugal Oil Cleaner
IOW遠心オイルセパレーターMP600保守手順(16.06)
潤滑油基礎知識
潤滑油基礎知識ー1

潤滑油とは

潤滑油(英:lubricant)とは摩擦の制御,表面損傷の防止や軽減を目的として用いられる物質の総称です。
潤滑剤の種類による分類は以下のようになります。
  • 各種気体
  • 液体
  • 固体
  • 半固体:グリースなど
潤滑油とは
上記の機能以外にも、冷却・ 密封・錆止め・異物の除去などの目的で利用されます。
気体潤滑油
気体軸受などにおける粘性流体としての流体潤滑作用,空気中の酸素が形成する金属面の酸化膜の境界潤滑作用など,空気をはじめとする気体は,潤滑剤としての役割を果たしています。
気体膜で回転軸を支持する気体軸受のほか,磁気ディスクと浮動ヘッドスライダ間の潤滑,非接触ガスシールの潤滑などがこれに含まれます。
液体潤滑油
液体の潤滑剤としてもっとも広く用いられているのは潤滑油あるいは潤滑油剤であって,主たるものは鉱油系潤滑油と合成潤滑油(化学合成油)です。
摩擦条件に対して適切な粘性を持つ基油に,流動特性,境界潤滑作用,潤滑油自体の安定性などを高める添加剤(化学薬品)を,目的に応じて加えたものです。
基油の種類によって石油系潤滑油,合成潤滑油などに,用途によってエンジン油,工業用潤滑油,金属加工油などに大別されます。
オイル交換間隔を延長する
グリースは,潤滑油に増ちょう剤と呼ばれる金属石けん,ウレア樹脂などを加えてペースト状にし,摩擦面への供給を容易にしたもので,潤滑作用は主として含まれている潤滑油によります。
固体潤滑油
低摩擦材料として知られる四フッ化エチレン樹脂などのポリマ,黒鉛・二硫化モリブデンなどの層状固体,金などの軟質金属が用いられます。潤滑油に比べると潤滑効果は低いですが,高真空,高温・低温など適用範囲がはるかに広いです。
潤滑油の成り立ち
潤滑油は、原油を精製した鉱油系ベースオイル(または基油)に各種の添加剤(化学薬品)を組み合わせ、その使用目的に応じて調合されています。
原油は産油国によって粘度指数や炭化水素の量が異なり蒸留装置により以下の成分に分離されます。
  • LPガス
  • ガソリン・ナフサ:燃料や化学製品の原料用
  • 灯油・ジェット燃料:燃料用
  • 軽油:燃料用
  • 残油:重油・アスファルト・潤滑油原料用など
この「残油」が潤滑油の主原料となります。
出展:機械工学辞典

潤滑油基礎知識ー2

基油(Base Oil)について
実に潤滑剤の80〜90%を構成する性能を決定するベースとなる基油(baseoil)は、原油精製された石油製品の一部ですが、大まかには鉱物系油、合成油(厳密には鉱物系油とのブレンド比率でさらに半合成油・全合成油に分類)に分割されます。
原油精製plant 潤滑油製造
この鉱物油系基油も含まれる炭化水素成分によってさらに細かく分類されます。
実際の石油、潤滑油は非常に複雑な炭化水素の混合物です。つまり一つのオイル分子の中に、下図のパラフィン・ナフテン・アロマという異なる種類の構造を持ったオイル分子を含んでいます。 これらを完全に分離する事は、実際には不可能です。
パラフィン系ベースオイル アロマ系ベースオイル
ナフテン系ベースオイル
カ-ボン比とは
上記の3種類のオイル分子が 油全体の中にどのくらいの比率で存在するのかを示したものです。 つまり、Cp:パラフィンの比率、Cn:ナフテンの比率、Ca:アロマの比率とすると
パラフィン系・・・Cpが50%以上を含むプロセス油を指します。
ナフテン系 ・・・Cnが30~45%を含むプロセス油を指します。
アロマ系 ・・・Caが35%以上を含むプロセス油を指します。
ベ-スオイル(基油)とは、要は これらのオイル分子が複雑にからみあったてできた物ーつまり オイル分子一つは、実際にはとても大きな分子です。また合成油とは異なり一つ一つの分子の大きさは不ぞろいです。
オイル分子一つは大きい

潤滑油基礎知識ー3

潤滑油添加剤(additive)とは
潤滑油は、原油を精製した鉱油系ベースオイル(または基油)に各種の添加剤(化学薬品)を組み合わせ、その使用目的に応じて調合されています。高価な化学薬品ですので多量に使用すれば、たちまち製品コストに直結します。また添加剤によっては相反する性質を持つものがあるので、目的の潤滑油を製造するための各潤滑油の調合はオイルメ-カ-の腕のみせどころとなります。
潤滑油は時間経過に伴い必ず酸化/劣化(本来の性能低下)します。その度合を遅くするために各種添加剤(化学薬品)が調合されています。潤滑油製品開発において、目標とする品質・性能・価格を想定し、ベ-スオイルと添加剤を組み合わせます。紙上で計算し(シュミレ-ション)試作調合、検査・・・等の過程を経て製品化され市場に出ます。製品によっては開発が何と半年~数年を要する場合もあるそうです。実際の製品では、ベ-スオイルが1~3種類+添加剤が5~15種類程度ブレンドされます。
基油に添加剤を加算 添加剤を加算 潤滑油 潤滑油とは
原油を精製添加剤加算調合

潤滑油製品誕生!


主な添加剤としては以下のものがあり、それぞれの添加量は全体量のわずか数%程度以下です。各添加剤の詳細は検索下さい。
清浄分散剤(detergent dispersant)
機械の稼働で生成する有害な不純物(金属粉・すす・スラッジ等)を潤滑面から取り除き、機械の寿命を伸ばすため内部を清浄に維持し焼き付きや故障を防ぐ目的で添加されます。ディーゼルエンジンなどでは燃料中の硫黄分に由来する硫酸を中和するため,金属炭酸塩などを過剰に含ませた過塩基性清浄分散剤が使われます。
酸化防止剤(antioxidizing agent)
潤滑油の酸化を防止し、また油の酸化に起因するワニスやスラッジの生成を抑制するために添加されます。高温での機械稼働では天ぷら油がイメ-ジしやすいですが油は当然酸化します。しかし常温保管していても空気中の酸素との接触があれば徐々にであっても酸化は避けられません。
耐荷重添加剤/極圧添加剤
潤滑油の潤滑性能と耐荷重性能を向上させる添加剤。これにより磨耗や焼き付きを防止する目的で添加されます。
防錆剤
鉄錆を防止するため金属表面に保護膜を形成目的で添加されます。
腐食防止剤
鉄以外の金属の錆(腐食)を防止するため添加されます。
粘度指数向上剤
温度変化に伴う潤滑油の粘度変化、特に低温時での粘度増加を低減するために添加されます。
流動点降下剤
潤滑油として使用可能な温度範囲を低温側に広げるために添加されます。流動点とは凝固する直前の温度です。
消泡剤
潤滑油の泡を破壊し、潤滑油の泡立ちを抑制するためごく微量が添加されます。
乳化剤
油を乳化し、生成したエマルジョンの安定性を保つ界面活性剤が添加されます。潤滑油に水分が混入すると乳化(エマルジョン)します。
抗乳化剤
潤滑油の乳化を防止するために添加されます。
カビ防止剤
エマルション中に生存する細菌、カビ、酵母などの微生物の増殖を防ぎ、それらに起因する障害を抑制します。
出展:機械工学辞典

潤滑油基礎知識ー4

潤滑油の劣化
青草は干からび,花は枯れるように新油でさえもやがて劣化してゆきます。
基油(ベースオイル)に添加剤(化学薬品)をブレンドして製造された潤滑油は時間の経過により外部からのコンタミ(水分・塵埃・金属微粒子等の異物混入)、潤滑油自体の化学的変化(様々な要因あり)、本来の機能を発揮できなくなっていきます。内燃機関で使用されると潤滑油はやがて燃えてゆき油量は少なくなります。
青草 潤滑油の劣化
潤滑油はとりわけ内燃機関で使用される場合は空気中の酸素に加えて運転中は常時高温にさらされるため化学的変化ー酸化劣化の影響を受けます。潤滑油の特性維持のために加味されている添加剤の一つに酸化防止剤がありますが、潤滑油が高温で使用されることにより生じる酸化反応を抑制するため徐々に消耗してゆきます。残量が規定値以下になると潤滑油は酸化反応を抑制できなくなり本来の役目を果たせなくなります。
酸化反応
潤滑油は使用環境に置かれると、時間とともに酸化反応を起こして変質します。酸化は、酸素との相互作用によって潤滑油の劣化ーつまり潤滑油の性能維持のために加味された添加剤が劣化し機能を失い、或いは上記の様に酸化反応抑制のため消耗していったりします。その結果、潤滑油が色あせたり臭いが変わったりする現象で潤滑油の本来の機能が減少・消失する状態を指します。例えば、新油の時よりも粘度が低下すれば摺動面での油膜形成が十分でなくなるため、金属表面が直接触れ合います。また酸化反応により潤滑油成分が高温に耐えられずスラッジと呼ばれる酸化生成物が発生し機械にダメージを与えます。
酸化反応はフリーラジカル( free radicals 遊離基—不安定な分子)と呼ばれる非常に不安定で強い酸化力を持つ酸素の連鎖反応によって進行します。潤滑油の基油は炭化水素の混合物なので酸化反応による変質は、基油の性能維持のために加味された添加剤が本来の機能を失い、そのため基油と化合した不溶性の高分子化した酸化生成物を潤滑油中に生成してしまいます。 生成した酸化物が潤滑油中に蓄積(スラッジ)し、量が増えてくれば粘度や全酸価、不溶解分増加など鉱物油の性状を変化させます。やっかいなことに、この酸化物は粘着性が強いのでバルブの固着や熱伝導率の低下などの様々な問題を引き起こす要因になります。
フリーラジカル
参考
潤滑油の粘度はISO粘度分類(40℃における潤滑油類の粘度で20段階で分類)とSAE(Society of Automotive Engineers, USA:米国自動車技術者協会)粘度分類の規格が用いられています。
外的要因による劣化
潤滑油の劣化は外的要因によっても引き起こされます。潤滑油交換作業時の人的要因を含めて水分、塵埃、摩耗粉などの混入が外的要因の一つです。 水分が混入すれば潤滑油が乳化し、摺動部や配管系統の錆や摺動部の摩擦低下となり故障の原因となります。塵埃や摩耗粉(金属類)は硬い物質なので、摺動面の摩耗を引き起こすことで機械の劣化を加速させます。
全塩基価(base number)
潤滑油が継続使用可能か、あるいは交換時期なのかを判断する目安の一つとして全塩基価の残量を把握する方法があります。
全塩基価とは,「試料1g中に含まれる塩基性成分を中和するのに要する酸と当量のKOH(水酸化カリウム)のmg数」のこと意味します。石油製品では「試料のpHが非水塩基性緩衝液のpHより大きいとき,そのpHまで中和するのに要する酸と当量の水酸化カリウムmg数」を強塩基価といいます。同様の評価方法で酸価 (acid number)がありますが、これは「試料1 g中に含まれる酸性成分を中和するのに要する水酸化カリウムのミリグラム (mg) 数」です。
基準数値が1%より大きい場合、潤滑油分析結果による多くの要因に基づいてオイルを交換する必要があります。全塩基価はエンジンの状態、使用環境、または清浄化されるオイルの状態等によって変化する可能性があります。従って上記の酸化生成物の発生量は大きく影響すると言えるでしょう。
潤滑油分析結果
IOW遠心オイルセパレ-タ-の利点
IOW遠心オイルセパレ-タ-は世界のどの圧力駆動型遠心分離機よりも多くの汚染物質を除去できるため、オイルの清浄度を1%以下に長く保つことができます。とりわけ運転に伴い発生するすすやアスファルテンは酸化劣化の要因となり、これらをどれだけ除去できるかが潤滑油の性能維持に重要となります。したがって、酸化劣化の要因となる物質を効率的に除去できれば交換が必要になるまでの潤滑油の寿命を延ばすことができます。
発電所での導入例 潤滑油からのスラッジ回収
参照
JIS K2001-1993、JISK 2501:2003 、機械用語辞典、厚生労働省e-ヘルスネット、ウィキペディア(Wikipedia)、 日本のものづくり5.4潤滑油の劣化、日本郵便ー潤滑油の酸化、JAMMA3.粘度規格

潤滑油基礎知識ー5

潤滑油の劣化判断
温室効果ガス排出削減に貢献する一環として潤滑油の消費量削減があります。機械の血液とも言われる潤滑油をできるだけ良い品質で長く使用することは重要です。
基油(ベースオイル)に添加剤(化学薬品)をブレンドして製造された潤滑油は時間の経過により外部からのコンタミ(水分・塵埃・金属微粒子等の異物混入)、潤滑油自体の化学的変化(様々な要因あり)、内燃機関潤滑に使用されていれば燃焼により消耗し、やがて劣化ー本来の機能を発揮できなくなっていきます。
稼働中の機械で使用されているオイルー潤滑油がきれいかどうかーまだ使用できるかどうか?は目視判断や手触りだけでは困難です。例えばー透明に見える新油でさえ保管状態によっては既に汚染微粒子コンタミがあるからです。定期的に使用油をサンプリングし国際規格に基づいて数値化し管理される必要があります。
ISO清浄度コード
ISO清浄度コードは、オイルがまだ使用目的に合っているかどうかを示し、また、オイルの品質を向上させることでエンジンの寿命をどのように延ばすことができるかを予測することもできます。ISO清浄度コードは潤滑油内の汚染レベルを示し、粒子数などのデータが含まれます。潤滑油で問題になる可能性の高い微粒子範囲ー4μm(c)以上、6μm(c)以上、14μm(c)以上の3種類に焦点をあててオイル清浄度の判断の指標とします。
国際規格であるISO等級はInternational Organization for Standardization 4406と呼ばれています。現在の世界標準で、JIS(JISB9933:油圧―作動油―固体微粒子に関する汚染度のコード表示)も準拠しています。
それぞれの分布をそのままコードとして表します。
ISOコード
詳細は「天然ガスの圧縮現場」からの実績レポ-トをご覧下さい。
4μm(c)以上、6μm(c)以上、14μm(c)以上の3種類の粒径範囲に関し、サンプル油1mL当たりの粒子の数を<1、1~28、>28の30レンジに分類して清浄度を表現します。レンジ番号が少ない程、清浄なサンプル油になります。 清浄度の表し方は、{4μm(c)以上のレンジ数}/{6μm(c)以上のレンジ数}/{14μm(c)以上のレンジ数}のように、各粒径範囲のレンジ番号をスラッシュ(/)で分けて表します。例えば、18/16/14のように表します。
トラブルになり得る粒子径 (4μ・6μ・14μ)に着目して策定されました。
対象となる使用油の1ml 当たりの粒子数を自動粒子計数器を用いてカウントすることにより、流体中の汚染物質分布状況を表す汚染度コードの国際規格です。数字を扱いやすくするため、試料中の粒子数を ≧4、≧6、≧14μm という各粒径範囲に区分し、1mL中の粒子数から割り当てられるスケール番号(0〜28)を斜線(/)によって区切り、3レンジで表示します。
では実際に実績レポ-トにある油圧作動油浄化再生設備の分析結果から検証してみましょう。以下が粒度分布グラフになります。
サンプル採取量:24ml, 試験参照:VALLEN4000LTS
ISOコード24/22/1724/20/1523/19/1519/16/11
試験日時2021/5/12,
09:30:14
2021/5/13,
08:59:24
2021/5/14,
08:59:45
2021/5/15,
12:9:54
試験番号142143145153
NAS等級12118
粒子径μm/100ml平均値/100ml平均値/100ml平均値/100ml平均値
41498254698114896583921490542
6259291193586641111157858
1411015231948171081622
211116529792049117
254203110579629
3823514140
500000
700000
最初の左端結果である2021/5/12の値を見てみるとISOコードは24/22/17となっています。この2桁の数値の羅列を見ても、何を意味するのでしょうか?
4μmの粒子数計測数値は14,982,546です。これは100ml中での平均値なので1ml中の数値に換算すると14,982,546÷100=149,825/mlとなります。ISOコード表からこの数値のスケール番号は80000~160000に相当する24となります。
同じ要領で6μmは2,592,911÷100=25,929 スケール番号は20,000~40,000の範囲で22,14μm以上は110,152÷100=1,101 スケール番号は640~1,300の範囲で17です。従ってISOコードは24/22/17となります。
IOW遠心オイルセパレ-タ-設置後2021/5/1にコンタミが19/16/11まで低下したことから確かに汚染粒子削減効果があることがわかります。
ISOコード表
>
微粒子の個数濃度(個/ml)スケール番号
下限値上限値
2,500,000 >28
1,300,000 2,500,000 28
640,0001,300,000 27
320,000640,00026
160,000320,00025
80,000160,00024
40,00080,00023
20,00040,00022
10,00020,00021
5,00010,00020
2,500 5,000 19
1,300 2,500 18
640 1,300 17
320 640 16
160 320 15
80 160 14
40 80 13
20 40 12
10 20 11
5 10 10
2.5 5 9
1.3 2.5 8
0.64 1.3 7
0.32 0.64 6
0.16 0.32 5
0.08 0.16 4
0.04 0.08 3
0.02 0.08 2
0.01 0.02 1
0.00 0.01 <1
参照:JISB9933,ISO4406

展示会案内
2024展示会上期出展情報

SEA JAPAN 2024  

SEA JAPAN 2024バナ-
                       
会 期2024年4月10日(水)~ 12日(金)10:00-17:00
併催展Offshore & Port Tech 2024 in Sea Japan
主 催インフォーマ マーケッツ ジャパン(株)
特別協力日本財団
テ ー マSea Japanは、東京で開催される日本最大の国際海事展です。
会 場東京ビッグサイト東3ホール 3C-01
入 場-発表待ち
出 展IOW遠心オイルセパレーター
内 容新たな燃料開発、カーボンニュ-トラル、DX、人材育成、そして再生可能エネルギー開発プロジェクト。1994年の日本初開催以来、時代の流れと業界ニーズにあった様々なテーマのもとに開催してきたSea Japan。15回目を迎える今回は、クリーンエネルギーにスポットライトをあてながら業界の新たな航路を探ります。

2023展示会下期出展情報

高精度・難加工技術展 2023  

高精度・難加工技術展 2023ロゴ
               
会 期2023年11月22日~12月8日 ※8日のみ17:00まで
主 催日刊工業新聞社ロゴ
テ ー マ多様化するモノづくりの課題・ニーズに対し、最適なソリューションを提供する“技術の専門展
会 場オンライン出展
入 場入場料無料(登録制)
出 展IOW遠心オイルセパレーター
MAGNOM(マグナム)マグネットフィルター
内 容自動車、航空・宇宙、電機・電子、医療機器、食品加工など、製造技術が求められる分野は多様化しています。こうした背景の中でも普遍的に求められるのは、他にはない高付加価値や高機能といったオンリーワンの“技術”です。『高精度・難加工技術展』は極限の追求をテーマに、より高度な製造技術を紹介するとともに、今後のモノづくりを支える革新分野の一つである3Dプリンター関連技術を発信する[3D造形技術/AMゾーン]と、多品種少量生産や短納期を可能にし、製品開発において重要な役割をもつ試作に特化した[試作市場(試作加工受託ゾーン)]を設置します。
弊社はIOW遠心オイルセパレーターをオンライン出展致しました。多数のアクセスどうもありがとうございました。
高精度・難加工技術展2023バナ-
高精度・難加工技術展2023オンライン展示会